全寮制で出会った3人116コメント

1 mayu id:XZInqH50

2011-09-03(土) 12:23:52 [削除依頼]
久しぶりです!!!
駄作ですが読んでください☆

コメとヵアドバイス
大歓迎です^^
  • 97 榛名 id:cD/gqrW/

    2011-09-15(木) 18:50:35 [削除依頼]
    守ってもらうなんて……

    もっとやばくなりませんように!!!
  • 98 青空模様 id:/nqbJty0

    2011-09-15(木) 20:02:55 [削除依頼]
    智樹…祐太様…事の重大さ分かっていますか!?(笑)
    ま、麻友ちゃんヤバくないか!?
    続きが気になります〜!
  • 99 mayu id:blEjU9V0

    2011-09-17(土) 00:11:15 [削除依頼]
    >>97 榛名 ですね〜 佐野萌愛、やばいです…w
  • 100 mayu id:blEjU9V0

    2011-09-17(土) 00:12:11 [削除依頼]
    >>98 青空模様 男子にはわかんないのかも!? 女子のゴタゴタなんてw 麻友もさすがにやばいと思ってると思う笑
  • 101 mayu id:blEjU9V0

    2011-09-17(土) 00:17:57 [削除依頼]
    「あ、ありがとう。
     また何かあったら言うから」
    「そうじゃなきゃ!! 
     オレらは仲良し3人組なんだから」
    「そ、そうだよね。
     ホントありがとう。
     じゃあ私は行くね」

    そう言って私は屋上から
    逃げ出すように走り去った。

    屋上へ続く階段を
    駆け下りている途中
    南先生に会った。

    「何してるの?
     屋上は立ち入り禁止よ」
    「すいません」
    「今日は見逃すけど
     これからは絶対だめよ」
    「わかりました」
    「あなたほどの優等生が…
     先生、とっても残念だわ」

    その言葉を聞いて
    私の頭のダムが決壊した。
  • 102 mayu id:blEjU9V0

    2011-09-17(土) 00:25:05 [削除依頼]
    「先生は何を見ているの?
     優等生だからとか
     不真面目だからとか
     そういうの先生の方が
     残念な奴だと心から思う。
     それに学校では
     心優しそうで親切そうな
     仮面をかぶってて
     ひとたび仮面をはずせば
     悪魔があらわれる。
     そんな奴だって山ほどいる。
     先生は新入生の挨拶、
     聞いてなかったの?
     『ちゃんと本質を
     この学校で見極めて
     生活して行きたい。 』
     そう智樹は言った。
     先生だって本質を見極めたら?
     私は失礼します」

    先生は唖然といった顔をしていた。

    私はまた階段を駆け下りた。
  • 103 美羽☆ティンク(元美夢) id:INo5sAi.

    2011-09-17(土) 11:21:32 [削除依頼]
    >54  呼び捨てでいいよ 頑張ってね
  • 104 mayu id:XMKN6cT.

    2011-09-18(日) 22:28:54 [削除依頼]
    >>103 美羽 ぢゃぁお言葉に甘えて美羽って呼びます☆ がんばりますッッ!!!!!
  • 105 mayu id:XMKN6cT.

    2011-09-18(日) 22:35:15 [削除依頼]
    あーあ
    キレちゃった。
    私っていつもキレるとああなるんだよね。
    また成績下がっちゃう。
    成績下がると内申が……
    ま、いっか。

    私は寮へ向かっていた。
    トボトボと下を向いて歩いた。

    夕陽が沈みかけていた。
    あぁ。
    キレイだな。
    私もあんな風に輝けるかな……。

    いや、いい。
    私は輝かなくていいい。
    私は夜空の星の1つでいいんだ。
    それでいい。
    目立つな騒ぐな外れるな。


    寮が見えてきた。
    やっと自分の時間が取れる。

    全部忘れたい。
    今日の事、なかったことにしたい。
  • 106 mayu id:XMKN6cT.

    2011-09-18(日) 22:41:40 [削除依頼]
    あれ?
    カギが……ないっ!!!
    ヤバい、なくした。
    いつなくしたんだろ……
    あ!!!!!!!!!!
    祐太様に抱っこされた時
    あの時にポケットから落ちたんだ。
    だから……階段か。
    もう校舎はしまったかな。
    とりあえず合鍵を借りよう。

    合鍵は寮長……愛美先輩が持ってるはず。

    愛美先輩どこだろー

    あ、食堂のおばちゃんだ。

    「おばちゃん、愛美先輩どこですか?」
    「愛美ちゃんはいないよ」
    「みんな!?なんでですか?」
    「実家に帰るとかなんか言ってたような……」
    「そうですか。わかりました」


    合鍵、ないよ。
    こんな日に限っていないなんて
    私ってどんなに運が悪いの……
  • 107 mayu id:Q1yRNEw1

    2011-09-19(月) 10:56:11 [削除依頼]
    >>106 訂正です ×「みんな!?なんでですか?」 ○「本当に!?なんでですか?」 すいません↓↓
  • 108 mayu id:0wp0.QW1

    2011-09-21(水) 16:47:02 [削除依頼]
    こんな時、どうするべき?
    なんにも思いつかないよ。
    私、自分の部屋に入れないし
    だからと言って仲良くできる
    友達だっていない。
    友達といえば……
    智樹と祐太様?
    でも2人とも男子。
    男子の部屋に泊まり込むなんて
    私には到底無理。
    佐野萌愛とかなら
    簡単にやりそう。
    まぁ佐野萌愛の事は
    どうでもよくて……

    ホントどうしよう。

    途方に暮れた私は
    とりあえず寮の外にでた。

    しょうがない
    智樹に頼んでみよう。
  • 109 mayu id:0wp0.QW1

    2011-09-21(水) 16:52:54 [削除依頼]
    男子寮は妙に静まり返っていた。
    普通、男子ってもっとワイワイ
    やってるものじゃないのかな…
    まだ7時30分なのに。
    なんでだろ。
    智樹の部屋ってどこだろ?

    壁に寮の見取り図がかかっていて
    見取り図の中に
    一人一人の名前が書いてあった。

    智樹は305号室……か。
    ここからそう遠くはない。

    私は早足で智樹の部屋へ向かった。

    廊下を歩いていた時だった。


    「萌愛ねぇ今日、ここに泊まるぅ。
     だ・か・ら優しくしてよねぇ。」

    ある一室から
    佐野萌愛の声が聞こえてきた。
  • 110 mayu id:0wp0.QW1

    2011-09-21(水) 16:56:45 [削除依頼]
    佐野萌愛……なんでこんなところに!?
    って私もおんなじか。

    私はそこから
    逃げるように足早に
    智樹の部屋へ向かった。


    コンコン

    「はい」
    「……智樹」

    私は消え入りそうな声で
    智樹の名前を呼んだ。

    ドアはすぐに開いた。
  • 111 mayu id:0wp0.QW1

    2011-09-21(水) 17:03:41 [削除依頼]
    「麻友!?
     やっと来てくれた」
    「今日は、遊びに来たんじゃないんだけどね」
    「え?じゃあ何?」
    「カギを……なくしました」
    「カギを!?
     まぁ入って」
    「ありがと」

    私は智樹の部屋に入った。
    そこにはほかの男子たちもいた。

    「麻友ちゃん、どうしたの?」

    そこには祐太様もいた。

    「コイツ、智樹と祐太のダチ?
     なんかパッとしねぇ奴だな」
    「俊、麻友に失礼だろ!!」
    「ごめんごめん。んで名前は?」
    「神坂麻友です」
    「俺、加藤俊。よろしくな」

    ペコっと私は頭を下げた。

    「んで今日は麻友が泊まるんだって」
    「ここに!?
     麻友ちゃん、どうして?」
    「カギをなくしたんだって」
    「麻友ちゃん、やばくない?」
    「やばいけど……
     大丈夫だと思います」
    「なら俺は帰るわ」
    「じゃあな、俊」
    「ばいび〜」

    加藤俊は智樹の部屋を去って行った。
  • 112 mayu id:Ci0lwIO0

    2011-09-23(金) 21:34:35 [削除依頼]
    「なら俺も智樹の部屋に泊まろうかな?」
    「祐太がそんな事言うなんて
     すんごく珍しいな」
    「そうか?たまにはいいだろ?」

    話は勝手に進んでいた。

    「オレは床で寝るよ」
    「もちろん俺も」
    「布団とかあったっけ〜?」

    智樹はクローゼットの中を覗き込んでいた。

    「俺の部屋にはあるよ」
    「なんであんだよ!!」
    「俺の部屋はなんでもあるから」
    「そうだったな」

    祐太様と智樹はなんだか修学旅行生みたいにはしゃいでいる。

    「なら運ぶの手伝って」
    「おっけ〜」

    智樹と祐太様は部屋を出て行った。
  • 113 mayu id:Ci0lwIO0

    2011-09-23(金) 21:42:13 [削除依頼]
    智樹の部屋に1人取り残された私。
    なんか孤独。
    私はぐるりと部屋を見回した。
    ベット、机、タンス、本棚……
    なんの変哲もない
    いわゆる男子の部屋って感じ。
    少しイメージと違ったのは
    すべての物がきっちりと並んでいた事。
    本は高さが揃えられいて
    机の上には必要最低限の物しかない。
    私の机の上よりきれいかも。
    そう思わずにはいられなかった。

    智樹の机の上に伏せられた写真たてがあった。
    私は後ろめたさもあったが
    その写真たてに手を伸ばした。
  • 114 mayu id:Ci0lwIO0

    2011-09-23(金) 21:50:05 [削除依頼]
    「たっだいま〜」

    智樹の元気な声が部屋に響き渡った。

    私は驚き手を引っ込めた。

    「お、おかえり」

    手を後ろに組み明らかに不自然だった。

    「どうかしたの、麻友ちゃん」
    「な、なんでもないよ」
    「そっか。
     あ!麻友ちゃんはベットで寝てね」
    「私がベットで!?
     そこは公平にじゃんけんしましょ」
    「オレは布団がいい」
    「でも……」
    「俺も智樹に賛同」
    「でも……」
    「今日はベットで寝てね」
  • 115 美羽☆ティンク(元美夢) id:8OXL/vn/

    2011-09-24(土) 18:03:07 [削除依頼]
    お、すごい進んでる
     佑太かっこいい
  • 116 mayu id:XAz.clk/

    2011-09-29(木) 17:59:44 [削除依頼]
    「じゃあおやすみ〜」

    智樹がそういって電気を消した。

    今日はさっさと寝よう。
    結局、私がベットで寝るはめに。
    絶対に不公平だよ……。
    清峯の王子様2人に気を使わせるなんて
    私も偉くなったもんだねぇ。

    早く明日になぁれ。


    今日は心の底からそう思った。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません