私とみのり5コメント

1 MINO id:6ZA9oHw/

2011-08-21(日) 09:55:35 [削除依頼]
こんにちわ♪ 

MINOです^^

将来、小説家になりたいなぁと、思ってる

中1です。

更新遅れる事が多々だとは思いますが・・・

応援してください(^○^)/
  • 2 MINO id:6ZA9oHw/

    2011-08-21(日) 10:00:25 [削除依頼]
    私の性格を一言でいうと・・・ 

    ひとみしり。

    そんな私には友達という存在が、ひとかけらもありませんでした。

    そんな私の前にみのりと名乗る少女が現れました。

    みのりは風のようにあらわれ、風のようにいなくなる。そして、またあらわれ、いなくなる。

    そんな不思議な子でした。

    でも、もうみのりはいません。

    今から私が話すのは、みのりと私の不思議なお話です。
  • 3 MINO id:6ZA9oHw/

    2011-08-21(日) 10:05:13 [削除依頼]
    〜作者から〜
    すみません!さっそくですが、部活で中断します。
    また、今日中には更新したいな。と思っています!
    このつまらない小説を見てくれている方に
    ご迷惑をおかけします(_ _)く
    こんなことが多々ですが、決して投げ出すようなことはしません!
    しばらく更新がなかったら、忙しいんだなぁ。と、
    温かい心で見守って下さればMINOは光栄です★
  • 4 MINO id:6ZA9oHw/

    2011-08-21(日) 11:38:54 [削除依頼]
    久保まどか。  これが私の名前だ。

    私は『まどか』っていう名前が嫌いだった。

    私の周りの子は、みんなかわいい名前なのにね。

    『さくら』とか、『かえで』とか『みう』とか。

    「なんで、私に『まどか』なんて名前付けたのよ!」

    ちょうど反抗期にさしかかっていた私はお母さんに言葉をなげつけた。

    そのたび、お母さんは悲しい顔をして

    「まどか、その名前はね、天国に行ってしまったお父さんがまどかの産まれる前に何日も何日も考えてくれた大切な名前なの。そんなこと言ったら、お父さんが悲しむでしょ?だから『まどか』っていう名前を大切にしてほしいの。」

    あ〜聞き飽きた。いつまでも死んだお父さんのこと言わないでよ。

    私はそのたびにそう、心の中で思った。
  • 5 MINO id:6ZA9oHw/

    2011-08-21(日) 11:46:05 [削除依頼]
    私立薬師丸女子小学校を卒業したあと、私は薬師丸女子中学校へそのまま進む予定だった。

    なのに、卒業した一週間後、お父さんが死んだ。

    長年の持病が悪化して仕事先で倒れたのだ。

    家計が苦しくなった。

    お母さんがパート勤めになり、もちろん私立へ進学するお金などない。

    薬師丸中をあきらめ、公立の庄南中学校へ通うことにした。 

    私はそこで初めてのいじめを体験した。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません