Forever cherryblossom6コメント

1 蒼井美空。 id:veUFe6P0

2011-07-31(日) 13:58:38 [削除依頼]
    prologue
この世界は、6つの種族に別れていた。
大きな翼を持っていると言われている“天族”
最も科学が進歩している種族“光族”
封印の力を持つ“地族”
黒魔法を使える唯一の種族“魔族”
水の中で生活していると言われる“水族”
炎神グングニルの使者“炎族”
この6つの種族は共に共存しあっていた…だが
数年前突然“魔族”が次々とほかの種族の人々を
黒魔法で殺していった。
それがきっかけで今6つの種族は
戦争を起こそうとしている。
その戦争を止められるのは、かつてこの世界を救った
勇者達だけだという・・・しかしその勇者達は
今この世には存在しない……。
  • 2 蒼井美空。 id:veUFe6P0

    2011-07-31(日) 14:04:17 [削除依頼]
      -はじめに-
    初めまして、あるいはお久しぶり(だと思う)です。
    蒼井美空。(あおいみく)です。
    今回もファンタジー系を書かせて頂く事になりました。
    ええ…実はずっと前同じ題名の小説を書いていたんです
    …はい。
    まあその話とは真逆なファンタジー系です!(今の所
    必要だったか?)
    まあとにかく!!頑張っていこうと思いますので
    暖かい目で見守って下さい。
  • 3 蒼井美空。 id:veUFe6P0

    2011-07-31(日) 14:16:10 [削除依頼]
      主な登場人物紹介

    *サクラ
    どこの種族にも属していない
    普通の女の子。
    正義感が強く、仲間を何より大事にする。
    二刀流剣士で剣の腕前は一人前。
    数年前、魔族に家族を殺されたのが
    キッカケで旅を始める。

    *レオ・バスクーダー
    炎族に属している。
    炎を操れる能力と、炎の大剣を
    使っている。
    仲間を一番に考えている。(特にサクラを)
    サクラとは城下町で出逢う。

    一応今はここまでです!
    まだまだキャラはたくさん出てきますよ☆
  • 4 蒼井美空。 id:veUFe6P0

    2011-07-31(日) 19:37:28 [削除依頼]
          第一章
        -自然破壊計画-
    「ここが…城下町!!
    すっごく綺麗!超都会だ!」
    二本の剣を腰にぶら下げた少女サクラは
    小さな城下町に目を輝かせていた。
    この小さな城下町の名は“ベルン”
    城下町にしては小さいが、実はこの町、世界的に有名な城下町なのだ。
    その理由は、世界に数個しかないと言われている
    大きな闘技場があるからだ!
    だから毎年この町には多くの剣士や魔法使い。
    種族に属している者達が集まってくる。
    その中の一人がこの少女サクラなのだ。
    「あ、君!闘技場に出る子だね?」
    鋼の鎧を着た男の人だ…!
    ますます城下町っぽくなってきた!
    「はい!エントリーナンバー48番!
    二刀流剣士のサクラです!」
    鎧を着た男は分厚い本を開き
    その本の隅々まで見ていた。
    「…うん、エントリーナンバー48番の
    二刀流剣士サクラさんであっているようだね。
    闘技場はここから東に進んだ所にあります。」
  • 5 蒼井美空。 id:gLyPzaN1

    2011-08-01(月) 21:44:22 [削除依頼]
    「はい!有難う御座います。」
    私は深々と鎧の男に礼をして
    東に向かっていった。

    --------------闘技場
    『さあ!みなさんお待たせしました。
    ただいまより、第152回闘技場大会を
    開催いたしま〜す!』
    「わぁぁぁぁぁぁああああああああああ!」
    観客席には空いてる席は一つもない。
    去年より客がいっぱいいる…何でだろ?
    『では早速始めていきましょう!まず第1回戦目!
    召喚系魔法使いサエラVS地族の期待の星オーギュスト!』
    地族対召喚系魔法使い?!
    そんなの地族が勝つにきまってるよ…。
    だって地族は封印の力を持ってて、召喚系魔法使いは
    悪魔を召喚する魔法使い。
    その悪魔を封印されちゃったらもう終わりだよ〜。
    しかしサクラの予想は大幅に外れた。
    召喚系魔法使いのサエラが召喚した悪魔は封印されたが
    サエラは短剣を持っていてその短剣で地族のオーギュストを
    こてんぱんにして結果サエラが勝った。
    『それでは第10回戦目!
    二刀流剣士サクラVS召喚系魔法使いサエラ!』
    私は10回戦目まで勝ち残りいよいよあの
    サエラと戦う時がきた。
  • 6 蒼井美空。 id:4oL/Dwn.

    2011-08-02(火) 15:52:50 [削除依頼]
    『ではバトルスッタァット!』
    ゴングの音が鳴り響きそれと同時に観客席の熱気が
    より上がった。
    「出でよ、炎の使者ファイヤーバード!」
    炎の使者ファイヤーバード…またの名を“炎不死鳥”
    私の魔剣とは相性が合わない悪魔だ。
    私は腰にぶら下げた刀を鞘から抜き出した。
    「・・千年桜魔剣技、桜吹雪!」
    私が刀を振り下ろすとファイヤーバードを
    桜の花びらが包み込みファイヤーバードは
    何も見えない状態になっている。
    その隙にサクラはファイヤーバードに刀を突き刺す
    と言う作戦だったのだが…サクラは重要な事を忘れていた。
    「甘いな、名も無き新人(ルーキー)よ。
    相手が炎不死鳥だけだとでも思っていたか!」
    「しまった!」
    サエラは短剣を持っていたのだった!
    サクラはサエラの短剣で頬に少し傷がついた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません