君が空から降ってきた。1コメント

1 ☆かな☆(元かなぽん、かっちん) id:T4iodYB/

2011-08-04(木) 16:35:54 [削除依頼]
読んだら感想お願いしますね!


君と会ったその日、俺はランニングをしていた


「うまそうだなー、ソフトクリームみたいだぁ!」
俺は、空の雲を見て思った。

「おっ、あれはハンバーガーかぁっ!?」
次々に雲を見ていくと、空からこっちにだんだん迫ってくるものがあった。

「隕石ぃ・・・!?やっべー逃げねぇと!」
こう言っているが、好奇心で逃げれなかった。
「人間?」
そう思った途端、俺は気を失った。


何時間寝たのだろうか。目を覚ました俺は窓を見た。というかここはどこだ・・・?

「あっれー?キミ起きたんだぁ!!ごめんねぇ、気絶させちゃって。」
テヘ、とかわいらしく君は笑うとなぜ空から降ってきたのか、その理由を述べ始めた。

「ボクはねー、魔界のレイン学園の学生なのぉ。ホウキにのって完璧になれるように練習してたんだけどぉ。落っこっちゃって☆」

あらゆるところで、俺はチンプンカンプンになった。

ボク?魔界?レイン学園?ホウキにのって練習!?
もう一回気絶しそうになった。

「あ、ボク、リート・デュレン!どっちで呼んでもOK!女だよ☆ボクって言ってるのはぁ、深い意味はないかなっ!フフフ☆」
デュレンは美少女で、髪は金髪でロング。ただの外国人に見える。

「キミはぁ?」
「お、俺っ!?俺は佐元春哉(さもとはるや)。高1。男。」
「春哉ァ?かっわいー名前!よろしく春ちゃん☆」

美少女に春ちゃんと呼ばれドキドキしている俺。
かわいく微笑む美少女。

―それにしても、いつデュレンは帰るのだろうか?まさか・・・

「あ、春ちゃん!今日から家に泊めてね☆」
やっぱりーーーー!

俺が悩む日は・・・続く。
このスレには、まだレスがありません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません