そんな君が、好きだった。 〜君のバスケットボール〜108コメント

1 朱里 id:vJht7pS0

2011-09-17(土) 12:36:45 [削除依頼]
 あんな君を見たのは、初めてだった。
 1人で、一生懸命ゴールに向かって。

 知ってる?そんな君は、世界一格好良いんだよ。

 私は、そんな君が、好きだった。
 
  • 89 朱里 id:rKaRa3P/

    2011-10-05(水) 19:29:31 [削除依頼]
     祥雲さん
     なぐもって読むんですか! 難問でした…
     これからも活躍しますよ、‘祥雲’。

     苗字は朝比奈でいいですか?
     朝比奈祥雲(あさひななぐも)、発動!(殴

     わけわかんなくて、すみません…

     美羽さん
     コメありがとうございます!
     バスケをやっている男子は、かっこいいですよね〜
     おもしろいだなんて、そんな!!
     でも嬉しいです〜(^▽^)*
     続き、頑張ります!
  • 90 美羽 id:84lRucb1

    2011-10-05(水) 19:39:48 [削除依頼]
    バスケやってる男子はやばい!!
    何やっててもかっこいいですよねッ
    朱里sanはバスケ部ですか?
  • 91 朱里 id:rKaRa3P/

    2011-10-05(水) 19:59:33 [削除依頼]
     >88 「嘘…」  部長はゴールを見て、呆然としている。自分の負けを、認められないようだ。  まさか、一年坊の疎外者に負けるなんて。  そう思っているのだろう。 「…っ出てって!!」  彼女の鋭い声が、体育館に響き渡る。    みんなが見ていた。  バレー部も。  男子バスケ部も。  不良も。  宮辺も。  そして、北野も。  北野、勝ったよ。  北野は笑顔で、親指を立てていた。   「ケリつけましたから、もういいです。退部します」  急にざわめいた。生意気だとは分かっている。でも…それだと腹の虫が収まらない。子供っぽいけど、それでも私にとってはプライドだ。 「では、失礼しますね」    できれば、ご機嫌ようとでも言いたい。  生意気だろうと何だろうと、これが私だ。  生意気上等!!    私は体育館を、背筋を伸ばして去った。 「愛輝!」  帰り、北野は門の所にいた。呑気に手なんか振っちゃって。 「一緒に帰るぞ」 「…はいはい……は!?」  一緒に!? 蛙ですって!? ゲゲゲゲゲゲゲゲ、グワッグワッグワ♪ じゃない、帰るですって!? 「い、嫌だよ!」 「何でだよ!」  北野は私の腕を引っ張った。だって、恥ずかしいじゃん! 「守るって決めたんだ、好きにさせろ!」  ものすごく照れていることと、必死なことは伝わってきて、私は抵抗なんかできなかった。 「分かったよ…」  呟くと、北野はものすごく優しく笑った。    そんな笑顔に対し鼓動が治まらず、顔が熱くなるのを感じた。  北野。  そんな真っ直ぐな君が、大好きだよ。
  • 92 朱里 id:.Cd20Ap/

    2011-10-07(金) 21:28:55 [削除依頼]
     美羽さん
     バスケ部です! 
     そしてバスケ男子が好きです!
     
  • 93 朱里 id:.Cd20Ap/

    2011-10-07(金) 21:48:01 [削除依頼]
     新章

    「何だって!?」
    「あれ? 聞こえなかった? じゃ、もう一回言…」
    「言うな! 言わないでくれ祥雲!」

     退部から早一ヶ月、寂しさと共に、暇を持て余していた。
     そんな時、祥雲が笑劇…衝撃の事実を口にした。

    「あたし、高崎新(たかざきあらた)君と付き合ってるの」
     高崎新とは、かの悪の三大将の左翼だ。

    「アリエナイアリエナイ…」
     のほほん系美人の祥雲と、悪魔の右腕…
    「とっても優しいのよ、新君」
     信じられん。お母ちゃんは認めません。

    「暇なら愛輝も、恋しなよ? 恋人って、いいよ〜」

    「…男なんざ、いらん」
     男より自由。男は敵。平凡な人生の妨げ。
     だれかにとって幸せだろうが、しかし! この男女と呼ばれる(小6で腕相撲大会?1)私が恋人を作ろうが、幸せになんかなれないのは目に見えて分かってるんだよ!

    「私の恋人は昼寝だ…」

     頭をよぎった北野の笑顔を、振り払うように頭を振った。
     
     
  • 94 美羽 id:n6ufNf4.

    2011-10-07(金) 23:15:52 [削除依頼]
    やっぱり!
    かっこいいですよねッ
    背が高いし、頭もいいしッ★
    ノーコメントでも構わないけど、
    好きな人とかいる?
    そろそろ美羽でいいよ☆
  • 95 朱里 id:vjULWrU/

    2011-10-08(土) 19:17:06 [削除依頼]
     じゃ、遠慮なく美羽で。

     好きな人…いるよ…

     はい、います。幼馴染の男子バスケ部です。
     彼の頭脳はそんなよくないけどね…

     美羽はどうなのさ? 好きな人いる?
  • 96 朱里 id:vjULWrU/

    2011-10-08(土) 19:28:27 [削除依頼]
     >93   「北野君は? 仲いいじゃん」 「フゴブーッ!!」  私は麦茶を噴きだした。祥雲は無邪気な笑顔のまま、きょとんとしている。 「あ、ありえないから!」 「宮辺君は? 仲いいじゃん」 「いや、ないから」  それに、部活でのこともあったし…恋人とか、もういいや。女は十三年前に捨てた。   そんな色恋沙汰に興味なしの私に、大きな災難(?)が降りかかってくるのだった。  ある日の朝、靴箱。靴を履き代えた。  当たり前だ。それなのに… 「上靴の中がモジョモジョするー…」  気持ち悪いな、何なんだ?  脱いで確かめようとすると、 「ん?」  一枚の紙切れ。こいつの仕業か。そこに書いてあったのは、 『好きです、付き合ってください   SK』  ?? どこに。  てかSKって誰だよ、イニシャルか、趣味か?  パレオは、エメラルド♪  私はアイドルは嫌いだ。
  • 97 朱里 id:ZGCgt.6.

    2011-10-15(土) 18:52:57 [削除依頼]
    「って何じゃこりゃ」
     びり。ぐしゃ。ぽい。INゴミ箱。

    「…またか…」

     あれから毎日毎日毎日毎日…しつこいなッッ! 上靴の中を見るのが、癖になってしまったほど。
     だれかも分からん。ヒントはSK。
     誰かに試されてるのか?

    「あ、由井藤? 何してんだ?」
    「みっ、宮辺!」

     やばい。こんなモノを見られるわけには、いかん。
     隠そうとした私の手から、軽く取り上げられたアレ。
     取り返そうとするけれど、生憎宮辺の頭にすら、手が届いていない。

    「ん〜? ……は?」
     
     見られた。

    「はあああああ??」
     あーあ。

    「…てな感じで、嫌がらせが続いてんだよ」
     
     こいつに相談して、果たしてよかったのか。

     答えはCMのあと!
  • 98 美羽 id:SwSg79k.

    2011-10-15(土) 21:00:18 [削除依頼]
    好きな人いるよ♪もち、バスケ部

    でも、小学校違ったし、今年初めて同クラで、

    意地悪で、変態なんだよね。で、バスケ部★

    下手なほうなんだけど、努力してるとことか

    好きなんだ
  • 99 朱里 id:zVR6Dmh.

    2011-11-06(日) 13:14:34 [削除依頼]
     美羽
     返事遅くなってゴメン(>人<)
     テスト期間でなかなか来れなくて。
     意地悪で変態か…
     私の好きな人もバスケ部で意地悪で変態ww
     
  • 100 美羽 id:7JT0p95.

    2011-11-06(日) 13:26:07 [削除依頼]
    同じだね☆
    そういえば、私小説書いてるんだ!
    Real Loveってやつ。
    一回見に来て*

    美羽
  • 101 朱里 id:zVR6Dmh.

    2011-11-06(日) 13:56:19 [削除依頼]
     >100  おっし!   今から行くぜ!  美羽ぅう!(殴
  • 102 祥雲 id:Vc2X5LF1

    2011-11-06(日) 14:10:38 [削除依頼]
    お久しぶりです><
    来てない間にめっちゃ話進んでました((
    やっぱバスケいいですね///
    朱里さんの文才が羨ましいです><

    SKくんは誰なのでしょう…?
    続きがとっても気になります><*
  • 103 朱里 id:PB9GNmB.

    2011-11-16(水) 18:19:42 [削除依頼]
     祥雲さん
     
     お久しぶりです!
     しばらく受験勉強で来れなくて、すみません!!
     今日中にSKの正体を明らかにします!
     

     
  • 104 朱里 id:PB9GNmB.

    2011-11-16(水) 18:44:40 [削除依頼]
     >97 「ふうううぅぅぅぅぅん……」  宮辺が私をジロッと見て、ため息をついた。って何だその反応は。 「あいつが、お前をねぇ…」 「んあ!? お前、正体分かったのか!?」  昔からこいつは、(野生だから)勘が良い。  そして宮辺は、優しげに笑い、言った。 「今日の放課後、靴箱で待ってる」  祥雲は今日、高崎新と帰ってしまった。意外や意外、高崎は祥雲に優しげな笑みを向けていた。    …行くしかないかぁ…  私はため息をついた。 「おっせー」  来て早々、ひどい言われようである。 「まったく…もうすぐだな…」  ?? 何が? 「来たぞ」  そこにいたのは…  ド派手な金髪。  だらしない服装。  ごっついピアス。  宮辺よりも高い身長。  堺和弘……!? 「宮辺、ま、さ、かぁぁ?」 「…そのまさかだよ」  堺は私の靴に何かを入れ、去ろうとしている。逃がすもんか! 「え、由井藤、待っ…」 「おい待てごらぁ!!」      どっちが不良か分からない、我ながらドスの聞いた声。宮辺は頭を抱えている。 「チビ…!?…ちッ」  宮辺も飛び出してくるのを見ると、やつは舌打ちをした。 「ていうか、チビじゃねえ!!」  由井藤愛輝、12歳。身長142cm。スリーサイズなし。 「あう…自分で言っといて、心が痛い…」 「一人漫才できる雰囲気か?」  宮辺が呆れ、呟く。堺は薄笑いをし、近づいてきた。 「ちょうどいい。チビ、告白の返事は?」  お前に告白なんかされた覚えはない!! まさにそう答えようとしたときだった。 「あっ…」  急に宮辺が抱きしめてきた。私は驚いて驚いて驚いて、固まってしまった。 「堺。これがこいつの答えだ」  えっ、何言っちゃってんの。堺はおもしろくなさそうに、玄関口に向かった。 「宮辺」 「ってことだから」  どういうことだよ!  この話からすると、宮辺が私のこと、好き? みたいじゃないか!   そんなわけない…と思いつつ、宮辺の大きい体に抱きしめられ、不覚にも鼓動が早まる私だった。  ねぇ、宮辺。  私のこと、好きなの?
  • 105 朱里 id:PB9GNmB.

    2011-11-16(水) 18:46:03 [削除依頼]
    >104で「おっせー」と言ったのは、宮辺です!  ややこしくてすみません(>人<)
  • 106 朱里 id:AR0VUmV.

    2011-11-21(月) 19:41:22 [削除依頼]
     次から中二編を書いていきたいです♪
  • 107 祥雲 id:Fp96wjw1

    2011-12-06(火) 13:53:37 [削除依頼]
    中2編楽しみにしています^^*
  • 108 *苺 く n* id:n4aey5a/

    2011-12-06(火) 14:02:01 [削除依頼]
    面白いです(*^^)v

    (●`ノv´*){*カ ゙ ン ハ ゙ ァ -*}
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません