。..・.。先輩【実話】。..・.。7コメント

1 ありす id:49YPO7a.

2011-08-17(水) 08:32:21 [削除依頼]
    何で先輩何かを好きになったんだろう。
    
    もし、私が他の人を好きになってれば
      こんなに辛い思いはしなかったのに。
     こんな悲しい思いはしなかったのに。
    
   でも私は先輩じゃなきゃ今の私はいなかったんだ。
       
           先輩
        私は今でも先輩の事が

          大好きです。
  • 2 ありす id:49YPO7a.

    2011-08-17(水) 08:43:22 [削除依頼]
    第一話***『入学式』

    「よしっ」
     中学校。今日から1年生。
    ザックには、文房具しか入っていない。
    「優梨愛〜?時間は大丈夫なの〜?!」
    お母さんは、お父さんのお弁当を作っていて
    忙しい。
    「あ、は〜い!!今行きますよ〜!」
     私は、2階から降りてリビングに行った。
    ピカピカの制服に着替えて行くと
    お父さんが新聞から目を離し、
    「お、優梨愛似合ってるぞー♪」
    ニコニコした、のんきな顔で言った。
    「ん〜・・・私はあんまりこの制服気に入らない…」
     紺のブレザーに赤のリボン・・・
    そして膝上の赤チェックのスカート・・・
    なんて、理想の話。
    本当は…
    紺のセーラー服にひざ下のスカート・・・
    真面目すぎるでしょぉ…はぁ・・
  • 3 ありす id:49YPO7a.

    2011-08-17(水) 08:55:17 [削除依頼]
    「でも・・・ありがとっ・・嬉しい」
    「お、おぉ、そうか」
     お父さんは、照れて新聞で顔を隠した。
    そして、記事ん内容をぶつぶつ言った。
     お母さんは、お父さんのお弁当を持って言った。
    「優梨愛、中学校生活初日。大切な日だから
     いい印象を皆に与えるのよ?」
    「・・・はーい」
    *7時30分*
    「そろそろ行くね。」
    私が見えなくなるまでお母さんは、見送ってくれた。
    「で、でかい…!」
     小学校とはくらべものにならないでかさ。
    緊張で固まっていると、
    「ん?優梨愛どうしたの?」
    「・・・でか」
    「・・千田優梨愛さーん」
    私があっけにとられていると、友達の茅菜が話しかけてきた。
    茅菜は、かなりのドジで明るい。
    「あ、茅野。おはよー」
  • 4 ありす id:49YPO7a.

    2011-08-17(水) 09:01:20 [削除依頼]
    「・・・どしたの?」
    茅野は、心配そうに私の顔を見てきた。
    「でかいね・・校舎。」
    「ぇ・・うん。だね…。」
    茅野は、私がくだらないことに驚いていたということ
    にびっくりしている。
    「入ろうよ。寒いし」
    茅野は、そう言って先に進んだ。
    「あ・・・かっこいい・・」
    私がそういうと茅野が「ん?」という顔で振り向いた。
    「あの人・・・かっこよくない??」
    「そうかな・・・さ、行こう」
  • 5 ユナ id:igcCrv3.

    2011-08-17(水) 09:11:51 [削除依頼]
    ★プロローグ★

    最初はあなたが嫌いで
    今はあなたが大好きで?
    近付きたくて近付いて
    近付いたらあのコとあなたの様子がよく分かって
    毎晩泣いて
    悲しくて
    悔しくて
    近付かなければよかった
    でも
    もう後には戻れない
    あたしの心についた傷を癒すコトができるのは
    あたしの心に傷を付けたあなただけ
    こんな悲しい想いをするなら
    あなたのことなんか好きなるんじゃなかった
    そう思ったけど
    でも
    それ以上にあなたが大好きだから
    あたしは今日も涙を流し続ける
    そして恋するの
    あなたにした恋が
    *涙恋*だから…ーーーー


    ザクザク…。
    小学6年生の少女がひとり、校庭を歩いている。
    「あぁ〜、疲れた。」
    昨日、修学旅行があったんだから、疲れないワケないよねっ!
    4時まで起きてたんだから!
    自業自得…かなぁ?
    でもつかれたっ!
    そう思いながら校舎へ入り、階段を駆け上がる。
    眠いよぉ…はぁ。
    なんで修学旅行の次の日に学校があるのよっっ!
    ひどすぎる!
    不機嫌になり気味だが、ガラリと教室の戸をあける。
    一番最前列の自分の机…にランドセルを置こうとして、気付く。
    「?」
    あれ…?
    あたしの机じゃない…???
    あ、そうか。
    修学旅行直前、席替えしたんだっけ。
    と、いうことは…。
    口に手を当て、ニヤッと笑う。
    少し後ろ側の自分の席に着き、ランドセルを置く。
    チラリと左を見る。
    そこにあるのは…大好きな、ヤノっちの机っっ!!!
    ユナは学校くるのが早いから、まだ来てないけど。
    でも、これからは、ヤノっちと隣♪
    ほんとの隣じゃない。
    ペアはヤノっちと真美。でも隣には変わりないもんね〜♪
    これから、楽しくなりそう☆
  • 6 ユナ id:igcCrv3.

    2011-08-17(水) 09:16:24 [削除依頼]
    ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!!!!!!!!!!!

    ユナ、とんでもない間違いをしました
    かきまちがえました!
    ここのスレ主さん、ごめんなさい
  • 7 ありす id:lZZzKvo1

    2011-08-17(水) 09:36:39 [削除依頼]
    ぁ、別にいいですよー^^
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません