水上君6コメント

1 梅酒 id:0OCUEUu/

2011-08-28(日) 19:19:32 [削除依頼]


私が振り返ると、
水上君は笑っていた。

ただ、静かに、笑っていた。
  • 2 梅酒 id:0OCUEUu/

    2011-08-28(日) 19:27:00 [削除依頼]

    残暑の続く気だるい朝。
    自転車にまたがり上るいつもの坂道も、
    なんだかつい昨日通ったような気がする。
    いつの間にか夏休みは終わっていたらしい。
    私にはものすごく短く感じた。
    部活にも入らず、バイトをするわけでもなく、
    もちろん勉強なんてしなかったわけで。
    終わっていない課題をどうするか考えながら
    私の見慣れた景色は流れていく。
  • 3 ミラ☆(*´・ω・`*) id:ez-TUnPJoP/

    2011-08-28(日) 19:41:37 [削除依頼]
    突然ごめんなさい!
    面白そう!
    水上君ってどんな子?
    更新待ってます★
  • 4 梅酒 id:0OCUEUu/

    2011-08-28(日) 19:47:38 [削除依頼]

    額についた汗の雫を手の甲で拭って
    まったく久しい感じのしない久しぶりの自分の席に座る。

    「やっぱり来てないんだ」

    私の斜め前の水上君の席は
    相変わらず空いていた。
    いつものこと。
    だけどいつものことじゃない。

    「何をそんなにじっと見てるのよ」
    「咲、おはよう」

    明らかにおかしい至近距離から大きな瞳で
    私の顔を覗き込むように秋川咲は尋ねてきた。

    「別に気になるわけじゃないけどさ」
    「どうでもいいけど夏休み前に貸した20円返してよ」
    「何よまだ覚えてたの、しつこいな」
    「お前な、まあいいや」

    先はくるり、と私の前で一回転して
    スカートの裾を直した。
    そして髪の毛を左耳にかけ、私の顔に耳を近づける。
    彼女は人と話すとき、おかしいくらいに近づく癖がある。

    「どうよ」

    彼女の左耳にはまだ少しの違和感を残して
    シルバーのピアスがついていた。
    先は満足そうに大きな瞳を細めたり開いたりして
    私の答えを期待していた。

    「どうしたの」
    「似合うでしょう、私なんでも似合うから」
  • 5 梅酒 id:0OCUEUu/

    2011-08-28(日) 19:49:30 [削除依頼]

    ミラ様:
    ありがとうございます
    更新がんばります(・ω・`)
  • 6 ミラ id:ez-Q6PC1NG/

    2011-08-30(火) 00:03:54 [削除依頼]
    様なんてつけなくて良いよ〜っ
    更新頑張ってね!!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません