廻る世界で。10コメント

1 ゆずポン id:./RE/RR/

2011-08-28(日) 21:38:03 [削除依頼]
こっちを、見るな。


あたしは、見世物なんかじゃないんだ。
  • 2  Oo。.$*のちこ*$.。o0  id:Yccmk790

    2011-08-28(日) 21:38:27 [削除依頼]
    おもしろそう♪
  • 3 ゆずポン id:./RE/RR/

    2011-08-28(日) 21:51:08 [削除依頼]
    「紫桜ー、準備はできたのー?」

    朝から、うるさいなあ。重たいからだを起こして、階段を降りる。

    「はい、鞄。」

    「ん・・・、ありがと」


    「・・・本当に一人で大丈夫?」

    「大丈夫だってば」

    靴の紐を結んでもらいながら、不機嫌に答える。


    「お友達、出来るといいわね」

    ―――知ってるくせに。

    そんな言葉は、

    「・・・いってきます」

    少し、ドアを閉めるのが乱暴だったかも。


    あたしは、いつもそうだ。
  • 4 ゆずポン id:./RE/RR/

    2011-08-28(日) 22:14:53 [削除依頼]
    あたしが教室に入ると、クラスの空気が変わった。
    まあ、ここまでは予想通り。


    「木田谷、紫桜です。宜しくお願いします」

    思ってもないことを言って、無理矢理、頭を下げる。


    「あー・・・、まあ、なんだ。木田谷は、皆と変わらないから、うん、仲よくしろよー。」

    変わらない?

    仮にそうだとしたら、あたしは、皆にこんな目で見られていない。


    ―馬鹿は嫌いだ。


    「じゃ、木田谷、そこに座って。」

    言われた席に歩いていく。

    ―何だ。あたしが歩くのが、そんなに珍しいか。


    とんでもなく不愉快な気持ちで席に着く。
    そんなあたしを、隣の奴は、好奇心丸出しで見てくる。

    「・・・何?」

    あたしが睨みながら聞くと、そいつは一瞬、眼をぐるりと回した。

    「あ、えっと、・・・」

    こいつの聞きたい事は分かってる。


    「あのさ、聞いても怒らない・・・?」

    「質問による」


    そいつは一瞬戸惑った。そして、申し訳なさそうに聞いてきた。


    「・・・なんで、両腕、無いの・・・」
  • 5 ゆずポン id:./RE/RR/

    2011-08-28(日) 22:19:58 [削除依頼]
    あたしは、笑ってそいつを見た。

    するとそいつは、怯えたような顔になった。


    「さあ?」


    それだけ言って、前を向いた。


    そいつは、もう話しかけて来なかった。
  • 6 ゆずポン id:./RE/RR/

    2011-08-28(日) 22:27:28 [削除依頼]
    「なあなあ見たか、2組の転校生!!」
    「見た見た、両腕無いっけなー!」


    早速、休み時間に、あたしに見物客が続々やって来た。

    あたしは一人、教室の隅で、机に座って、窓の外を見ていた。


    クラスの奴等が、遠巻きにあたしを見ていた。


    やっぱり、体のどこか一部が欠けているだけで、気味が悪いんだろう。


    でも、そんなの、もう慣れた。
  • 7 ゆずポン id:./RE/RR/

    2011-08-28(日) 22:38:59 [削除依頼]
    ぼーっと窓の外を眺めていたら、誰かが声をかけてきた。


    消えそうな、弱弱しい声。


    「く、国木田、さん・・・」


    ショートの髪に、さえない眼鏡。どこか困ったような顔。


    「・・・何、何か用?」

    「あ、あのね、これが、落ちてたよ・・・」


    そういって、その子は、机の上に、赤い何かを置いた。


    ・・・あ、これ、あたしが鞄に着けてた・・・


    「このお守り、木田谷さんの、だよね・・・?」


    あれ、どうして―――


    「・・・ありがと」


    そう言うと、その子はふわりと笑って、戻っていった。


    ―――どうして、これがお守りだってわかったんだろう。
  • 8 ゆずポン id:wHVXgWD0

    2011-08-29(月) 10:37:49 [削除依頼]
    ≫のちこさん  き、期待に応えられるよう頑張ります・・・うぅ


    今日は代休なので、頑張って更新して行きます。
  • 9 ゆずポン id:wHVXgWD0

    2011-08-29(月) 11:00:33 [削除依頼]
    帰りのHRが終わって、あたしが席を立った時だった。


    「国木田さん」


    さっきの、あの子が、あたしの鞄を持って、立っていた。


    「・・・ありがと」

    「荷物、入れようか?」


    遠慮がちに、聞いてきた。あたしが、黙ってると、


    「・・・ごめん・・・」


    「何で」


    「・・・え?」


    「・・何で謝んの」


    「・・・ごめん、・・あ、その・・・」


    その子は、俯いてしまった。


    ――ああもう。


    「・・・荷物、入れてくんないかな」


    「っ、うん!」


    その子は、あたしに鞄を持ってくれて、玄関まで付いてきてくれた。


    「紐、結んでくんない?」

    「うん」


    その子は、丁寧に、あたしの靴紐を結んでくれた。


    名前。そうだ、まだ聞いてない。


    「・・・名前、何ていうの?」


    その子は、きょとんとした顔で、あたしを見上げた。


    「あ、えっと、よ、吉原・・・、吉原、欅。」


    「けやき?」


    「うん。・・・変な名前でしょ」


    「ううん。あたしは好き」


    あれ。何だろう。あたし、可笑しい。


    「・・・あたしも変な名前だし。行こ」


    やだな。この子と居ると、あたし、変だ。
  • 10 ゆずポン id:wHVXgWD0

    2011-08-29(月) 11:02:56 [削除依頼]
    ≫間違い発見。木田谷でした(国木田は私の部に居る奴だった
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません