変恋は突然に!47コメント

1 蜜柑 id:viO4Vtx0

2011-08-29(月) 14:06:42 [削除依頼]


 あたしの初恋は、

 プール掃除から始まった。

   
  ◎変な恋愛、略して変恋
  • 28 蜜柑 id:viO4Vtx0

    2011-08-29(月) 20:14:08 [削除依頼]


     「よっし、okもらったから言う!
      数学のテストで10点だったって噂−」

     そっかそっか−。
     数学のテストの点数のこと…って、

     「ええええぇええ!!!?」

     「あれ−、茉由ちゃん知らなかった?
      学年で噂になってるけど…」

     …最悪だ。いやいや、クラスに戻りたくない。
     絶対笑われる!!

     あたしは腰の痛みを忘れて布団にもぐりこむ。

     「利央に教科書借りに行ってたらさ、
      たまたま聞いたんだよ−」

     「…利央?仲沢、のこと?」

     ふと聞き覚えのある名前に布団から顔を出す。

     「うん。よく似てないっていわれるけど−、
      2卵生の双子。俺が弟なんだ−」

     (あたしの知り合いに双子が2組みもいたなんて)
  • 29 蜜柑 id:viO4Vtx0

    2011-08-29(月) 20:21:36 [削除依頼]

     6話.見た目対照的な仲沢双子(茉由side)

     「へええ…」

     驚きで、痛みも噂も頭から飛んでった。
     
     まず、見た目全く似てない。
     仲沢兄は髪の色茶色だけど…仲沢弟はいい
     色あいの桃ピンク色。

     軽そうな(失礼)感じではあるから…、
     似合ってはいるんだけど。

     「テストか。まあ、難しいしね」

     千尋くんは優しいフォローをしてくれる。
     (神に見えてきたっ)

     「俺とあんま変わんないじゃんっ、
      なんか親近感−」

     「えっ、仲沢弟さん何点!?」

     仲間を見つけた、とちょっと嬉しくなる。


     
  • 30 蜜柑 id:viO4Vtx0

    2011-08-29(月) 20:28:04 [削除依頼]


     「仲沢弟さんって…ははっ、廉造でいいよ?
      めんどければ廉でも」

     そう言って柔らかく笑う。
     うん、可愛い。しかもいい人。

     「じゃあ、廉で!」

     「ほ−い。じゃあ俺は茉由って呼ぶ−、
      ちなみに点数茉由と同じ」

     「うん。まじか!!」

     ほんと、なんか親近感わいてきた。
     
     「ちなみに千尋は頭いんだよな−」

     そう言って廉はにやり、と笑いながら
     千尋くんを見た。

     「え、いやっ…たまたまだよ!」

     なぜか焦る千尋くんを楽しそうに見やる廉。
     そんな千尋くんを見てると、純情という言葉
     がぴったりだな、なんて思う。

     
     
  • 31 蜜柑 id:viO4Vtx0

    2011-08-29(月) 20:32:10 [削除依頼]


     \ 登場人物(追加) /

     .夢野 千尋   .仲沢 廉造
     ゆめの ちひろ。 なかざわ れんぞう。
     出雲の双子の弟。 利央の双子の弟。
     純情(?)      明るい。

     ▽
     一気に増えましたね(;、
     多分しばらくこの6人(?)←
     でやっていくかなあとb   
  • 32 蜜柑 id:viO4Vtx0

    2011-08-29(月) 23:12:18 [削除依頼]


     「な、何…?泉、さん」

     「ん?何が−?」

     廉と言い合いをしていたはずの千尋くんが突然
     あたしに問いかけた。
     でもとうのあたしは何が何だか分からない。

     「だって茉由、さっきから千尋のほうじ−って
      見てたじゃん?」

     廉はそう言ってベットに腰掛けた。

     そ、そんな見てたっけ?

     「あ−…と、気に障ったなら、ごめん」

     「いや、そういうわけじゃあ……」

     最後の方はなんだかよく聞き取れなかった。
     けど、怒ってるわけでもないようで。

     
     
     
  • 33 蜜柑 id:viO4Vtx0

    2011-08-29(月) 23:20:12 [削除依頼]


     ガラガラ、そんな音がして保健室の
     入口に目を向ける。

     「あら、ごめんなさい…。
      席はずしてたから…大丈夫?」

     ベットで横になっているあたしを見て、
     眉を下げる保健の先生。

     「あ、はい!もうよくなりましたっ」

     気づけば痛みはすっかりひいていて、
     動いでもあまり痛みは感じなかった。

     「そう…。あ、ここ鍵閉めるから…教室
      に戻ってちゃんと勉強しなさいね−?」

     先生はからかうようにあたしを見て、
     テスト勉強とか、と呟いた。

     …先生達の間でも、あの噂…!!

     あたしは小さくため息をついて、千尋くん
     達と別れた。
  • 34 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 13:44:57 [削除依頼]

     7話.心配(茉由side)

     ガララ、と控えめに教室のドアを開けると
     視線は痛いものの爆笑されることはなかった。

     ほっと胸をなでおろして、席につく。

     「どこ行ってたんだよ?」

     仲沢兄はそう言って消しゴムを投げてきた。

     「いてっ。別に−い…あ、」

     「あ?」

     「さっきね、仲沢弟にあったよ。
      まさかの双子だったんだねえ−」

     あたしは自習、と書かれた黒板を見る。

     「え、まじ?」

     「まじっすよ−う」

     
     
  • 35 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 13:51:37 [削除依頼]


     すっとんきょうな声を出す仲沢兄を
     横目に自習用ノートを取り出す。

     「なんもされなかった?」

     「え−、いや何もなかったよ」

     「そっか−。よかった」

     …これは、まさかの心配してくれてた?
     っやばい、嬉しすぎる。

     あたしはにやける口元を手で押さえながら
     必死でこらえる。

     「し、心配してくれてたんだ?」

     「え…?まあ、そう…なわけあるか」

     何だそれ。
     ちょっとひどくないかね。

     −とはいいつつも、少しだけ頬が赤く染まって
     いたのを見ると心配してくれてたんだな、な
     んて思ってしまう。

     (自惚れても、いいですか?)

     
  • 36 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 13:59:26 [削除依頼]

     8話.保健委員(茉由side)

     放課後。保健委員のあたしは何故か先生に
     体育館の呼びだされた。

     ていうか保健委員の人皆。

     なんなんだろ−ね。
     放課後は早く帰りたい派なのに…。

     「あ−っ、茉由ちゃんだ−!」

     ぶつくさと心の中で呟いている途中、後ろ
     から可愛らしい声が。

     「…?」

     振り向けば、ポニーテールが印象的な女の子
     がこちらを向いて手をふっていた。
     
     「茉由ちゃんも保健委員なのっ?」

     「うん!優奈ちゃんも?」

     「そうだよ〜!」

     
  • 37 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 14:09:59 [削除依頼]


     可愛らしい笑顔をむける、秋月 優奈(あきつ
     き ゆな)ちゃん。

     「あ、井川先生だ!じゃあまた後でっ」

     優奈ちゃんはそう言って井川先生のもとへ
     走り去って行った。

     そっか。
     優奈ちゃん、井川先生のこと好きだもんね。

     前に出雲が「優奈ちゃんの好きな人、井川
     先生なんだって」て言ってたのを聞いて、
     驚きを隠せなかったのをしみじみ思いだす。

     井川先生はそれほどかっこいいというわけで
     もなく、失礼だけど、いわば普通。

     「世の中不思議だよね…」

     ぽつり、と呟いて前を向く。
     それと同時に、

     「あ、泉…さん?」

     聞き覚えのある声に、再び後ろを振り向く
     ことになる。
     
     
  • 38 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 14:24:24 [削除依頼]


     ▽
     うわ−お((
     まさかの利央くんあんま
     出番なしという…(-ω-;)
     キャラもぱらぱら増えたっ
      文章力が欲しい((

     \ 登場人物(追加) /

     .秋月 優奈
     あきつき ゆな。
     出雲を通して友達に。
     井川先生が好き。(茉由達の担任)
  • 39 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 14:37:06 [削除依頼]

     
     「…あ、」

     そこには見覚えありまくりな顔が。

     「泉さんも、保健委員だったんだ」

     そう言ってほほ笑む千尋くんはやっぱり
     美少年なんだと思わせる。

     笑った顔は出雲によく似てる。
     性格はあんま似てないけど。
     
     そんな失礼なことを思いながら、小さな疑問が
     頭をよぎる。
     
     どうしてさん付けなのだろう、と。

     「うん。…あ、そうだ」

     「うん?」

     「ん−…別に、泉さんじゃなくていいよ?
      茉由でも泉でも…さん付けは苦手だし」

     そう言えば、分かったと言ってほほ笑む。
     
     うん。やっぱり、美少年。
     今までどれだけの女の子を落としてきたのか
     な、なんて…。
     

     
  • 40 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 14:48:12 [削除依頼]


     −ピンポンパンポ−ン

     しばらく千尋くんと話していたら、
     突然の放送チャイム。

     『え−…ごほん!体育館に集まっている
      保健委員、今日は保健の先生がいない
      …てかいなくなったため、帰ってよし!』

     −ピンポンパンポ−ン

     体育館中静かになった。
     聞こえてくるのは部活をしている人達の声のみ。

     …ていうか、何だそれ何だそれ。
     おかしいじゃん!!
     いなくなったって…ボイコット?

     皆はそれぞれ不満の声とともに、体育館から
     出ていく。

     あたしも帰ろう。

     「じゃあ、またね。千尋くん」

     「え、あ、うん。また」

     そうしてあたしは靴箱まで急ぐ。

     (早く帰ってアイス食べたい)
  • 41 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 18:50:18 [削除依頼]

     9話.放課後の屋上(茉由side)

     千尋くんと別れた後、ゆっくりとした足取り
     で靴箱へ向かう。

     「さ−てと、帰りにアイス……ん?」

     靴箱を開けると白くて小さなメモ用紙がぽつん
     と靴の上に置かれていた。

     「こ、これは−……」
     
     おそるおそる開いてみてみると、

     【放課後屋上にくること(ジュース付きで)】

     あまり綺麗ではない(失礼)文字でそう書かれて
     いた。

     …あたし、ぱしりじゃない!!

     とは思いつつも誰か分からないし、怖いので
     適当にブラックコーヒーを買い、屋上へ向かう。

     

     
  • 42 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 18:57:23 [削除依頼]


     ガチャッ

     …もうここまで来ちゃったんだ。

     ごくりと息をのみ、屋上を見回す。
     けれど、人はいない。

     −と思っていたら、後ろから腕を掴まれた。

     「い、うわあああっ」

     女の子らしくない叫び声をあげながら、
     うっすらと目じりに涙を浮かべる。

     「お−い、泉…?」

     「あ…え?」

     腕を掴んだ正体を見た瞬間、
     あたしの涙はぴたりと止まった。

     
     
     
  • 43 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 19:03:52 [削除依頼]


     「…な、なんだ…。仲沢兄かあ…」

     不安と恐怖はいつのまにかなくて、
     制服の裾(すそ)でごしごしと目をこする。

     「なんだとはなんだよ。で、持ってきた?
      ジュースは」

     「……は?」

     「だから、ジュースはって」

     そっか。あの手紙をよこしたのは、こいつ
     だったんだ。

     「うん…はい」

     怒りよりも呆れて、力なく仲沢兄の手の上に
     コーヒーをのせる。

     

     
  • 44 茜 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 19:04:34 [削除依頼]



      面白いです!!
    更新頑張ってください^^
  • 45 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 19:09:05 [削除依頼]


     「泉、俺コーヒーとか無理」

     そのコーヒーを見てこう言った仲沢。

     あり得ない。顔的に飲めそうなのに。
     朝は…コーヒー、みたいな。

     「わがまま駄目だよ−」

     「だって俺甘党だし」

     そう言って仲沢はせっかく買ってきた
     コーヒーを足元に置いた。

     「…仲沢兄って、いがいにも甘党だっ
      たのか」

     「そうだけど…、泉は?」

     ごろん、とコンクリートに寝そべりながら
     顔だけをこちらに向ける。
  • 46 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 19:09:51 [削除依頼]


     ▽茜 sama
     ほんとですか!?*.
     ありがとうございます^p^*
     頑張りますっ、
  • 47 蜜柑 id:AsqZL1u/

    2011-08-30(火) 19:15:42 [削除依頼]


     「あたしは…甘いの苦手」

     「…女子なのに?」

     真顔でそんなことを言うもんだから、
     ちょっとだけ殺意がわいたけど、
     甘いもの苦手な理由なんて分からない。

     それに第一、女子だから甘いものが好き
     だなんて限らないじゃん。

     何を言い返さないあたしに仲沢は、とんとん
     と自分の隣をたたいて、

     「ここ寝転がれば?気持ち−よ」

     そう言った。

     「うん」

     別に断る理由もないし…それに、好きな人
     の隣で寝転がれるなんてそうそうない。

     あたしは足元のコーヒーを拾って、
     仲沢の隣に寝転がる。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません