(●^o^●)100人目の彼氏(●^o^●)51コメント

1 恋キュー@柚佳 id:JoYbfub.

2011-08-06(土) 20:11:12 [削除依頼]
登場人物

☆鈴木柚佳(すずき ゆか)主人公
☆高橋祐樹(たかはし ゆうき)
☆友達のともみ 梨美(りみ)
  • 32 あいみ id:V7lpZn60

    2011-08-26(金) 21:31:35 [削除依頼]
    私も、テニス部で、●●●●南小に、通っていました。
    なんか、そっくりで、びっくりしました。
  • 33 恋キュー@柚佳 id:qiUiPy..

    2011-08-26(金) 21:33:17 [削除依頼]
    あいみsコメありがとう(^O^)/
    何年生ですか?
  • 34 恋キュー@柚佳 id:qiUiPy..

    2011-08-26(金) 21:34:29 [削除依頼]
    恋キューもテニス部です(●^o^●)
  • 35 あいみ id:qVevhU50

    2011-08-30(火) 10:05:16 [削除依頼]
    私は、中2ですよー(^o^)
  • 36 恋キュー@柚佳 id:lBmhMuP0

    2011-08-30(火) 20:55:17 [削除依頼]
    中二かあ!!
    恋キューの一つ年上だね☆
  • 37 璃紗 id:BYJb7kr.

    2011-08-30(火) 20:58:08 [削除依頼]
    はじめまして!
    おもしろいですね!!!!

    がんばってください
  • 38 恋キュー@柚佳 id:lBmhMuP0

    2011-08-30(火) 21:10:03 [削除依頼]
    「お〜!柚佳!!」

    ビックリと目を見開いて葵は驚く。

    柚佳は「偶然だね!」と言いながら、

    かごの中に入っている荷物をとりだす。

    ちなみに葵は同じ東小だった。

    偶然に通っているダンス教室が、

    一緒なのだ。

    「もしかして、葵も昼寝してた?」

    もしかして自分と同じように葵も昼寝を

    していたのか思った。

    葵は自転車の鍵を抜きながら、

    「そんなわけないじゃん!!柚佳でも

    あるまいし!!」

    「そんなことないし〜」

    どうして葵にはわかるのか?

    いつもそう疑問に思う。

    葵は鍵を抜き終わると、

    「ちょっとね、衣装に絵具がついちゃってさ〜」

    ホレと衣装の端についた、緑色の絵具を見せた。

    「うわっ、バカじゃないの〜!!」

    プッっと笑いながら、バカにしたように

    葵を見る。

    「しょうがないじゃん!!だって、ポスター

    描いてたんだから!!」

    「どうして衣装につけるかな〜!!やっぱ、

    バカだね〜!!」

    「そう言う柚佳だって、口の横によだれ

    の跡がついてるヨ〜」

    「えっ!?うそ!!」

    柚佳は口の横に手を当ててみる。

    「うっそぴょ〜んっ!!」

    「この葵!!」

    そう言って葵は逃げ出し、

    柚佳はそれを追うのだった……
  • 39 恋キュー@柚佳 id:lBmhMuP0

    2011-08-30(火) 21:11:33 [削除依頼]
    璃紗s

    コメありがとう!!

    恋キューはがんばります(^O^)/
    よんでくれてありがとう!!
  • 40 RIA id:.JRld4i/

    2011-08-30(火) 21:57:44 [削除依頼]
    恋キュー、久しぶり!!
    今日携帯からメールしたけど来てない?

    旅行先のPCでコメしてんねん♪

    更新がんばっ!!!!!

    いつでも、応援しているぜっ☆
  • 41 恋キュー@柚佳 id:lBmhMuP0

    2011-08-30(火) 21:59:32 [削除依頼]
    RIA

    ありがとう!!
    メールきたよぉ(^O^)/
    RIAもガンバっ!!
  • 42 RIA id:0fNG7BA0

    2011-08-31(水) 09:03:31 [削除依頼]
    またメールする!!

    明日始業式やな・・・テスト勉強出来た?
  • 43 コロン id:gC12BiU.

    2011-08-31(水) 16:56:02 [削除依頼]
    やっほー!
  • 44 麻美 id:NDWO1gO1

    2011-08-31(水) 17:19:18 [削除依頼]
    面白い!!! 

    質問です!!

    主人公たちは何歳ですか??

    これって、ホントの話???・・・・なわけないよね??
  • 45 恋キュー@柚佳 id:4x8F3./.

    2011-08-31(水) 20:32:54 [削除依頼]
    コロン

    ヤッホー!!

    麻美

    ありがとう!!

    主人公たちは中2だよ(●^o^●)
    ちなみにこの話は少しだけ本当の話がはいってる
  • 46 恋キュー@柚佳 id:1Rf0.0X/

    2011-09-04(日) 18:53:21 [削除依頼]
    そのまま葵を追いかけて行ったら、

    もう森小の校門にはいっていた。

    まあ、さすがに5時から祭りが始まるので

    人は少ない。

    いるのは、店の準備をしている人だけ。

    「葵〜!!ってあれれ……」

    どこ行ったんだろうと柚佳は辺りを見回す。

    すると、後ろから5.6人の女の子の声が

    聞こえてきた。

    「柚佳〜!!こっちこっち」

    手を振りながらこっちに近づいてくるのは

    柚佳とおなじダンス教室に通っている友達だ。

    「あっ、みんな!!」

    柚佳がみんなの所へかけていくと、

    みんなはもう衣装に着替えていた。

    「柚佳〜遅いよ!!もうみんな着替えちゃったよ」

    「えぇ〜!?早っ」

    「違う違う〜柚佳が遅いだけ」

    「あっ、そうか!!じゃあ着替えてくるね」

    そう言って柚佳は森小の教室で着替えようと

    校舎に入っていった。

    3階もある階段を柚佳は軽々と駆け上がっていく。

    怪談ダッシュはもう慣れっこだ。

    テニス部で雨の日にいつもやるからね。

    そうやって、上がって教室に入ろうとする。

    しかし、鍵がかかっていて開かない。

    「えっ、どうしよう。鍵かかってるよ〜」

    柚佳はすべての教室の鍵を確かめた。

    でも、どの教室も開いていない。

    「どうしよう。どこで着替えよ?」

    そう言いながら最後の教室『準備室』

    のドアを開けようとした。

    ガチャっ!!

    「あぁ!!開いた!!」

    ラッキ〜よかった!!

    らんらんらんと柚佳は準備室に入っていく。
  • 47 恋キュー@柚佳 id:1Rf0.0X/

    2011-09-04(日) 18:59:36 [削除依頼]
    ≪第二話≫準備室にて

    柚佳は準備室で着替えようと服をぬいだ。

    窓を見ると、まだ青い空だった。

    ミンミンゼミが鳴いていて暑苦しい。

    「ふぅ〜っ、あっつ〜!!」

    もう、こんな暑いのいやだなって

    つくづく柚佳は思う。

    今日のダンスだって、踊ってたら

    絶対暑いよね。

    はぁ〜早く秋にならないかな。

    そんなことを思いながら柚佳は上の

    衣装を着ようとする。

    すると、

    ガラっ!!!

    「……ん!?お前誰だ?」

    「きゃっ!!」

    それは大きな箱を抱えた背の高い男子だった。
  • 48 恋キュー@柚佳 id:JySqOz91

    2011-09-05(月) 18:46:59 [削除依頼]
    えぇ〜男子!?どうしよう!?

    柚佳はすかさず棚の後ろに隠れた。

    すると、男子はきょろきょろ目を動かしている。

    「(どうしよう!!男子だよぉ……。よしっ、

    このまま逃げるか!!)」

    そのとき

    ガタっ!!

    「(やっちゃた〜!!)」

    柚佳は逃げるときに、棚に当たって音が鳴って

    しまった。

    すると、男子はその物音に気がついたようで

    「誰だ!?早く出てこいよ!!」

    と言って、柚佳のいる棚を覗き込んだ。

    それは、祭りが始まる前の出来事だった。
  • 49 綾香 id:mXP6Cmr.

    2011-09-05(月) 18:51:10 [削除依頼]
    面白い!
    頑張ってください♪
  • 50 恋キュー@柚佳 id:JySqOz91

    2011-09-05(月) 18:56:26 [削除依頼]
    綾香

    コメありがとう〜(●^o^●)

    言葉の通り恋キューがんばります!!
  • 51 恋キュー@柚佳 id:OeAZzAG/

    2011-09-11(日) 19:04:38 [削除依頼]
    「きゃっ!!」

    「っ!?ごめんっ」

    その男子は柚佳のシャツを見てしまったようだ。

    すっと男子は後ろを向く。

    柚佳は早く、早くと衣装に着替える。

    「……お前、知らない奴だな」

    ぼそぼそと男子はつぶやく。

    「私だってあなたのこと知らない。

    君名前は?」

    「高橋祐樹……」

    へぇ〜〜、弟の祐希とおなじ名前だぁ

    「お前は?なんていう?」

    「鈴木柚佳……今日はここにダンスしに来たんだ」

    「踊るのか?でも、なんでここに?」

    フイッと柚佳は下を向くと、

    祐樹は「あっ、ゴメンッ」っと一緒に下を向いた。

    すると、その時!!

    ガチャ!!

    「……おい誰だ〜〜、勝手にはいってきた者は!!」

    「っちょ!!ヤベッ、先生だ!!」

    すると、祐樹はギュっっと柚佳を抱えて

    静かに隠れていった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません