となりの席と体操服14コメント

1 砂糸 id:s0zj5Lr0

2011-09-03(土) 12:01:06 [削除依頼]


どんどん欲張りになってしまう。
  • 2 砂糸 id:s0zj5Lr0

    2011-09-03(土) 12:05:48 [削除依頼]
    こんにちは
    ほとんどの方が初めましてですね
    コメはいつでも歓迎です。
    宣伝はいいですが、見に来て!やもしよかったら……みたいに言うのはやめてください。
    恋愛です よろしくお願いします
  • 3 砂糸 id:s0zj5Lr0

    2011-09-03(土) 12:11:15 [削除依頼]
    はじめは見るだけでよかった。声が聞けたら幸せだった。
    目なんかあったら泣いちゃいそうなくらいで。

    でも、どうしてだろう、あたし。

    今は彼が他の子をみるだけで嫌で、話せないと不満で。

    中学生最後の年。
    痛いくらいに彼を好きになってしまった。
  • 4 砂糸 id:s0zj5Lr0

    2011-09-03(土) 12:49:50 [削除依頼]


    「雪綺って過去問といてるー?」

    そんな質問が飛び交う中学三年の夏。
    そんななかあたし、安藤雪綺(あんどうゆき)は上の空。

    「ちょっと雪綺ぃ?」

    だってあたしの目は彼の背中を追うのに精一杯で、耳は彼の声以外はシャットダウン。
  • 5 砂糸 id:s0zj5Lr0

    2011-09-03(土) 13:22:08 [削除依頼]

    「もうっ、雪綺!!」

    あたしは肩に衝撃を感じてはっとした。
    五感はやっと外の世界に働き始める。

    「琶琉……?」

    声の主に目を向けると佐藤琶琉(さとうはる)が不満そうにたっていた。
  • 6 砂糸 id:s0zj5Lr0

    2011-09-03(土) 15:36:03 [削除依頼]
    人物紹介'"

    .安藤 雪綺 
    十一月十二日生まれの十四歳。B型蠍座。
    基本的にマイペースで顔は中の上。彼、に恋をしている。
    多少冷めているところもあり、成績は常に三位以内。

    .佐藤琶琉
    一月二十一日生まれの十四歳。O型水瓶座。
    しっかりものだがどこか抜けてる。顔は上の下。肌が黒いのが玉に傷。
    成績は十五位以内。雪綺の親友であり理解者。
  • 7 砂糸 id:s0zj5Lr0

    2011-09-03(土) 19:45:26 [削除依頼]

    「琶琉……? じゃあないっ。全然話きいてないじゃん」

    琶琉が顔をぷくっと膨らませた。
    二重の瞳がひそめられて……ああ、勿体無い。可愛い顔が台無しだって。

    「ごめん。ちょっと考え事してた」

    あたしは無表情でつぶやく。
    全然謝罪に見えないだろうな。一重瞼のせいで寧ろ怒ってるみたいに見えるかも。

    「ふーん? 新学期初日からですかぁ。どうせまた彼奴のこと……」

    あたしは賺さず琶琉の口を押さえた。

    「ちょっと、はるぅぅううぅ!!?」
  • 8 夢羽@恋愛しょーせつ読み漁りッ id:7t/P1uA.

    2011-09-03(土) 19:53:01 [削除依頼]
    そういうきもち、ちょーわかるっ! ていう小説ですよね。 >3の文章が切なすぎて、惚れましたっ! これからも頑張ってくださいねノ
  • 9 砂糸 id:hXFiyQ.1

    2011-09-04(日) 00:15:19 [削除依頼]
    夢羽さん

    共感していただけましたかっ!!
    もろにあたしの感情です 笑
    がんばりますっ
  • 10 砂糸 id:hXFiyQ.1

    2011-09-04(日) 12:02:43 [削除依頼]

    「なっ、なにゅすりゅ……なにするのっ!!」

    おもわず詰まった。思わずかんだ。
    クラス中がどっと笑いに包まれる。
    仲のいいあたしたち三Aだからこそなのかもしれないけど、ああ、逆に注目されてしまった。

    「……っく。あは、あはははっ。雪綺、馬.鹿」

    琶琉……怒るよ?、とあたしは琶琉を睨む。
    やっと視線からあたしが解放されたところで琶琉は口を開いた。

    「あーはいはい。分かった、分かったって。でも気にしすぎ。あんた前原くんのことになると途端に神経質何だから」
  • 11 砂糸 id:hXFiyQ.1

    2011-09-04(日) 14:25:01 [削除依頼]

    「ちょっと、名前出さないでよ!! こっち向いちゃう」

    彼こと前原李玖のほうをおそるおそる見る。
    ……よかった。気づいてないみたい。
    相変わらず優しい顔で笑ってる。あたしには絶対にできないくらい優しい笑顔が眩しかった。
    そんなあたしをみて琶琉は勝ち誇ったように笑う。

    「大丈夫だっていったでしょ。だから気にしすぎー!!」
    「……」

    何も言えなかった。
    でも。……でも。絶対にばれたくないんだ。
    李玖のその光に照らされ光る髪も、あの笑顔も、きっとあたしのものにはなってくれないから。
  • 12 砂糸 id:hXFiyQ.1

    2011-09-04(日) 17:02:05 [削除依頼]
    「んーもぉっ。可愛い乙女ちゃんなんだからぁ、雪綺はっ」

    琶琉は黙っているあたしの頭をくしゃっと撫でた。
    それだけで、琶琉の無言の優しさが伝わった。彼女は見抜いてる。あたしの弱さや狡さを。

    「んで!! 始めに戻るけど、過去問解いてる?」 
    「えと……。私立なら一回解いたなぁ」
    「ああ、雪綺志望私立だもんね」

    琶琉が納得したようにいった。
    こういう話をすると悲しくなる。もうすぐに卒業だって思い知らされて。

    「まぁ、一人っ子だしね」

    うーんと伸びをする。
    永遠に中学生でいられたらいいのに。
  • 13 砂糸 id:hXFiyQ.1

    2011-09-04(日) 19:39:15 [削除依頼]
    「んで結果はー??」
    「惨敗。数学4点」
    「あちゃー。そりゃまずいねぇ」
    「だから今週はおもいっきり遊ぶ!!」

    あたしは高らかに宣言した。琶琉は対象的に肩を落とす。

    「だから、につながらないっ。……っと、なんであんた頭良いのよ」

    頭を抱える琶琉。たいしてかわらないのだけれども。

    「だから、この話は止め止め!! あっ、ところでさぁ…………」

    話のすり替え成功。
    あたしは窓辺を気にしつつ……ああ、左耳はまた彼をロックオンした……琶琉とおしゃべりをした。
  • 14 砂糸 id:yTc5pFJ0

    2011-09-05(月) 20:50:04 [削除依頼]
    あげというもの
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません