Before Under  兵器=少女 41コメント

1 霧海 裂夜 id:6TN7SBv/

2011-08-16(火) 11:44:51 [削除依頼]

 永遠の命とはなんて残酷なものなんだろうね。

 体を生きたまま解剖されても、
 与えられるのは苦痛と恐怖だけ。
 『死』という楽園はいつまで経っても訪れやしない。
 
 火あぶりにされたって、
 一時的にやけどで醜い姿になるだけ。
 『死』という快楽は与えられることがない。

 永遠というものは、
 地獄以外の何物でもないのさ―――。
  • 22 霧海 裂夜 id:GKWiT7u.

    2011-08-28(日) 16:03:07 [削除依頼]
     敵の組織に疑われずに入りこむために特別に訓練された子供もいると聞いたことはあるが、この少女は何故だかそうは見えなかった。
     だが、ただの迷子というわけでもないのだろう。
     暗殺組織の所有する建物なだけあって、一般人が足を踏み入れることはない。道に迷って助けを求めてくる間抜けな奴が誰もいないというわけでもないが、基本的に人は寄りつかない。
     それに、ただの迷子が13階まで来るとは潤には到底思えなかった。
    「君は……」
    「そいつは『兵器』さ。上手く使えば、敵の暗殺組織を一掃することも可能だ」
  • 23 霧海 裂夜@超←重↓力↑ id:9fAYiS7/

    2011-09-02(金) 14:32:06 [削除依頼]
     答えたのは、少女ではなく老人――――『Under』のリーダーであった。
     黒いスーツを纏った老人は少女の頭を軽くなでる。
     潤にはその表情が祖父が孫に見せるものと寸分違わぬように見えた。
    「この少女が……兵器ですか?」
     どこをどう見ても潤にはその少女が兵器には見えなかった。
     ビー玉の様な純粋な緑色の瞳も、 腰まで伸びた茶色い艶やかな髪も、暖かみを帯びている。
     白いレースの付いたふんわりとしたワンピースの袖から覗く腕は細く、むしろ弱々しく見えた。
    「そうさ。これこそが『Under』の最強の武器だ。君にはこれを護ってもらいたい」
  • 24 霧海 裂夜@超←重↓力↑ id:9fAYiS7/

    2011-09-02(金) 14:50:09 [削除依頼]
     兵器。
     潤にはこの老人の言っている意味が良く分からなかった。
     次の仕事が兵器を護るという内容のものだということは潤も知っていたし、その兵器がもたらす惨状は先日見た写真でよく知っているつもりだ。
     だが、その兵器とこの少女の姿はどうしても結びつかない。
     こんな普通の少女が兵器? そんなこと、あるはずがない。
    「それは……冗談と受け取ればいいのですか?」
     潤は恐る恐る問う。
    「冗談? 私は本気だよ。これは正真正銘の兵器だ」
     潤は一瞬耳を疑った。
     この老人は本気でこの少女を兵器だと思い込んでいたのだから。
     馬鹿馬鹿しい。
     潤は心の中で呟いたが、決して口には出さなかった。
  • 25 霧海 裂夜@超←重↓力↑ id:9fAYiS7/

    2011-09-02(金) 15:00:51 [削除依頼]
     口に出せば、裏切り者として殺されかねないからだ。
     この老人に逆らってこの世から消された人間は数え切れないということは潤もよく知っている。
    「しばらくの間これを預かり、護ってくれればいい。これを狙おうとする組織がないとも言い切れんが、流血沙汰になることもほとんどないだろう」
    「そうですか……」
    「やってくれるな?」
    「はい」
     潤は不信感を抱きつつも老人の言葉に頷き、王に忠誠を誓う騎士のように即座に膝を折って頭を下げた。
     
  • 26 霧海 裂夜@超←重↓力↑ id:9fAYiS7/

    2011-09-02(金) 16:18:05 [削除依頼]



     「まさか新しい仕事がただの子守だったとは……」
     潤は呟き、がっくりと肩を落とす。
     本部から潤の住むアパートまで車で移動する間にいつの間にか後部座席で眠ってしまっていたらしい少女をクリーム色の革製のソファーに降ろした潤は、深いため息をつきながら畳の上に座った。
     10畳ほどの1LDKの部屋。
     この部屋は、『under』の監視下にある。
  • 27 むーたん(霧海とシャイターン混ぜてみた) id:9fAYiS7/

    2011-09-02(金) 19:40:23 [削除依頼]
     とはいえ、別に監視カメラがそこら中に設置されているわけでも見張り役がついているわけでもない。
     ただ、このアパートが『under』の所有物であるというだけのことだ。
     暗殺者という仕事柄、家にいる時間はあまり多くはないので家具は必要最低限しかない。
     テレビ、ソファー、冷蔵庫、テーブル。
     それだけしかないのだ。
     洗濯は近くのコインランドリーで済ませているし、あまり物もないから棚も必要ない。
  • 28 むーたん(霧海とシャイターン混ぜてみた) id:9fAYiS7/

    2011-09-02(金) 19:50:36 [削除依頼]
     名前的におかしなことになっていますが、スルーの方向で
  • 29 愛華 id:H0zpMDI0

    2011-09-02(金) 20:59:34 [削除依頼]
    むーたん、がんばれ〜

    といっておく…
  • 30 霧海 裂夜@其処に物語(Roman)は在るのかしら…? id:T3E4Z4m.

    2011-09-03(土) 17:51:40 [削除依頼]
    >愛華
     そしてまたまた元に戻りますた(笑)
     本日は純粋に普通の霧海〜♪
  • 31 霧海 裂夜 id:apTCj4g/

    2011-09-06(火) 18:09:23 [削除依頼]
    文化祭前(というかあと数日)なので更新をストップしています。
     本当にすみません。
     挫折ってわけじゃないのでご安心を(笑)
  • 32 霧海 裂夜@明日はサンホラライブ♪ id:KMII7Ci/

    2011-09-16(金) 19:40:52 [削除依頼]
     潤は深い溜息を吐くと、ソファーの上で眠る少女に視線を移す。
     茶色い艶のある長い髪、白いレースの付いたふんわりとしたワンピース、整った顔立ち、これらは潤に外国製の人形を想像させることはあっても兵器を想像させることはない。
     勿論、上司の言ったことを疑っているというわけではない。
     だが、信じるのは難しかった。
     先日見せられたあの写真を潤は想い出す。
     あの写真には、目を背けたくなるような光景が映っていた。どこかの会社の会議室だろうか? 白い床の上に何人もの人が折り重なるようにして横たわっていた。 
  • 33 三枝 涼雅 id:fr55w1f/

    2011-09-18(日) 21:00:23 [削除依頼]
    久しぶりにこちらに来た…

    と、君の小説を皆に見せるべくあげる。
  • 34 霧海 裂夜@sound horizon kingdom id:Tk2Ds/B.

    2011-09-19(月) 19:21:09 [削除依頼]
     こんなの皆に見せても……ね?(笑)
     うん、でもありがと。

     p.s そのうちこれのイラストでもupしようかなー
  • 35 びび id:JKZmntb.

    2011-09-21(水) 23:29:47 [削除依頼]
    こんにちは
    感想+αを書きにきましたびびです
    早速依頼の方へ

    〈感想〉
    まだ序盤なのでなんともいえないのですが、面白くなりそう、ですね。
    ただ、これまた、序盤なせいかもしれませんが人物にあまり共感できませんでした。
    これは現実にそって書いていないせいもありますが、潤くんは他の世界の住人という感じで、なんだか少し寂しいです。彼ならどうするかを深く考えるようにするともっとよくなるかもしれません。
    少女気になりますねー頭の中に顔が浮かんでむふふ、となってるびびです。人物描写お上手ですね。あ、びびは変態じゃないです、かわいい子がすきなんですよ?
  • 36 神無月 id:JKZmntb.

    2011-09-21(水) 23:39:06 [削除依頼]
    あああ、ごめんなさい。
    書き途中で投稿しちゃいました。本当にごめんなさい

    〈続き〉
    あと気になった点が一つ。
    老人(リーダー)が少女のことを兵器だとじゅんに説明している場面。
    彼らが話していたあいだ少女は何をしていたのでしょうか。
    突っ立っていたんですか?
    なんらかの反応があってもいいのではないかな、と思いました。
    もし、ただ立っているだけならそれはそれで描写がほしいかな、と。

    以上で終わります
    ただ、レベルが高い作品でしたので、ほとんど気にならないところまで指摘させていただきました。
    びびの言葉を鵜呑みしないで、こういう見方もあるんだな、程度にみてください。
    最後に、何かあればびびの感想兼アドバイスまで。
  • 37 霧海 裂夜 id:.8XbVsS1

    2011-09-22(木) 22:11:53 [削除依頼]
    >びびさん
     的確なご指摘ありがとうございます。
     参考にさせていただきます。
  • 38 霧海 裂夜 id:ZSfXrNn0

    2011-09-23(金) 12:52:37 [削除依頼]
     苦痛に歪んだ顔。
     無残な程紅く染まった衣服。
     あれをやったのは本当にこの少女なのだろうか―――?
     普通のその辺にいそうな感じの少女と服装以外は大して変わらない様に見えるこの少女が――――?
     潤は腕を組み、眉間に皺を寄せる。
     考えても分からないようなことを考えることに意味はない。
     だが、考えずにはいられないのが人間の性であった。
    「んー……」
     潤は険しい表情をしたままテレビのリモコンへと手を伸ばす。
     丸いテーブルの下に無造作に置かれたリモコンは潤の手がギリギリ届かない場所にあった。
  • 39 霧海 id:WcZTrOM0

    2011-10-14(金) 19:38:26 [削除依頼]
     テストや修学旅行などで更新のできない状態が続いておりますが、修学旅行が終わり次第更新します。
    (テストはよかったのでパソ禁はま逃れました)
  • 40 愛華 id:P.Wu4T81

    2011-10-14(金) 21:17:56 [削除依頼]
    テストよかったん?
    おめでとー

    あたしは人生初の3ケタとっちまいましたよ(あはは
    笑い事じゃないけど。

    まぁ、中間がんばればなんとかなりやすけどなww
  • 41  S.M id:SaYmC7d0

    2012-01-06(金) 17:00:32 [削除依頼]
    運悪くこの小説を見つけてしまったorz
     ……というわけでこれもすすめようか(笑)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません