過ち41コメント

1 もんも id:IXuLgNQ.

2011-09-16(金) 00:01:44 [削除依頼]
皆さんはじめまして 初投稿です
よろしくお願いします
多分すごく暗くなるんで苦手な人はお引き取り下さい
  • 22 甘夏(かな) id:4M3hpDN/

    2011-09-18(日) 11:16:19 [削除依頼]
    www
  • 23 沖田 id:0CoB9Z6/

    2011-09-18(日) 16:17:51 [削除依頼]
    おもしろいですね!!!
    次が楽しみです!!
  • 24 もんも id:DvTLv6w1

    2011-09-18(日) 21:13:57 [削除依頼]
    沖田さん
    ありがとうございます!
    更新頑張るので楽しみにしててください!
  • 25 もんも id:DvTLv6w1

    2011-09-18(日) 21:22:01 [削除依頼]
    実はもうストーリーは出来てますw
  • 26 甘夏(かな) id:4M3hpDN/

    2011-09-18(日) 22:43:28 [削除依頼]
    ww
  • 27 甘夏(かな) id:4M3hpDN/

    2011-09-18(日) 23:12:10 [削除依頼]
    かきこみまだかなー

    ごめん、おちるね!
  • 28 甘夏(かな) id:4M3hpDN/

    2011-09-18(日) 23:17:12 [削除依頼]
    もんもと話したい…
  • 29 もんも id:dYZKo2N.

    2011-09-19(月) 21:14:04 [削除依頼]
    目が覚めた
    疲れは取れてない
    日は完全に昇っていなかった
    自分には眩しすぎる位 日は暖かかった
    立ち上がる
    そして歩く
    歩く 歩く 歩く
    ただひたすら歩くことしか俺には出来なかった
  • 30 もんも id:dYZKo2N.

    2011-09-19(月) 21:48:43 [削除依頼]
    しばらく歩くとかろうじて原型をとどめているビルがあった
    中に入る気は一切起きなかった
    そう言えば生きている人に丸一日会っていない
    「生きている人に会いたい・・・」
    そう思ったその時
    「うわっ」
    「きゃっ」
    声が重なった
  • 31 もんも id:dYZKo2N.

    2011-09-19(月) 21:56:57 [削除依頼]
    俺の前には女が倒れていた
    髪の長い日本的で礼儀の正しそうな人だった
    するとすぐにその女は起き上がった
    「すいません!お怪我ありませんか?」
    「いや・・・えっと・・・あの・・・大丈夫・・・」
    どうも女と話すのは苦手だ
    「あの・・・ひとつ聞きたいんですけど、ここで何があったんですか?」
    「・・・・・俺も分からない。」
    そういって俺は黙り混んでしまった
  • 32 もんも id:dYZKo2N.

    2011-09-19(月) 22:04:37 [削除依頼]
    「・・・・・・・」
    沈黙が続く
    「あの」
    女は言った
    「ここで会ったのも何かの縁です。これから一緒に行きませんか?」
    「ああ・・・えっと・・・まあ・・・良いですよ・・・」
    答え方がぎこちない
    自分が情けなく思えた
  • 33 紅茶 id:1QqL./h0

    2011-09-19(月) 22:07:47 [削除依頼]
    ふと
    自分の手を見た


    …ない


    まさか、現実にもどるのか!?

    思った通りだ

    現実とは、こんなものだ。


    自分が想像したとおりになんて、百パーない


    現実はつめたい


    俺は今までの事を夢だと思うようにした。
  • 34 もんも id:dYZKo2N.

    2011-09-19(月) 22:09:47 [削除依頼]
    間違いかな?
  • 35 もんも id:IyILlRU1

    2011-09-20(火) 04:31:33 [削除依頼]
    俺たちはまた歩き出した
    なぜか胸がドキドキする
    俺は無口になってしまった
    「・・・・・・・・・・」
    沈黙は続く
    「・・・・・あんまりしゃべんないんですね。」
    「あぁ・・・うん」
    「あ、私まだ自己紹介してませんでしたね。私の名前は佐々木 柚子です。」
    俺の名前・・・か・・・
    俺は答えた
    「俺は鷹沼 光太郎」
    「鷹沼光太郎・・・じゃあ鷹沼さんって呼びますね。」
    「じゃあ俺は佐々木さんでいいのかな。」
    「あ、全然OKですよ。」
    「じゃあそう言うよ。」
    「・・・・・・・・・・」
    沈黙が戻った
  • 36 もんも id:IyILlRU1

    2011-09-20(火) 19:58:04 [削除依頼]
    ネタが尽きてきた
  • 37 もんも id:frQ54y8/

    2011-09-24(土) 19:16:02 [削除依頼]
    俺が今言った名前 鷹沼光太郎は偽名だ
    なぜ言ったかは自分でもわからない
    この女に何かを感じたからだろうか
    俺は考えた
    しかし 答えは出てこなかった
    「あの・・・。」
    佐々木は言った
    「ん なんだ?」
    「あの・・・あれ・・・。」
    佐々木の指した先には大きな火柱がたっている
    「あれは・・・火災旋風・・・。」
    俺は顔がひきつった
  • 38 もんも id:FNZ74yu/

    2011-10-03(月) 21:45:55 [削除依頼]
    更新遅れてすいません
    最近忙しくて・・・
  • 39 もんも id:FNZ74yu/

    2011-10-03(月) 21:59:53 [削除依頼]
    火災旋風とは大火災が起こったときにたまに起こる現象
    炎が竜巻になり色々なものを巻き込んでしまうと言う恐ろしい現象だ
    俺はとりあえず義務教育は終えているからそれぐらいは分かる
    空に向かって真っ赤な柱がたっている
    その柱は確実にこちらへ向かっている
    俺は叫んだ
    「おい!横に走るぞ!絶対にはぐれるな!」
    「は、はい!」
    俺たちは瓦礫をくぐり抜けながら走った
  • 40 もんも id:qzEogrv.

    2011-10-22(土) 23:33:46 [削除依頼]
    すいません
    僕はキャス卒します
    なので物語を最後までいまから書きます
    超急展開なのですがそこはご了承ください
  • 41 もんも id:qzEogrv.

    2011-10-22(土) 23:43:39 [削除依頼]
    しかし 俺たちは逃げ切れなかった
    体を燃え盛る炎が包む
    「熱い 熱い 熱い 熱い 熱い」
    それしか考えられなかった
    だんだん意識が遠のいて行く
    そして 真っ暗になった
    BAD END3
    火炎地獄


    少年「あぁ〜ゲームオーバーだ〜。このゲーム難しいな〜。でもゲームって素晴らしいなぁ。自分がいじめられている事なんて忘れられるよ。さぁて攻略本買いにいこ〜っと。」
    少年は家を出た
    ウォークマンを持って・・・
    するとそこにいじめっこがいた
    案の定いじめられた
    泣きながら逃げ 電車に乗った
    少年「アイツらひどいよ!なんであんなやつを神は作ったんだよ!」

    少年「こんな世界間違ってる!」
    すると 少年の先で金属の潰れる音がした
    そして 少年の目の前は真っ白になった・・・・・・・・・・
    END
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません