朝夕との恋愛生活*2コメント

1 憂紗 id:1IawHF..

2011-09-13(火) 20:21:33 [削除依頼]

朝に飛び立つ一羽の鳥と、
夜に飛び立つ一羽の鳥が、

一人の姫を愛し。


それぞれの道へと進んだ――――…
  • 2 憂紗 id:1IawHF..

    2011-09-13(火) 20:42:44 [削除依頼]

    ―――――…

    ――――――――――…


    『グスッ…離れたくないよぉ』


    その場に蹲って泣く、一人の少女。

    それは、幼い頃のあたしで、
    何かを――――…


    何かを失ったのを、

    覚えている。


    ―――――…

    ――――――――――…


    「…、た、珠紀 芽衣(タマキ メイ)ですっ!」


    ひ、ひぇぇえぇ〜〜!
    な、なな何だこの自己紹介はっ!

    たった一人の新しい担任を目にして、
    さすがにこれは無いよっ!


    自分でも引くから!!

    …、とでも思ってしまうような
    カチンコチンな自己紹介。


    今日から転入する恥ずかしさだからと言って、
    さすがにこれは無いだろう…と、

    自分でも呆れてしまう。


    「…、珠紀。そんなに恥ずかしがらんでもいいんだが、」

    「い、いえ!大丈夫です。落ち着きましたっ」


    ホントは全然落ち着いてないんだけどっ!


    まるで動揺を隠すかのように、冷や汗を流すあたし。

    珠紀 芽衣(タマキ メイ)。15歳。


    今日からここの高校に通う事になった、
    ごく普通の女子高生。

    …のつもり。(おい)


    「珠紀。俺が担任の新垣(ニイガキ)だ。よろしくな」

    「……」

    「…、た、珠紀?」

    「え、あ…はいっ?何か言いました?」

    「………、」


    緊張のあまり、意識が飛んで行ってしまっていたようだ。


    …いや。
    そこまで緊張する必要じゃないと思うんだけど。

    けどけど。


    …実はですね。


    「…あ、の」

    「ん?何だ?ここの事なら全部俺に任せ――――」

    「ここに“茅羽 朝日(チバ アサヒ)”って子。いますか!?」

    「…え、」


    驚いた表情をする先生。

    目を大きく見開いて、あたしをジーッと見てくる。


    そ、そんなにジーッと見なくても…、っ!


    あたしはスーッと深く息を吸って、
    もう一度、話始める。


    「…“茅羽 朝飛”って子。知ってますか?」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません