飢える3コメント

1 ゆに id:O8I.sv1/

2011-09-17(土) 18:51:28 [削除依頼]


階段の上、月明かりが背中を向けた君を照らしてる。

「くだらない。嘘だよ」

冷たくて、弱い声。


ああ、きみは。
どれほど、誰かの言葉に期待して、
どれほど、愛を欲して、
どれほど、裏切りに絶望させられて、
どれほど、泣いたのだろう。

「ホントだよ。愛してる」

がつんと衝撃を感じて僕はよろける。
こちらに振り向いた君の顔は笑顔だった。

薄れる意識の中視界に写ったのは大鎌を持つ少女。あれは君?
そしてやがて視界がせばまっていった。


………………ぷつん。
  • 2 ゆにばーさりー@ゆに id:O8I.sv1/

    2011-09-17(土) 19:12:50 [削除依頼]
    ..................


    "藍ちとせには近づくな"

    入学式から間もない五月初旬。
    まだ校庭にある古い桜の木が葉桜になって間もない頃早々にそんな噂が一年の間で流れた。

    またたく間に広まったその噂。
    曰く、近づくと殺される。
    曰く、手を握られたら、呪われる。

    段々と曰く付きになり、大きくなった噂は暴走して、やがて藍ちとせを孤立させるまでに至った。
    くだらないといい相手にしなかった奴等までもが彼女から離れていく。

    話しかけると困った顔をされる。

    それは彼女にとって苦痛だったのだろう……たぶん。
    つまり僕は彼女のヒーローになったわけだ。
  • 3 ゆに id:plORYeQ/

    2011-09-20(火) 22:56:12 [削除依頼]
    多分な訳は単に藍が変わってるせい。
    黒髪ロングに真っ白な肌。大人っぽい瞳は睫がふさふさしてる。
    それを細いフレームのダッサイ眼鏡と無駄に長い前髪が隠している。

    いわゆる不思議ちゃんで、
    喋るのもとろい藍はきっとクラスから孤立してしまったんだ。

    ただ、まあ。
    前髪をサイドに流し、眼鏡を外したら、かなりの美人さんとーじょーっとなるわけで。
    下心が無いとは言えなかった僕はヒーローといわれるのにはふさわしく無いけど。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません