不良カップル初恋中!!12コメント

1 アリス id:v9Oo6a8.

2011-08-24(水) 12:19:48 [削除依頼]

はじめまして、アリスです^^*

更新遅いし下手ですがよかったら読んで下さい。

荒らし・中傷はやめて下さい。
  • 2 アリス id:v9Oo6a8.

    2011-08-24(水) 12:27:37 [削除依頼]

    *〜プロローグ〜*

    「うっわ、俺達、運悪ィ…」
    「まさか……喧嘩売った相手が…」
    「卯月蓮と花崗初春の友達とは思わねぇし…」

    ー卯月蓮・15歳ー ー花崗初春・15歳ー

    「なーんでウチの子猫チャンを奪おうとしてるのかな?」
    「あっのさぁ、日向に手ェ出すなッて言ってるじゃん?」

    ー有栖川日向・15歳ー

    「すいませんでしたーーーーッッッ!!!!」

    「大丈夫だった?」
    「ケガしてねぇか?」

    生まれた頃から幼馴染の卯月蓮と花崗初春、15歳。
    街…いや、市1番の不良。
    そんな2人はなんと初恋もまだな恋愛0!!
    勿論、2人の間に恋愛感情なんてない。

    ………ハズだったのに?
  • 3 アリス id:v9Oo6a8.

    2011-08-24(水) 12:34:55 [削除依頼]

    *〜登場人物〜*

    ★卯月蓮(うつき れん)
    不良。カッコ良く運動神経抜群だが頭は悪い。勿論、問題児。
    喧嘩に異常に強く強気で俺様。意外と甘党で嘘がつけない。
    明るくやんちゃでクラスのムードメーカーでもある。
    初春の幼馴染。鈍感すぎて別名・鈍感王子。

    ★花崗初春(みかけ うい)
    不良。明るくやんちゃで結構五月蝿い。
    喧嘩に異常に強くて甘党。嘘がつけない。鈍感。
    何処か天然でドジなトコロがある。美少女。
    蓮の幼馴染で日向の親友。

    ★有栖川日向(ありすがわ ひなた)
    おとなしく優柔不断でオドオドしている内気なコ。
    優しく心配性で喧嘩ばかりの2人を心配している。
    2人の治療係。初春の親友。頭が良く病弱。

    ★雲仙斎宮(うんぜん いつき)
    シッカリしており生徒会長。規則を破るコトを許さない。
    喧嘩ばかりの蓮と初春を敵視しておりいつも噛み付いてくる。

    登場人物はもっと増えます☆
  • 4 アリス id:v9Oo6a8.

    2011-08-24(水) 13:33:32 [削除依頼]

    第一話*日常を見てみた。

    「蓮くーーーんッ!」」
    「蓮遅いッ!!」

    ーー朝。2人の美少女はあるアパートの一室、201号室の前に立って居た。
    栗色の髪を持つおとなしそうな少女は口に手を当て1人の少年を呼び、もう1人の染めた様な茶髪の少女は大声で文句を言い放った。
    おとなしそうな少女は有栖川日向。もう1人は花崗初春。中学三年生だ。

    「んにゃ〜あ、スマン、スマン」

    寝ぼけながらどちらかと言うと金に近い茶色の髪をわしゃわしゃと掻きながらそのボロッとしたアパートのドアから出て来たのは卯月蓮。いかにも不良と言った感じの雰囲気だ。

    「……遅い!」

    ムスッとぶすくれながら初春は軽くジャンプというか背伸びをし、蓮の頭をチョップした。

    「まあまあ…初春ちゃん行きましょう?」

    そんな日向の一声でまだ蓮に攻撃していた初春はやっと手を止め騒がしく歩き始めた。



    やっと真新しい校舎に着いた。勿論、三人の学校だ。

    −−〈有栖川学園〉−−

    その名の通り、日向の祖父に当たる人が作った学校だ。ちなみに私立校。

    「遅い! 卯月蓮、花崗初春!!!」

    大声で2人を怒鳴りつけたのは雲仙斎宮。
    この学園の生徒会長だ。

    「何で俺達だけなんだよ!」
    「そうよ! 日向に注意しても殴るまでだけど」
    「それこそが理由だろ!」

    2人は日向に異常に過保護。
    そして日向は大富豪の一人娘というコトで何かと不良に絡まれやすいのだ。
    だが、ソレは蓮、初春の2人によって成敗される。

    「兎にも角にも! 生徒会長に逆らうな!」

    何故生徒会長に逆らってはいけないのだろうか。
    きっと三人はこう思ったであろう。

    「あのさー普通生徒会長は日向がならない?」
    「だよなー」

    そんな憎き生徒会長に憎まれ口を叩く。まあ、生徒会長は理事長の孫がなると言うのも早々ハズれたモノでは無い気もする。

    「あーもーいーから! 早く行け!」

    生徒会長は短気だ。
    この様に毎日嫌味を言って通らせて貰っている。
    理不尽だ。コレは蓮が早く起きればイイハズなのに。



    「せんっせぇー!! 黒板の文字がへt

    ーーーゴスッ

    担任の鳴海麻光は器用にピンクのチョークを投げ蓮の額に命中させた。
    蓮は硬直し、額から煙が出て居る。勿論、チョークは刺さって居る。

    「アハハハ!!」
    『蓮〜何やってんだよ〜』

    担任の字は綺麗な方なのに…
    何故かって?そりゃあ、好奇心でやったに違いない。



    「アーッハッハッハ!!! 笑けた〜」

    時は早く帰り道。
    日向は送りは無いが迎えの車が着いて居る為、別下校だ。
    そして初春は昼のコトを未だに笑って居た。

    「うっせぇし、しつけぇし、ウゼェ」

    苦い顔をして初春を睨み付ける蓮はあまり迫力が無かった。
    ちなみに額にバツ印になった包帯というか絆創膏を張ってある。

    「なーんでナルちゃんにケンカ売るかなぁ〜」

    ナルちゃんとは例の担任、鳴海麻光の女子生徒からの愛称だ。
    麻光は若く、元気で明るくよく話をわかってくれる生徒に取ってとても良い先生だ。

    「だってチョーク! アレ笑けるんだもん!」

    蓮はあのチョークの飛ぶのが見たいだけに額を犠牲にして居る様だ。

    「とにかくじゃーねッ」
    「おう。バイバイ」

    とりあえず2人の関係は良好ッてコトで。

    *−*−*−*−*−続く*−*−*−*−*−
  • 5 アリス id:v9Oo6a8.

    2011-08-24(水) 20:30:16 [削除依頼]

    第二話*過保護すぎる親…では無く親友達。

    *-*-*-日向視点*-*-*-*

    はじめまして、有栖川日向です。
    今日はとても綺麗な快晴で春なのに暑い程あります。

    と、私はそんな空を見ながらお散歩していたワケですが……

    「おい、ちょっとコッチ来いよ」

    なんと、不良に絡まれました。



    「お前、あの有栖川財閥の娘だろ? 金持ってんじゃねぇのか?」
    「持ってません」

    コレは本当。
    何でたかが散歩に不良に絡まれる種を持って行かなきゃならないの?
    それにもう、その言葉は慣れました。

    「では」

    あたしは平和主義。無駄に一騒動起こす前に帰りたいんだけどなぁ…

    「おい、行くなよ」
    「金貰うまで帰さねぇぜ?」

    不良はまだあたしの前に立ちはだかった。
    しつこいなぁ…でも、今日は初春や蓮君が居ないから…

    「さあ、金くれ………

    不良の言葉は途中で終わった。
    だって蓮君が殴っちゃったんだもん。

    「お前等、何日向に手ェ出してんだよ!」
    「何かされた!? 日向」

    異常に過保護な私の親友達は急に現れた。
    ちなみにさっきの殴り飛ばされた不良サンは顔に青い傷を作って地面に倒れこんでいた。
    蓮君は強いからなぁ〜

    「別になれもされてないよぉ〜」

    だってお金目当てだし。
    何より、あたしに傷つけたらお父様とお母様、それにお兄様と初春と蓮君が何するか分からない。
    もっとも、この人達は初春と蓮君とあたしが友達ッてコト知らないみたいだけど。

    「よぉし、待ってろ日向。俺がボコボコにしてやる」

    蓮君は指をポキポキと鳴らした。怖い!
    何かいつものおちゃらけ蓮君とは違うんだよね、こういう時。
    雰囲気ってういうかオーラッていうか………

    「ま、待って! 別に何もされてないし…帰ろ?」

    初春も何故か持って居る竹刀を振り回してたけど、あたしが声をかけるとやめてくれた。
    無駄な騒ぎは起こしたくないし、家族に心配かけたくないし。

    「………ウン」

    初春も蓮君も「日向が言うなら」と諦めてくれた。
    良かった〜っていうか何で初春は竹刀持ってるの?
    とにかく、不良はさっき殴られた人を抱えてスゴイ早さで走って行った。いや、逃げて行った。
    やっぱり、初春と蓮君は恐れられているなぁ〜
    なんていったって【卯月蓮】、【花崗初春】の名前は街だけに留まらず市までにも届いているからなぁ。
    とにかくあたしが会う前の中学は悪かった!
    今はまだマシだけどね。



    「というか、何で分かったの?」

    あたしは二人にお礼を言って聞いた。
    どうして休日なのに私の居場所が分かったのかなぁ。
    まさか…ストーカー!?

    「ああ、この子。雨宮紗鳥のおかげ」
    「ハイ」

    初春の後ろから茶色よりもクリーム色の方に近い髪の色の子が出て来た。小さめでとても可愛らしい。あたしよりも小さいかもしれない。
    えーっと、雨宮紗鳥ちゃん?

    「コイツは超情報通なんだよ」
    「ハイ」

    超情報通か〜蓮君が言うんだし相当情報通なんだろうな。
    ああ、それで分かったのか。
    紗鳥ちゃんを通じて知ったのね。

    「紗鳥は意外とケンカ強いんだぜ?」

    へー…この子が…意外!!
    でもさっきからハイしか喋ってない……

    「あ、そうそう。コイツ、明日転入して来るから」

    蓮君が言った。初春はニコニコ笑ってる。
    あたしはちょっとビックリしたけど、こんな子が学校に居たら楽しそう!
    意外と明日が楽しみになって来ちゃった!……だけど……
    生徒会長の厄介のタネが増えそうだね。

    *−*−*−*−*−続く*−*−*−*−*
  • 6 アリス id:v9Oo6a8.

    2011-08-24(水) 20:43:46 [削除依頼]

    *登場人物*

    *雨宮紗鳥(あめみや さとり)
    無口でほとんど感情の無い子。
    泣いてると思えば目薬で、笑ってると思えば口を緩ませてるだけだったりする。
    超情報通で初春と蓮と昔関わりがあったらしい。
    とても小さいがケンカに強い。

    *立山菜月*(たちやま はづき)
    よく蓮とおちゃらけて居る男のコ。
    女の子らしい名前で顔も女顔だが女の子っぽいと言われるのがキライ。
    日向にベタ惚れで女たらし。サッカー部。
  • 7 アリス id:GRFA7eQ1

    2011-08-25(木) 09:53:39 [削除依頼]

    第三話*転入生!!

    「じゃ、転入生入って来て〜」

    鳴海先生の声で教室の扉が開いた。確か、雨宮紗鳥ちゃんだよね?

    「雨宮紗鳥ちゃんよ。皆、仲良くしなさいね」
    「…………宜しくお願いします」

    紗鳥ちゃんはそれだけ言うとペコッと礼をした。ほんっと、あんまり喋らないんだね。

    「雨宮さん! ちょー可愛いです、カレシーーーゴスッ−−−−…………」

    立山葉月君。同じクラスなんだけど…ナンパ癖があって可愛い子を見つけたら直ぐに色々聞いてくるんだ。
    初春曰く変態。別にそうは思わないんだけど…
    だって人見知りしなくて済むじゃん?
    あたし、人見知り酷いから昔から困ってたんだ…
    兎にも角にも、立山君はさっきの質問により初春に蹴られて床で気絶してる。
    どの位の強さで蹴ったのかな…初春……

    「雨宮さんの席は……其処よ」

    鳴海先生が指差したのはあたしの隣。
    ちょうど何故か空いてる席で、1人でちょっと寂しかったんだけど……
    紗鳥ちゃんが座ってくれるならラッキー! この際色々話しかけちゃお!



    …………ッて思ったんだけど……

    「……あ、あの、あ、あ、雨宮さ、さ、ひゃとり…キャア! 噛んじゃった! えっ、えっと……さ、紗鳥ちゃん!!!」
    「………ハイ」

    休み時間。早速話しかけようと思ったんだけど……

    人見知り勃発!

    どうしよう、めちゃくちゃ噛んじゃった〜………
    うぅ……後もう少ししたら多分、お決まりの【転入生質問攻め】が始まるよ〜ッ!
    紗鳥ちゃんも冷静すぎるし……昨日会ったのに……

    「ね、何処から来たの?」

    ほら、やっぱり。
    あたしが必死に話しかけたのも虚しく、同じクラスの子に掻き消された。
    その子を合図に次々と色んなクラスの子がやって来る。

    『前、どの学校だった?』
    『どんな学校ー?』
    『ねえ、ねえッ!』

    紗鳥ちゃんの周りに次々と人が集まって来る。
    一気にここら辺はガヤガヤしてる。勿論、男のコも居る。
    だけど唯一の助けは立山君が外に行ってるッてコト。

    「……………………」

    でも、紗鳥ちゃん何も喋らないんだ。ずっと無口で無表情で。

    『………チッ、何コイツ』
    『シカトすんなよ』

    無視されて気を悪くしたクラスメイト達はまたまばらに何処かに行った。
    やった、チャンス!

    「あ、あの! 紗鳥ちゃん……

    ーーーーキーーンコーーンカーーンコーーン………

    うわ、最悪。
    もう休み時間終わっちゃったよぉ〜
    よし、明日こそは〜!!!

    ティラリラリリン
    [日向は根気が3UPした]

    *−*−*−*−続く*−*−*−*
  • 8 アリス id:u/kD486.

    2011-08-27(土) 18:57:25 [削除依頼]

    第四話*生徒会が足りません!

    「会長!」

    PM14:00分。
    私、有栖川日向は生徒会室に居ます。
    今はお昼休みの時間。皆は遊んでても、私達生徒会は働かなければいけません。
    おいうワケで今日も一生懸命働いてます!

    「おお、有栖川。終わったか?」

    この人は雲仙斎宮。この学校の生徒会長です。ちなみに私は書記と会計をしています。
    私が二役やっているコトで分かる様に……生徒会メンバー、足りてません!
    実はこの生徒会、全然足りてなくて……本来なら五人必要な生徒会には2人しか居ないのです!
    私が書記と会計、会長は生徒会長の役割をやっていますが……生徒会総選挙の時期にある事件が起きてしまって上手く集まらなかったのです。
    とりあえず、大切な書類を会長に渡したトコロです。

    「では、今日の会議を始める」

    会長は書類を受け取ると自分の席に着いて会議を始める宣言をした。
    そんな宣言したって、私しか居ないんだけどね。

    「……今回の議題は……」

    流石に会長も議題が無くて困ってるらしい。そりゃあ、そうだよ。
    だってコレから行事も無いし、まだ部活勧誘会は始まってないし……
    あ、そうだ!

    「会長、どうやって生徒会メンバーを集めるか、考えませんか?」

    あたしは手を挙げて言った。だってそろそろ考えなきゃだし。
    今まではまだ何とかなったけど、コレからは多分そうは行かない。
    部活勧誘会が始まったら部費を担当してくれる会計が居るし、データをまとめる書記も居る。勿論庶務も。
    だけどあたしが会計と書記をいっぺんに両立できるワケがないんだ。
    だから、必要なんだよ、どうしても。

    「そうか……とにかく、会計だけは絶対必要だよな」

    そう、会計だけは。兎に角、副会長が集まらなくても庶務が集まらなくても会計だけは絶対的。
    でも……どうしよう……あ!

    「会長、部活勧誘会を利用したら……!」

    部活勧誘会だよ!
    実際は生徒会は委員会なんだけど、結局は生徒会が実行するし……
    部活勧誘会を委員・部活勧誘会にも出来るハズだし!
    私ナイスアイディア!

    「おお、それはイイなぁ!」

    会長の賛成も得られたし、多分お爺様もOKよね。
    お爺様はこの学校の理事長で、とてもフリーダムで……悪く言えばテキトーな人。
    それでも有栖川財閥を一人で完成させた、スゴイ人なの!!
    兎に角、お父様もお母様もお兄様も尊敬してるんだから。

    「じゃ、とりあえず解散」

    ーーガチャ。

    其処でピッタリ扉が開いた。勿論、初春と蓮君。

    「帰ろーぜ日向」
    「其処! 日向に何もしてないでしょーねェ……」

    ああ、ホント初春ッて過保護!
    あたしが溜息を着くと蓮君は仕方ないという顔をして居た。
    まあ、仕方ないよね。

    「兎に角帰ッぞー」

    蓮君が言って、あたしと初春が生徒会室を出た。
    あー、部活勧誘会楽しみになってきちゃったかも!

    *−*−*−*−続く*−*−*−*
  • 9 アリス id:UxtxAxY/

    2011-08-28(日) 00:41:54 [削除依頼]

    第五話*憎たらしくても助けます!

    「ピーーーッ、ちょっと待て、ソコォ! 余裕で遅刻だ!」

    今日もまた、生徒会長の笛が鳴り響く。
    あ、お早う御座います、有栖川日向です。
    勿論、今日も蓮君が真面目に起きて来るワケ無いんです。
    え、どうしてこんなに遅いかって?
    それは、蓮君が夜遅くまで起きてるからです。
    なんと、あの巷で噂の【モンハン】なるモノをして眠らなかった様です。
    さらに蓮君の睡眠時間は10時間はないといけないそうで。
    それだったら、尚更早く寝ればイイと思ってます、有栖川日向です。二回目です。

    「あーもーイーじゃないッスカ」
    「そーだ! この憎たら生徒会長!」
    「な、何ーッ! お前等、そんな言ってイイと思ってるのか!
    「あーッ! 生徒会長短期だー!」
    「そんなんだから、生徒会集まんないんだよーバァカ」
    「な、何故貴様等そのコトを知って居る!」

    あ、犯人はきっとあたしと紗鳥ちゃんだ。
    紗鳥ちゃんは情報通だし、あたしは生徒会だしね。
    確か、昨日集まらないとかメールで愚痴った様な……
    あ、もうそろそろ授業始まっちゃう!

    「初春、蓮君、会長、もう授業始まっちゃうよ! 早く!」



    結局あたしのあの一言のおかげで遅刻せずに済んだ。ギリギリセーフッてトコ。

    「うぁー……疲れたーー」

    五時限目。初春がそう呟いた……いや、叫んだか。
    椅子の上で大きく伸びをすると蓮君の方を向いた。

    「………zzZZ」

    蓮君はスヤスヤと眠ってる。唖々、カッコイイなぁ……
    あたしがポーッと見つめてると、先生の声が聞こえて来た。
    あたしは急いで前を向いて、先生の話を右から左へ流した。優等生
  • 10 アリス id:UxtxAxY/

    2011-08-28(日) 00:54:58 [削除依頼]


    第五話*憎たらしくても助けます!

    「ピーーーッ、ちょっと待て、ソコォ! 余裕で遅刻だ!」

    今日もまた、生徒会長の笛が鳴り響く。
    あ、お早う御座います、有栖川日向です。
    勿論、今日も蓮君が真面目に起きて来るワケ無いんです。
    え、どうしてこんなに遅いかって?
    それは、蓮君が夜遅くまで起きてるからです。
    なんと、あの巷で噂の【モンハン】なるモノをして眠らなかった様です。
    さらに蓮君の睡眠時間は10時間はないといけないそうで。
    それだったら、尚更早く寝ればイイと思ってます、有栖川日向です。二回目です。

    「あーもーイーじゃないッスカ」
    「そーだ! この憎たら生徒会長!」
    「な、何ーッ! お前等、そんな言ってイイと思ってるのか!
    「あーッ! 生徒会長短期だー!」
    「そんなんだから、生徒会集まんないんだよーバァカ」
    「な、何故貴様等そのコトを知って居る!」

    あ、犯人はきっとあたしと紗鳥ちゃんだ。
    紗鳥ちゃんは情報通だし、あたしは生徒会だしね。
    確か、昨日集まらないとかメールで愚痴った様な……
    あ、もうそろそろ授業始まっちゃう!

    「初春、蓮君、会長、もう授業始まっちゃうよ! 早く!」



    結局あたしのあの一言のおかげで遅刻せずに済んだ。ギリギリセーフッてトコ。

    「うぁー……疲れたーー」

    五時限目。初春がそう呟いた……いや、叫んだか。
    椅子の上で大きく伸びをすると蓮君の方を向いた。

    「………zzZZ」

    蓮君はスヤスヤと眠ってる。唖々、カッコイイなぁ……
    あたしがポーッと見つめてると、先生の声が聞こえて来た。
    あたしは急いで前を向いて、先生の話を右から左へ流した。優等生だって聞き流したいんだよ、たまには。 ?

    「では、帰ってイイぞー」 ?

    先生の許可が降りて、皆が『さよならー』とヤル気なくだらしなーく挨拶した後ゾロゾロと皆教室を出た。 あたし達は少し後に、蓮君を起こして教室から出た。

    ?*
    ?「ふぁーあ、ねみー」

    今日はお迎えを断った。まあ、たまには三人で帰りたいし?
    蓮君が欠伸してる。やっぱり早く寝れば良いのに。

    『おい……ぶつかったんだから謝れよ』

    ふと物陰に金髪のお兄さんを見つけた。誰かを脅して居るみたい。

    唖々、また不良か。

    そう思ってあたしは立ち去ろうとしたけど、不良に睨まれてる人が誰かと気づいてそうはいかなくなった。

    「会長!」

    あれは絶対会長だ。
    初春も蓮君も同じコトを考えてたらしく、顔を見合わせた。
    初春と蓮君はね?
    不良は不良でも、正義の不良なんだよ。
    まあ、見てれば分かるって。
    兎に角、会長は悪に屈するのが大嫌い。
    だから今も、

    「戯け。お前はなんて愚かなんだ」

    って、挑発してる。本人は挑発してる気なんて微塵もないんだろうけど。
    その挑発に乗っちゃう不良。会長に殴りかかった。その時……

    ガツン!と音がして不良はぶっ飛んだ。勿論、殴られたから。
    今回は初春がやったらしく、蓮君の横で「いぇーい」とか言って騒いでた。
    あっという間に不良は片付き……と言うか殆ど逃げ、さこに居るのは四人だけになった。

    「よお、会長さんよぉ……お前、不良に絡まれてヤンのぉ!」
    「あれ位倒せネェの?」

    あーあ、またやってるよ二人とも。
    せぇっかくカッコよく助けたのに……さ?

    「僕は合気道や格闘技を習ってるんだ! あんな奴らすぐに倒せる!」
    「じゃあ、何でやらねぇんだよ」
    「合気道はケンカなど野蛮なコトに使わない!」

    あらら、またケンカしてる。
    ……でも……
    会長が少し嬉しそうなのは錯覚かな? フフッ!

    *−*−*−*続く*−*−*−*
  • 11 アリス id:UxtxAxY/

    2011-08-28(日) 00:55:54 [削除依頼]
    すみません、>>10は間違えて書き込んでしまったモノです。 気にしないで下さい。
  • 12 アリス id:UxtxAxY/

    2011-08-28(日) 00:59:19 [削除依頼]

    【もしかしたら読んで下さって居るかもしれない皆様へ】(居ないと思うけど…

    明日から二日程、家の用事の為更新するコトが出来ません。
    ご理解の程宜しくお願いします。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません