私の隣で....笑って?12コメント

1 千鶴 id:kYu/Fo70

2011-08-05(金) 09:50:51 [削除依頼]
ねぇ?何で?

何で貴方はいつもそうなの?

自分で勝手に全部決めちゃって……

どうして私をいつも悲しませるの?

「ずっと隣に居てやるから」

貴方はそう言って優しく抱きしめてくれた。

なのに何で……何で隣に貴方は居ないの?

何で私を置いて、先に逝ってしまったの?


   ーーーー ねぇ、何で? −−−ー
  • 2 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 09:54:20 [削除依頼]
    はいはいはいww
    切ない恋を舞台にかきますよぉ☆

    宮野神那(ミヤノカンナ

    黒木圭斗(クロキケイト


    ーーー見知らぬ誰かとの………初めての恋ーーー
  • 3 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 09:56:42 [削除依頼]
      ーー   昭和25年 春  −−

    まだ第二次世界大戦が終わって間もない頃のお話……
  • 4 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 10:00:06 [削除依頼]
    「神那ぁ〜!これおばさんの家に持っていってぇ〜」

    家の中庭で桜の木を見ていた私、宮野神那は母さんに

    面倒事を頼まれてしまった。


        でもこれが、『彼』との出会いでした


       ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 5 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 10:06:31 [削除依頼]
    「はいはい、分かりましたよ。」
    私はそう言って、大きなスイカを渡される。
    私が住んでいる所は京都………。
    幸いわたしの家は焼けなかったけど、おばさんの家は少し被害を受けたらしい。
    だから、心配した母さんが私を使ったってわけ。

    私は、そんな事を思いながら思い思いスイカを抱えておばさんの家に向かっていた。

    「あぁ、何でこんなに重たいのかなぁ〜」

    文句を言いながら、急な坂を上っていると……


    「神那ちゃ〜ん!!」

    聞き覚えのある声が聞こえて、後ろを振り返ると…


    「勝さん!」

    手紙運びをしている勝さん。こと、勝川さんが立っていた。
  • 6 ぴーさん id:jP2k.VL1

    2011-08-05(金) 10:07:32 [削除依頼]
    千鶴〜〜〜^^
    やったぁ!!新しい小説だ!!
    おもしろそう♪
  • 7 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 10:40:17 [削除依頼]
    >>ぴー
    有難う><こーしん頑張るね!
    私飽き性だからすぐ新しい小説作っちゃうんだよねw
  • 8 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 10:43:50 [削除依頼]
    「神那ちゃん!これ君に届いてたよ、」
    そう言って勝さんは、一通の手紙を渡してくれた。

    手紙の表を見てみると、

    ーーー見知らぬ貴方へ、黒木圭斗よりーーー

    「何これ?」

    しかもこの……黒木って人私知らないし……

    誰だろうこの人……。
  • 9 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 12:33:04 [削除依頼]
    私は手紙のことが気になってしまい、さっさとおばさんにスイカを届けて家に帰った。そして……

    黒木圭斗とか言う人から来た手紙を恐る恐る開いた。

    ーーーーーーーーーーーーー

    こんにちは、僕の名前は圭斗です。

    広島県に住んでいる16歳です。

    貴方は二年前、広島に来ませんでしたか?

    僕は、二年前に貴方を見て以来、ずっと気になっていまして、

    この手紙を書きました。

    くだらないと思ったのなら、捨ててもかまいません。

    しかし、少しでも……少しでも気になってくださったのなら、

    返事をくださいませんか?急にすみません……。


          黒木圭斗
    ーーーーーーーーーーーーーーー
  • 10 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 12:55:00 [削除依頼]
    「なんだ、これ……二年前……そういえば、広島に親戚が居るとか言って、

    母さんと広島に行った…。てか、こんな人と会ったけ?私」

    そんな事を思いながら、なんとなく手紙を捨てるのももったいなくて、

    わたしはこの人に返事を書くことにした。
  • 11 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 13:02:49 [削除依頼]
    ーーーーーーーー
    初めまして……、黒木さんの手紙読みました。

    私は京都に住んでいます。貴方と同じ16歳です。

    広島と京都……結構遠いのですね。

    黒木さんが言ったように、私は二年前母と広島に行きました。

    広島は、原子爆弾が落ちたそうですね……。

    黒木さんは無事でしたでしょうか?本当に、広島の事を思うと

    胸が締め付けられます。


          宮野神那

    ーーーーーーーーーーーー
    「よしっ!かけた!」

    私は、今思っていることをすべて手紙に書き記した。

    二年前に広島に行ったとき……焼け野原を見て私は唖然とした。

    広島という地で、こんな事がおこっていたなんて……

    胸が痛んだ。

    この人も広島の人だったから、本当のことをかけたのかもしれないな。
  • 12 千鶴 id:kYu/Fo70

    2011-08-05(金) 13:09:34 [削除依頼]
    * * * * * * * * * * * * * *

    「圭斗くーん、お手紙来てたわよ。」

    僕が病院のベットに寝ていると、看護婦さんの人が、

    僕に手紙を渡してきた。

    表面を見ると、

    ーーー黒木圭斗様、  宮野神那より −−−


    「返事が来た!!」

    僕は嬉しくて嬉しくて心臓が止まりそうだった。


    名前……神那…って言うんだ……。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません