◎好きじゃなかったのに。38コメント

1 璃紗 id:uiLBM4I0

2011-08-29(月) 17:33:00 [削除依頼]
-登場人物-

松永 有咲(マツナガ アリサ)
大戸 蓮(オオト レン)


◎好きじゃなかったのに。
  • 19 璃紗 id:uiLBM4I0

    2011-08-29(月) 23:52:06 [削除依頼]
    -次の日-

    うーん…
    この時間になってもメール来ないって…

    教室行ってみるか!


    「えっ蓮休み!?」
    「うん。高熱出したらしいよ」
    「そうなんだぁ、ありがとう!」

    風邪…うつしちゃったかな。
    悪い事しちゃった…

    ん?待てよ…?

    今日は帰り美音達と遊べるじゃん!
    誘ってこよ!


    ブーブー
    「ん?」

    蓮からだ

    ------------------

    ○△駅の前の
    ■□マンションの609号室
    来いよな
    -END-
    ------------------

    ええええええ
    遊べない…

    とにかく、放課後すぐ蓮の家を探した
    初めてだな…


    「え、ここ?」
    めっちゃ高級マンションでデカ!!
    金持ちだな〜


    ピーンポーン♪
    「…はい」
    「蓮?有咲だよ」
    「あ、入って」


    んーじゃあ入っちゃおう
  • 20 璃紗 id:uiLBM4I0

    2011-08-29(月) 23:57:04 [削除依頼]
    「おじゃましま〜す」
    「あ〜!いらっしゃいいらっしゃい!」
    「?」

    そこには知らないすごく綺麗な女の人がいた。
    ま、まさか蓮の彼女?
    わざわざ見せつけるために呼んだのか馬鹿蓮。

    「クスッ」
    「あの…」
    「松永有咲ちゃんでしょ?
     蓮から聞いてるわ〜
     本当に、可愛い!」
    「いえ、可愛くなんて!」
    「クスッ あ、私は蓮の姉よ。
     大戸美稀よ。よろしくね!」
    「あ、よろしくお願いします」

    お姉さんか〜!
    安心…

    「ごめんね、有咲ちゃん。
     私これから出かけなきゃだから蓮の事お願い!」
    「は、え??」
    「蓮、高熱出しちゃってね〜 
     部屋そこだから。よろしくね!じゃあね〜!」
    「え〜」


    ふ、2人っきり!?
  • 21 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 07:09:34 [削除依頼]
    ん〜でもせっかく来たんだし、覗いてみようかな。

    『コンコン』

    「蓮?」
    ドアを開けるとベッドの上で仰向けになっている蓮がいた。
    蓮の顔が此方に向く。

    蓮が笑う

    「大丈夫!?ごめんね。うちのせいで。」
    「いいって…看病してくれるんだろ?」

    なんだか、苦しそう。

    「うん。」
    「ん…じゃあよろしく…」

    おでこを触ってみた。

    「あちっ!!」
    「お前が移したんだろ…」
    「そうですね…」


    とりあえず、体温をはかった。

    「39.5度…」
    「まだ…引かねーか…」
    「うん。タオル濡らしてくるね!!」

    ギュッ

    部屋を出ようとしたら腕を掴まれた。

    「蓮…?」
    「いく…な…」
  • 22 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 07:13:46 [削除依頼]
    そうして私もベッドに倒された。

    「ちょっと…」
    「キス…は…?」
    「えええ?」

    こんな時にキスだと-!?

    「早く…」
    「う…」

    蓮の口の上にシーツを被せて
    その上からキスをした。

    「ん。ありがと…」
    「うん…」

    そのまま蓮は眠りについた。

    寝顔…やっぱ可愛いな。
  • 23 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:45:17 [削除依頼]
    「……おい、起きろ」
    「……れ…ん…?」
    「もう、9:30だけど、お前大丈夫なわけ?」
    「え、あ……えぇぇぇぇ」


    いつのまに寝ちゃってたんだろう!?
    ふっと時計を探して、時計を見つけて見つめる。

    …あ、本当に“9:30”じゃん。


    「あ、そういえば蓮、風邪大丈夫?」
    「…お前、俺を看病してないだろ?」
    「えっ」


    確かに看病“しよう”とは思ったが、蓮に腕を握られてしまったせいで

    …“してません”…けれども! 蓮が悪いんじゃんか!


    「蓮が、人の腕握るから!」
    「ふぅ〜ん、いい訳かぁ」
    「………ゴメンなさい」


    こ、怖い。そのドSの本能を働かせた目といい、…口調といい。

    少し、危機を感じた私は何時しか謝っていた。
  • 24 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:46:43 [削除依頼]
    「んじゃ、看病してよ」
    「っは? 治ったでしょ?」
    「……オマエ、誰のせいで“風邪引いた”と思ってんの」
    「あたし、の…せいだけど……、
     アンタがあん時キスしてなんて言うからじゃん!」


    そうだよ、あん時キスするから悪いんだよ!

    結局は蓮のせいじゃんか!


    「だから、言ったじゃん」

    「キャッ――ちょ、ちょっと!」


    ベットの横で立ってたはずの私は、何時の間にか

    柔らかいベットの上に座り込んでいた。


    「…お前に返すって」
    「そんなの、……知らないよ」
    「…看病するか? それともまたうつされたい?」


    な、なんでこうやって……イジメるのよ!

    こ、このドS!
  • 25 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:47:50 [削除依頼]
    「はいはい、看病しますよ」


    看病した方ましだよ。風邪を戻されるということは

    …キスされる可能性が高いとみられるし。

    そう思った私の決断は、間違っていた。


    「じゃぁ、看病してもらおっかー」
    「ちょっ…止め…んんっ…ぁ」


    結局的に、看病するということも

    キスされることだった――


    「ちょっと! アンタ治ってるでしょ!」
    「うん」


    “うん”って…そんな即答で答えなくてもいいじゃん!

    というか治ってるなら私を早く家に返しなさいよ!
  • 26 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:48:55 [削除依頼]
    「治ってるなら家に返してよ」
    「こんなの、口実だっつうの……」
    「はぁぁぁ?」


    また可笑しなことを言い出したかと思えば!

    何の口実だっつうのよ!


    「俺はお前に会いたかっただけだっつうの。
     看病しに来てなんてただの口実だから」

    「えっ」


    蓮は何時も直球過ぎる。 何事にも直球だ。

    ストレートしか投げてこない。
  • 27 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:49:40 [削除依頼]
    「まっ冗談だけど」
    「はぁぁぁぁ!?」


    くぅぅぅ! また騙されたぁぁ!

    何時も敗北感しかないよ、悲しいわぁ!


    「……じゃぁ、送る」
    「っは!? いいよ!」
    「危ねぇだろ、どう考えても」
    「いいってば!」


    …な、何急に優しくすんのよ! 意味分からないわ。

    そんな急に優しくしたら、心が動いちゃうじゃない。

    馬鹿――…





    「んじゃ、行くぞ」
    「ちょっと――…」


    強引に連れて行かれる。

    私の鞄を左手に持ち、右手は私の手を握る。

    私の手は大きな手で包まれた。
  • 28 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:53:10 [削除依頼]
    「いっやぁ、昨日のカラオケで声がガラガラだぁ」
    「…美音歌いすぎだよー」
    「結構歌ったんだぁ♪」
    「うん! 走り出したら止まらなかった!」
    「えー、マジで?」


    先日、無事に家まで送ってもらった。

    そして無事に何事もなかったようにみんなと接する。


    「結衣は昨日何してたの?」
    「え、いや……図書室で勉強」
    「やっぱ、学年1位は凄いやぁ」


    とまぁ何時もどうりの会話を弾ませていた。

    あの電話が来るまでは。
  • 29 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:54:19 [削除依頼]
    「有咲は?」
    「あ、あたしは……家でテレビ観てた」
    「そっかー、優雅だなぁ有咲は」
    「ホント、お気楽だね、有咲って」
    「うんうん」

    「ちょっと! 美音と結衣! お気楽じゃないし!」


    私が二人に軽く怒鳴った後電話が来た。


    「誰?」
    「…えっと――」


    っげ! や、ヤバイ。此処は危険すぎる。

    こんなところでアイツと電話してたら、…バレちゃう。

    どうしよう、どうかいい訳しなきゃ。
  • 30 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:55:28 [削除依頼]
    「両親からだ、ちょっと行って来る」
    「此処でもいいのにー」
    「や、いいよ」


    私は三人の居る場から立ち去り
    教室の角の所で携帯を開いた。

    携帯を開く手が震える。なんか…無駄に緊張する。


    「もし、もし…」
    「有咲? ちょっと…校庭見てみ?」
    「はぁぁぁ? 何で態々?」
    「いいから」
  • 31 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 21:00:21 [削除依頼]
    ◆携帯で小説書いていたら
     結構いっぺんに更新できました!

     ぜひ読んでください?
  • 32 理依 id:9Lr0MeQ0

    2011-08-30(火) 21:03:05 [削除依頼]
    毎回楽しみにしてまふ(=´∀`)人(´∀`=)
  • 33 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 21:07:55 [削除依頼]
    電話の相手は勿論ドSの蓮くん。

    そして何故か『校庭を見てみ』と言われたから
    校庭を見下ろす。


    そこには女子に囲まれた蓮の姿があった。


    「…切っていい?」
    「おい、切んな!有咲!」


    ブー ブー ブー
  • 34 ジャック id:mxKzNan.

    2011-08-30(火) 21:08:28 [削除依頼]
    こうしんすごく進んでるね。
  • 35 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 21:08:28 [削除依頼]
    ◆理依
    ありがと♪
  • 36 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 21:10:27 [削除依頼]
    ◆ジャック サン
    携帯でPC使えない時めっちゃ打っていたのでw
  • 37 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 21:10:38 [削除依頼]

    「有咲?」
    「有咲、大丈夫?」

    あっ美音たちにこんな顔見せられない!


    私はすぐ涙を拭って


    「え?全然大丈夫だよっ!」

    無理矢理笑顔を作って笑った。
  • 38 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 21:11:29 [削除依頼]
    今日はこの辺で!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません