女王の掟4コメント

1 プリン id:XTH9k4C0

2011-08-26(金) 08:32:42 [削除依頼]
はじめまして

初投稿です。
読んでくれる人がいるとうれしいです。

登場人物

桐谷 美香 (きりや みか)
少し気が強いけどとても優しい少女。美香と里奈の親友。
友達がたくさんいる。桃山学園中等部2年1組在学。

飯塚 花音 (いいずか かのん)
桃山学園の転校生。
飯塚財閥の令嬢。とても美人で、読者モデルもしている。
美香と同じ桃山学園2年1組に入ることになる。

戸塚 茉奈 (とずか まな)
気が弱い。
桃山学園中等部2年3組在学。美香と里奈の親友。

沙紀野 里奈 (さきの りな)
桃山学園中等部2年1組在学。
友達思いの性格。美香と茉奈の親友。

主な登場人物はこれくらいです。
12時ぐらいに更新したいと思います。
  • 2 プリン id:XTH9k4C0

    2011-08-26(金) 09:36:07 [削除依頼]
    すいません、美香のとこ
    茉奈と里奈の親友でした。
  • 3 プリン id:XTH9k4C0

    2011-08-26(金) 14:53:48 [削除依頼]
    2時になってしまいました。

    それでは、始めたいと思います。

    ーーーーーーーーーー第一話スイートカフェでーーーーーーーーー

    美香「あ〜あ、茉奈と別れちゃってつまんないの」
    茉奈「でも里奈ちゃんと一緒のクラスでしょ。」
    美香「そりゃ里奈と一緒のクラスはうれしいけどさぁ……」
    里奈「そうそう、3人いっしょじゃないとつまんないよ」
    茉奈「わっ、里奈ちゃんいたの?!」
    里奈「全部聞いてたわよ。まぁ、茉奈とずっと逢えないって訳じゃないし。
    休み時間ぐらいは一緒にいられるでしょ。」
    茉奈「うん、そうだね。またあとでね」
    美香「うん、あとでね」
    里奈「ばいばーい」

    うちは美香。
    今日から中学2年生!
    クラス替えで、仲良しの茉奈が一緒じゃなくてつまんないの。
    でももう一人の仲良し、里奈が一緒だから頑張れる!

    それからしばらくたったある日のこと。
    リ〜ンゴ〜ンカ〜ンコン
    先生「おい、日直の桐谷と沙紀野、会議室にこい。」
    ん?なんだろう。
    会議室に行ってみると……わぁ〜きれいな女の子!
    先生「1組の転入生だ。教室に案内してあげなさい。」
    女の子の名前は飯塚花音。
    飯塚財閥の令嬢で、花音さんは読者モデルもやってるんだって。
    おまけに超やさしいし。ホント憧れちゃう。
    花音「今日からこのクラスの一員になる飯塚花音です。
    趣味は読書と音楽、スポーツ、ダンスなどたのしいことと
    不思議なことが大好きです。よろしくお願いします。」

    男子A「花音様ぁステキっす!!」
    『花音様ぁ〜花音様ぁ〜』

    たっくもう、男子たちったら調子いいんだから〜
    まあそうなるはず。花音さん、英語、数学、国語、歴史、科学、
    全教科完璧!
    先生「今日の授業はこれでおしまい。宿題きちんと
    やってくるんだぞ。」
    『は〜い』
    茉奈「ねぇねぇ、1組に超美人の子が入ってきたってホント?」
    帰りに茉奈が言った。
    美香「ホントホント!何でもできる完璧な子なんだよ。ねっ里奈。」
    里奈「そうそう、うちのクラスの男子なんか釘付けでさぁ」
    美香「飯塚花音さんだっけ。そうだ!花音さんもさそって
    スイートカフェいかない?」
    スイートカフェは、うちたちの学校のすぐ近く。
    おすすめパフェがいっぱいなんだ。
    茉奈「でも、美香ちゃん花音さんの家とか分かるの?」
    美香「いひひ〜花音さんのメアドと電話番号聞いちゃったぁ」
    実はこんなこともあろうかと、水飲み休憩のときに聞いといたのだ。
    里奈「絶対美香、花音さんちのご招待目当てでしょ。」
    美香「だって財閥令嬢のうちとか見てみたいじゃん。
    新規メール、花音さんっと。」
    [花音さんへ 桐谷美香です。うちの友達の沙紀野里奈と
    3組の戸塚茉奈といっしょにスイートカフェにいきませんか?
    お返事、待ってます]
    美香はメールにこう打った。

    今日はここで終わりにします。
  • 4 プリン id:aSggM2l/

    2011-08-30(火) 20:39:20 [削除依頼]
    ーーーーーーー第二話 カフェでの告白ーーーーーー

    美香「花音さんこっちで〜す」
    花音「ごめんなさい 待たせちゃったかしら」
    美香「全然大丈夫です」
    茉奈「きれい……」
    ここはスイートカフェ。
    美香たちと花音の待ち合わせ場所。
    茉奈は花音に見とれている。
    里奈「さぁ、茉奈自己紹介。」
    茉奈「は、はじめまして戸塚茉奈です。中等部2年3組にいます
    よろしくお願いします。」
    しどろもどろに茉奈は自己紹介をした。
    花音「私は飯塚花音よ。よろしくね。戸塚さん。」
    茉奈と花音はすぐ打ち解けた。
    里奈「じゃ、入ろう。」

    美香「うちジャンボパフェ!」
    里奈「あたしスペシャルパフェ!」
    茉奈「私スイーツパフェ!」
    花音「私は……チョコレートパフェ!」
    店員A「はい、うけたまわりました。」
    店員B「お待たせしました〜」
    花音「ねぇ……女王の掟っていう映画知ってる?」
    美香「あぁ、知ってる!」
    里奈「世界的に大ヒットしてるんだよね。」
    茉奈「メロディーランドっていう国に悪魔がせめて来て、
    悪魔に国民全員の命と美しい女王のセリーヌの命を天秤に
    かけられて、どちらかが命を落とせばもう攻めないと言われて、
    セリーヌは国民と国を守るために命を落とし、
    それから、国民は悪魔を憎み続け、
    戦争に発展してっていう長編小説をもとにして作られた映画でしょ」
    花音「えぇ、その通りよ。でもそれは架空の世界ではなく、
    実際に起きていることなの。セリーヌは私の母、私の本当の名前は、
    フラワー、メロディー。私はメロディーランド出身よ。」
    美香「それ……本当?」
    花音「えぇ、メロディーランドに行ってみる?」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません