*私とアンゴラさんの日常生活*19コメント

1 歩 id:i-ckEn67F.

2011-09-01(木) 18:12:56 [削除依頼]
頑張って書きます!
主人公紹介等は
>2
で紹介しますね(^O^)
  • 2 歩 id:i-ckEn67F.

    2011-09-01(木) 18:30:37 [削除依頼]
    〜*主な登場人物紹介*〜

    主人公
    華井 綺羅(はない きら)14才 中学3年生
    明るく元気な少女
    動物や生き物が大好き。
    生き物を大切にする

    主人公のペット
    フワ
    種類:アンゴラウサギ
    モフモフしている。
    コロコロしていて可愛い
    大人しく見えるが、実は負けず嫌いのせっかちさん
    性別は♂です。

    綺羅の親友
    藍妥琉流魅(あいだ るるみ)
    14才の中学3年生。男勝りの少女。
    運動神経が凄く良く、
    何でも出来る
    例えば、(サッカー 野球 水泳 アメフト テニス バスケ……等々)
    琉流魅のペット
    マロン
    種類:トイプードル(茶色)
    赤いリボンを付けているのが特徴。
    犬の仲間にもてる。
    ♀です。
  • 3 魅羅乃  id:fTYjers1

    2011-09-01(木) 18:35:28 [削除依頼]
    がんばです!
  • 4 歩 id:i-ckEn67F.

    2011-09-01(木) 18:45:04 [削除依頼]
    魅羅乃さん
    がんばります!応援宜しくですっ!!
  • 5 歩 id:i-ckEn67F.

    2011-09-01(木) 19:09:54 [削除依頼]

    ―私は生き物が大好きだ
    生き物……虫や動物、植物等だ

    好きだから……嫌いな虫や動物……植物はない。
    嫌いな人は何処が嫌いなのか分からない。
    分かったとしても理由が私にとっては違う気がする
    ……なんというかー……
    あまり上手く説明出来ないが理由が違う気がするのだー……

    アンゴラウサギ……
    私が一番好きな動物だ。
    もふもふしていてモフりたいくらいだ。
    個人的な意見だが、凄く可愛い
    可愛くて可愛くて……携帯の待ち受けにしちゃう程だ
    そんなアンゴラ好きな私はある日道端でボロボロで……もうコロコロも、もふもふもしていない……
    アンゴラウサギを見つけて拾った!
    でも……
    動物嫌いな両親はアンゴラウサギを飼うことを大反対!
    うわぁーん!お父さんお母さんのバカー!
    絶対飼ってやるんだからぁー!
  • 6 歩 id:i-ckEn67F.

    2011-09-01(木) 20:38:52 [削除依頼]
    ※アンゴラウサギとは
    ウサギの一種です。
    超詳しくはアンゴラウサギと検索してみて下さいね!
  • 7 歩 id:i-UWT3cCt/

    2011-09-02(金) 16:06:22 [削除依頼]
    暑い!ですねっ!
    更新は気長に待ってくれると嬉しいです。
  • 8 歩 id:i-hkjDsw71

    2011-09-03(土) 19:37:04 [削除依頼]

    ー9月4日土曜日
    外は雲一つなく、青空が広がっていて、とてもいい天気だ。
    少し風が吹いていて丁度良いくらいだった。
    AM:8時10分
    ある家の二階のベッドで、全く起きる気配がない少女が寝言を言いながら、眠っていた。
    「……もう食べれないよぉ〜……ムニャムニャ……」そう寝言を言っていると……部屋の外から階段を上っていく足音が聞こえてきた。
    実に機嫌が悪そうな足音だ
    ドッドッド……
    段々足音が近づいて来る
    ドッドッドッド
    足音は近づき、徐々に大きくなる。
    少しして、足音が止んだ。部屋のドアの前で止まったのだ
    ガチャッ
    誰かがドアを開けた
    25〜30代位の女性だ。恐らく母親だろう。茶髪で髪は肩より下くらいで、水色のカチューシャをしていて白い半袖のTシャツとジーンズを着ている。異常に苛々している。
    そして母親等式女性はベッドで眠っている少女の前に立ち、こう大声を上げた
    「……何時まで寝てるの!?今何時だと思ってるの!?休みだからってずっと寝てないで!朝ご飯片付かなくて困るの!」

    中途半端ですが、続きます!
  • 9 歩 id:hgFryJR.

    2011-09-09(金) 21:24:59 [削除依頼]

    女性は、そういいながら、
    毛布を取った
    バッ
    「寒い!」
    少女がそういうと女性は
    「嘘つきなさい!まだ9月でしょ?
    寒いはずない!お母さんは寒いというより
    暑いわよ!」

    そう少女の母が言うと少女が
    こう言った

    「お母さんのバカァー!何でよぉ!
    休みの日くらい寝かせ……」
    少女がそういおうとした瞬間
    ゴツン
    母が少女の頭を弱くグーでたたいた

    「あーー!痛い!何するの?!」
    少女が頭を抱えて言った

    「あのね?言うこと聞きなさい!
    さっ、早く!着替えて、トイレ行って!
    顔を洗って……歯磨きして!いい?お母さんこれからちょっとお出かけしてくるから!」

    そういって母は、部屋を出て行った。
  • 10 かぜよみ id:IsXc32h.

    2011-09-13(火) 17:32:07 [削除依頼]
    こんな、小説も書いてらっしゃたんですかぁ

    面白い!実に、面白い!

    ー虐待ー
    とは、また、違うお味で、・・・主人公がとにかーーーく、
    素敵!可愛い!最高!・・・と、もっと言いたいのですが。
    限がなくなります。うぅ、この
    小説がどれほど、面白いか、どうしたら
    短く書けるんでしょうか?

     更新頑張ってください!応援しております!
  • 11 歩 id:wpR7osm0

    2011-09-13(火) 20:01:24 [削除依頼]
    おぉ!かぜよみさん!

    またまたお褒めの言葉ありがとうです!!

    今書いている虐待小説より下手になった気がする;

    まぁいいy((


    応援ヨロです!
  • 12 歩 id:wpR7osm0

    2011-09-13(火) 20:17:15 [削除依頼]


    「……べーーだっ!
    お母さんのケチんぼぉ!……起きよ……」
    そういい、少女はベッドから起きて
    着替えて部屋を出た

    「あっ今頃起きてきたお寝坊さん!今九時半だぞ?」
    少女の兄・玲登(れいと)高一だ
    リビングでテーブルに肱をついてテレビを見ていた
    頭は意外とよく、女子にもてる。
    「うーー!玲登のバァカ!イーだっ!」
    少女は舌を出して兄のほうに向かってやった
    「知らねぇー!」
    テレビを見ていて無視だった
    「ムッカァー!」
  • 13 歩 id:wpR7osm0

    2011-09-13(火) 20:21:15 [削除依頼]
    うおっと!
    修正;

    「あっ今頃起きてきたお寝坊さん!今九時半だぞ?」
    を、「あっ今頃起きてきたお寝坊さん!今八時半だぞ?」
    と修正します!;

    すみませんでしたぁー!
  • 14 歩 id:wpR7osm0

    2011-09-13(火) 20:32:49 [削除依頼]
    短っ!!


    まずいね;これは……


    少女は兄の反応に頭きていた

    その時

    ピンポーン

    「綺羅!綺羅ー!居る?遊びに行こうよ!」
    綺羅と呼ばれた少女は、返事をして玄関に向かう
    「ハーイ!待っててね!琉流魅!」
    琉流魅というのは綺羅の親友だ

    ガチャッ

    「どうも!綺羅!早く行こう?」
    ニコッと琉流魅が笑うと綺羅は

    「何処へ?」
    と言った
    「……分かんない!」
    とケロッと言った


    「えぇー!分かんないの!?まぁいいや
    さっ!遊びに行こう?……」
    そういった時

    グゥー……

    お腹がなる音

    「……あっ!朝ご飯食べてない!」
    お腹を押さえて綺羅が言った
    「あらら……」
  • 15 かぜよみ id:uDl9ock/

    2011-09-16(金) 16:28:20 [削除依頼]
    更新してるー
  • 16 歩 id:5XcI7I41

    2011-09-16(金) 18:19:01 [削除依頼]
    してますー。

    やっぱなんか下手になったなー?
    何でだろうか。
  • 17 かぜよみ id:LlbmVSh0

    2011-09-19(月) 22:09:35 [削除依頼]
    >16 下手じゃないですよ!
  • 18 歩 id:VMn1F440

    2011-10-01(土) 17:42:00 [削除依頼]

    >かぜよみさん

    ヘタじゃないですか;

    ありがとうございます!
    だと嬉しいです;
  • 19 歩 id:VMn1F440

    2011-10-01(土) 17:52:21 [削除依頼]

    「いいや。悪いけど、コンビニ寄っていい?」


    綺羅がそういいながらテーブルの上にあった兄のサイフの中から

    千円取り出して、自分のお財布の中に兄の千円札を入れて、

    バックの中にサイフをしまい、いってきまーす!といい、
    家を出た


    「あのさ、お兄さんの使っていいの?」

    琉流魅は、綺羅に言う

    「えー?いいんじゃね?」

    綺羅は平気で言った

    「後で、あー俺の使ったなぁー!とか言われるんじゃない?」

    少し笑って言う

    「平気っしょ!」

    綺羅は別に平気だった

    どうせ気づかないだろうと思ったのだ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません