イケメンボディガード☆4コメント

1 雫 id:7O6aw.q/

2011-08-29(月) 22:57:35 [削除依頼]
アイツは突然やってきて、

いつも私を助けてくれる。

どこにいても、何をしていても。

私専用のボディガード。
  • 2 雫 id:7O6aw.q/

    2011-08-29(月) 23:10:12 [削除依頼]
       〜人物〜
    ・四宮 波留(しのみや はる)
    高校2年生。平凡だけど、幸せの毎日を送っていたが、
    ある日、何者かに命を狙われたところを
    幼なじみの巧巳に助けられる。

    ・藤城 巧巳(ふじしろ たくみ)
    波留と同じ高校に通う2年生。
    だが、裏ではFBIより優れたトップ期間、
    「JET」の一人。
    今回の任務で、波留を守ることになり、
    驚きを隠せない。
  • 3 雫 id:7O6aw.q/

    2011-08-29(月) 23:25:06 [削除依頼]
       第一話イケメンボディーガード!?
       
      〜登校にて〜
    波留「おはよ!」
    私がそう言うと、巧巳が振り返った。
    巧巳「ん?ああ、波留か。おはよう。」
    波留「巧巳どうかしたの?」
    巧巳「何が?」
    波留「元気ないね?(ほんとに元気ないな。)」
    巧巳「そうか?気のせいだろ?」
    ま、巧巳がいいんなら構わないけど・・・。
    波留「あっ!!」
    巧巳「今度は何だ!?」
    波留「また怪我してる!!」
    巧巳「ん?ああ、これか。大丈夫。」
    巧巳はいつもそうだ。私がいないとこで怪我してる。
    波留「そ、そう?」
    巧巳「ああ。」
    波留「なんか困ったことがあったら相談してね?」
    巧巳「サンキューな。・・・つうか。」
    そう言って、私のほっぺたをペロッと舌でナメた。
    波留「ちょっ!!?/////」
    巧巳「ジャム、ついてんぞ?」
    波留「手でとればいいじゃん!」
    巧巳「まあ、細かいことは気にすんな。」
    気にするから!気にしない方が正真証明のバカだよ!
  • 4 雫 id:7O6aw.q/

    2011-08-29(月) 23:26:57 [削除依頼]
    ジャムパンを朝食で食べたから、
    ほっぺについたという設定です。
    説明不足でしたね。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません