いじめ ‐あたしが許さないー50コメント

1   侑祐. id:nhe5Q3F0

2011-09-09(金) 19:48:32 [削除依頼]
「やめてよ!
 お願いだからやめて!」


皆に蹴られて泣き叫ぶ少女。
今にも力尽きてしまいそうな華奢な身体。
少女は動かない腕を懸命に動かし
あたしの足にしがみ付いた。

「お願いだから辞めて下さい…」

そう言って無数の涙を零した。
でもあたしは決して優しくない。

「嫌よ、
 あたしの大好きな莉依を走れなくさせたのは
 あんたなんだから。」

そうよ。
これは復讐なのよ。
莉依の為ならば…何にでもなってやる。

あたしが…許さない。
  • 31   侑祐. id:7j8HQQx.

    2011-09-17(土) 10:46:09 [削除依頼]
    age.
  • 32   侑祐. id:7j8HQQx.

    2011-09-17(土) 18:08:07 [削除依頼]
    #なーc様。

    応援ありがとですb
    頑張りまっするb
  • 33   侑祐. id:7j8HQQx.

    2011-09-17(土) 18:16:00 [削除依頼]
    #014


    バンッ……―!!!


    「何…これ?」


    佑香が息を乱しながら机を叩いて叫んだ。
    その声にビックリした皆は、
    佑香の方を目を点にして見ていた。

    皆……。
    これぐらいにビックリして情けないわね。
    ここはあたしがビシッと言ってやらないと。

    ガンッ……―。


    あたしは佑香の机を思い切り蹴った。
    そして軽く腕を組み佑香を、
    上から見下ろして言った。


    「あんたが悪いのよ?
     佑香が莉依を怪我させたりするから……。
     
     これは復讐なの、分かった?」


     
  • 34   侑祐. id:7j8HQQx.

    2011-09-17(土) 18:53:56 [削除依頼]
    #015


    「そ…それは!
     しょうがなかったのよ!
     曲がり角で急に莉依ちゃんが出てくるから!」


    パシンッ…!


    あたしはカッとなって佑香を殴った。
    鈍い音が人の騒ぐ教室に響く。
    そして佑香は反動でロッカーまで飛んでいった。

    「莉依が悪いって?
     んな訳ないでしょ!
     莉依は悪くないのよ!全てあんたが悪いの!

     許してほしいっていうなら…、
     今すぐあたしに
     "ごめんなさい"って言いながら土下座しな!」


    あたしはそう、吐き捨てるように言った。
    本当は佑香を許す気なんてない。
    ただ佑香が無様な姿で土下座する姿を見たかっただけ。

    すると佑香が急にこちらへ小走りで来て、
    サッと膝を床につけると

    「ごめんなさい」


    と、
    頭を深々と下げて土下座した。
  • 35   侑祐. id:7j8HQQx.

    2011-09-17(土) 18:59:55 [削除依頼]
    #016


    「アッハッハッハ!
     楽しいわね、あんたが土下座するなんて!」


    あたしは佑香の床に付けた頭を、
    あたしの白くて細い足で踏んづけた。
    佑香の顔にはもう悲しみの表情しかなかった。

    そしてあたしは頭を踏むあたしの足の力を、
    どんどん強くしていった。
    そして終いに佑香の頭を蹴った。
    佑香は痛そうに頭を押さえている。


    あたしはこう言った。

    「皆も…あたしの言うことを聞かなければ、
     こういう事になるのよ……?

     ここにいる全員……我に跪きなさい!」


    あたしの瞳にはもう純白の光を映していない。
    徐々に漆黒の闇の色に染まっていった。
  • 36   侑祐. id:7j8HQQx.

    2011-09-17(土) 19:00:25 [削除依頼]
    をち。
  • 37 さやりん id:4i72rl5.

    2011-09-17(土) 20:34:22 [削除依頼]
    ぅぁぁぁぁぁぁ
    怖ー
  • 38 侑祐. id:iW88tat0

    2011-09-18(日) 13:06:04 [削除依頼]
    #さやりん様


    米ありがとです@
  • 39 侑祐. id:iW88tat0

    2011-09-18(日) 14:11:20 [削除依頼]
    #017


    「皆は絶対あたしを尊敬しろ。
     そして絶対様付けしろよ、

     じゃないと…」


    あたしはそこまで言うと教室で一番前の
    机の上にある花瓶にさしてある花を指差して笑った。
    それを見た皆は怯えた表情をした。

    それもそうだろう。
    ほんの3ヶ月前までそこの席に座っていた人…、
    あたしが苛めてそれを苦にして自.殺した少女、
    花園由愛の様になりたくないでしょうから。


    由愛は、莉依を間違えて転ばせて、
    それであたしが怒って虐めを始めた。
    散々苛めて…そしてその1ヵ月後自.殺した。
    自.殺した何日か後に由愛の両親が、
    『虐めがあったんじゃないのか』と
    学校に講義してきたから、
    あたしの両親の権力を使って町から追い出した。


    あたしに怖い物なんてない。
    あたし以外の屑のような物は黙って朽ちていけ。
  • 40 侑祐. id:iW88tat0

    2011-09-18(日) 14:25:36 [削除依頼]
    #018


    あたしはギロッと教室から離れたところにいた
    佑香を睨んだ。
    佑香は相変わらず怯えたような顔をしている。
    そして佑香の元へ、
    近くにあった墨汁を手にして駆け寄った。

    バシャンッ……!!

    あたしは佑香にニコッと微笑むと、
    躊躇なく墨汁の蓋を開け、真っ黒な墨汁を佑香に掛けた。

    佑香の身体は漆黒の色の墨汁で染まっていた。
    その墨汁の中に佑香の瞳から透明な液体が落ちた。
    その姿は本当に無様だった。
    今日、朝少し見てきたカラスがゴミ袋を漁っているかのよう。

    あたしは軽くため息をついた。
    そして少し息を吸った。

    「さあ、あんた達も佑香に墨汁を掛けなさい」


    その一言で教室にいた皆は動いた。
    全員が墨汁を手に取り、顔に冷や汗を掛けながら
    次々と佑香に墨汁を掛けていった。
  • 41  羽海. id:67E70Ec/

    2011-09-18(日) 14:35:32 [削除依頼]



    やべえ!!w
    めちゃめちゃ面白いです!(^^)!
    こわいですね…(ワラ

    更新楽しみにしてます(*“d)
    頑張ってく-さい(★)←
  • 42   侑祐. id:PnNg4HF1

    2011-09-19(月) 10:06:56 [削除依頼]
    #羽海.様


    米ありがとです(ω)!
    そんなに褒めてもらえて…//
    ありがとで-すう()。
  • 43 まな id:19gsoGv/

    2011-09-19(月) 11:20:21 [削除依頼]
    ヤバい…
    おもしろすぎ!!!
    今日また更新できたら…
    おっお願いします!!!!!
  • 44 榛名 id:UlGT8Zv.

    2011-09-19(月) 11:24:30 [削除依頼]

    途中から読みましたが……
    このいじめ系、面白いです!
  • 45   侑祐. id:aAp/bDW.

    2011-09-20(火) 17:35:14 [削除依頼]
    #まな様


    おほめの言葉ありがとうございます@
    いつでもみにきてください((
  • 46   侑祐. id:aAp/bDW.

    2011-09-20(火) 17:38:13 [削除依頼]
    #榛名様


    面白いと思えてもらえて光栄ですb
    また米kづ浅井(
  • 47   侑祐. id:aAp/bDW.

    2011-09-20(火) 17:40:21 [削除依頼]
    うぱ@


    ていせ―い
    .


    また米くださいb


    でっすp
  • 48   侑祐. id:aAp/bDW.

    2011-09-20(火) 18:04:25 [削除依頼]
    #019


    カタンッ……、


    あたしは自分の席に座って、
    みじめな佑香に墨汁をかける皆の姿を頬杖をつきながら見ていた.
    すると少しだけ違和感を感じたので少し首を横にした。


    「あら…?」


    1人の少女が苛めに参加していない。
    つまり、ただ一人だけ佑香に墨汁をかけていない。

    なにあの子。
    あたしが言ったことを忘れたのかしら?

    あたしは席を立ちあがり、少女のもとへ、
    軽い足音を立てながら歩いた。


    「未玲…」


    「はいッ!?」


    少女…いや、未玲は急いでこちらを振り向いた。
    外から窓を通った風があたしの茶髪の髪を揺らす。
    あたしはギッと未玲を睨んだ。
    すると未玲は怯えて1歩後退りした。

    「未玲。あんた、佑香に墨汁かけないの……?」


    「えッ…いッいや…」


    「もういいわ。
     あんたも苛めてあげようか?」


    あたしがニヤッと笑うと


    「すいませんすいません!!」


    と叫んで、
    急いで墨汁を手に取り派手に佑香にかけた。
    佑香はますます汚くなった。
    ついでに廊下まで汚くなる。
    佑香に廊下の掃除もしてもらいましょ。

    ふふ……いい気味。
  • 49   侑祐. id:q8ZLJFv/

    2011-09-21(水) 19:01:18 [削除依頼]
    age.
  • 50   侑祐. id:ZKrqQeD1

    2011-09-25(日) 10:32:03 [削除依頼]
    更新しよかな@
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません