。*・+ONガール+・*。15コメント

1 *。+(●´Å`)あつむ(´Å`●)+。* id:roe5WDT/

2011-07-31(日) 09:56:24 [削除依頼]
私ゎ日向!!

みんなからゎ「ひなた〜」ってよばれてる♪

私ゎそんな友達が大好き☆
  • 2 *。+(●´Å`)あつむ(´Å`●)+。* id:roe5WDT/

    2011-07-31(日) 10:09:50 [削除依頼]
    私ゎ朝が苦手(汗)

    おきたらもう8時33分だった。

    「んんん・・・・えっ!ちょっ!
     もうこんな時間(汗)」

    今日ゎ月曜日。

    新しい朝をむかえた。

    1人で登校中。

    (今の時間ゎお年寄りとわんちゃんが多いんだぁ)

    ちょっと近道しながら私ゎ頭の中で
    いろんな妄想をする・・・

    じゃあ、いつのまにか学校だった。

    (今ゎ朝の集会中!
     あっちの門からはぁ〜いろっと☆)

    そしたら前まで好きだった子の
    お母さんに会った。

    「おはよ〜ございま〜す!」

    いつもどおりの返事がかえってくる。

    (なんであいさつってシンプルなのかなぁ?
     もっとハデにいこ〜よ!)

    われながら私ゎバカだなぁと思った。

    そして学校についたら、
    ザ!朝礼!って感じで運動場に
    行きずらかった・・・

    (まぁいっか!
     1日くらいサボっても!
     どうせ校長の話し長いだけだしww)

    そして、私ゎ自分の教室「6−1」
    にはいった。

    私ゎどこでもテンションが高い!

    なんでもする。

    ある意味やばい(汗)

    用意をしていたらドアがガラっとあいた。

    「んんっ!!!なんで!?」

    続く♪
  • 3 あつむ☆ id:i-Hjslk980

    2012-01-11(水) 18:58:09 [削除依頼]
    なんで…先生(^^;)(;^^)←キョドッテル
    『またひなた遅刻ぅ〜。』
    『えへへっ(●`ε´●)』
    男の子に一番ダメージがある「テヘペロ」をしてみた。…が先生にはきかなかったみたいだ。デコピンをされた。
    あぁ〜なんてガッチリしてるんだ…先生。大人の男の人に惹かれてしまうのは3年からの癖?みたいなものだ。
    「私将来大人になってナンパされたらすぐについていってしまいそうwキャッチの相手して被害うけそうw」
    とかなんとか考えてる間に集会からみんながかえってきた。
  • 4 あつむ☆ id:i-H3deKyP.

    2012-01-13(金) 23:53:17 [削除依頼]
    花村:『よっ!!空野!!おっせww』
    作者:ちなみに空野日向っていいまそ。
    空野:『よっ!!まだ今日ゎましww』
    花村:『いっつもサンヂカンメくらいにくんもんなw』
    空野:『うっせw』
    今しゃべってる相手ゎ「花村優斗」!!
    私の好きな人(=°ω°=)
    毎朝しゃべってくれる優しいお方なの(≧∀≦)
  • 5 あつむ☆ id:i-RegvjM40

    2012-01-20(金) 23:57:27 [削除依頼]
    でも最近優斗よりも気になってる人がいる。
    それは… くにゆき先生!!
    おもしろくて、優しくて!!!!
    もぉ大好きすぎる≧∀≦
    どぉやってアピールしよっかなー!!!
    そんな事を考えてるうちに1時間目が終わった。
  • 6 あつむ☆ id:i-xtNQvkg1

    2012-07-21(土) 20:57:59 [削除依頼]
    日向:くにゆっき先生〜!!
    先生:あのな、いい加減「柊野先生」って呼べよ。
    粋:いっつもラブラブねぇ〜ほんっとうらやましいわww
    粋は私のクラスメイト、親友ってとこかな!
    日向:そろそろ先生ともお別れぢゃん...
    粋:ほんとだっ!卒業か...実は粋…
    楓:おはよー。
    日向:あっ、遅刻マン!
    楓:日向に言われたくないですぅ〜?
    粋:あっ…
    先生:どうした?
    粋:嫌...なにも。
  • 7 あつむ☆ id:i-xtNQvkg1

    2012-07-21(土) 21:09:53 [削除依頼]
    先生:さようなら
    みんな:"さよーなら"
    いつも私達は放課後に教室に残っている。先生達にばれないように…コッソリ。
    日向:みんな彼氏できたー?
    歩:でーきたよっ!
    歩は私のクラスメイト。
    楓のおかげで出来た友達。
    男女から人気があって…私の憧れ。
    楓:うっそー!!誰〜!?
    歩:えっとね…3組の、杉田将大だよ。
    日向:あの変態!?ないわ〜ww
    歩:そんなこと言わないの〜!
    楓:バカップル発見ww
    日向:楓は彼氏と順調
    楓:え〜?とっくの昔に別れたよww
    ガラガラガラガラ
    歩:えっ…!?
  • 8 あつむ☆ id:i-xtNQvkg1

    2012-07-21(土) 21:35:29 [削除依頼]
    優斗:あのっ!楓さぁ...付き合ってくれない?
    日向:えっ?
    楓より先に声をあげたのは私だった。
    優斗:なんでお前が返事すんの?俺は楓に言ったのに。
    楓:い、いいよっ。ちょうど彼氏と別れたばっかりだったし。
    日向:えっ?
    また声をあげてしまった。
    優斗:うれしいっ!俺、3年時からずっと楓の事好きだったんだ。
    なんか…腹立つ。
    私が優斗が好きって事知ってるのに楓がOKだすなんて…もう…最悪。
    日向:私、帰るね。
    歩:日向っ!待って、うちも帰る。
  • 9 あつむ☆ id:i-xtNQvkg1

    2012-07-21(土) 21:45:47 [削除依頼]
    歩:あんなにラブラブにされたらいづらいよね!
    日向:…歩は私が優斗の事好きって…知ってた?
    歩:えっ!?初耳!!てか、楓はその事知ってたの?
    日向:うん…
    歩:うちは…ずっと、ひなたの味方だからっ!
    それって…どうゆう事?
    歩:まぁ…バイバーイ!
    日向:うっ…うんっ!バイバーイ☆
  • 10 あつむ☆ id:i-earkHuX0

    2012-07-22(日) 09:27:39 [削除依頼]
    次の日…学校に行くとクラスがすごく荒れていた。
    私は歩にコソッと聞いた。
    「どうしたの?」
    「いやさぁ…昨日聞いた話で、正直…私、楓の事ドン引きしちゃったんだよね。」
    「それで?」
    「みんなで楓の事イジメちゃおって!」
    …えっ?えっ?イジメ?私はそんな事願ってない。
    「そんな事しないで…よかったのに。」
    「いやー、日向がよくてもうちは許されなかった。ま…そうゆう事。よかったら一緒にやろ。昨日言ったでしょ。うちはずっと日向の味方って。じゃ」
    その日から楓に対するイジメが始まった。私は止めに入る勇気なんてない。
    このイジメ、どうやったら終わるの?
  • 11 あつむ☆ id:i-earkHuX0

    2012-07-22(日) 09:33:22 [削除依頼]
    それから1ヶ月たった。
    卒業まで後3ヶ月だというのに転入生がきた。
    「あっしの名前はー太陽 羽音。」
    みんな驚いている。
    ぱいんという名前も珍しいし、まずこんな時期に転入してくるなんて…こいつ何者だ!?
    「何か質問ありますか?」
    と先生が言った。
    お調子者の男子、佐野 逞が聞いた。
    「えっと...彼氏とかいますか?」
    こいつ何聞いてんだとみんなザワザワしていた。
    でも確かに羽音ちゃんはすごく可愛い。
    きっと男子からモテるだろうな、と私は思った。
  • 12 あつむ☆ id:i-earkHuX0

    2012-07-22(日) 09:42:05 [削除依頼]
    羽音ちゃんは人気者だった今日までは…
    「なんであの子机ないのー?」
    そっか…羽音は知らないんだ。
    「あの子は…楓は1ヶ月前くらいからずっとイジメられてるの。私は元々楓と仲よかったんだけど…」
    私が言い終わる前に羽音が言った。
    「イジメっ子なんか私、嫌いよ?見てみぬする人も。友達の事を…裏切る人も。」
    私はそんなつもりで羽音に言ったんじゃない。
    ひどい勘違いをされたようだ。
    「もう喋りかけないで。」
    そう言って楓の方に向かって行った。
    こんな状況で言う事じゃないけど…こっちから見たら美女二人が深刻な顔して、せっかくの美人が。って感じ。
    とにかくこのイジメをやめなきゃっ!
  • 13 あつむ☆ id:i-fp/uQEP1

    2012-07-23(月) 00:36:42 [削除依頼]
    キーンコーンカーンコーン
    3時間目の終わりのチャイムが鳴った...とほぼ同時に羽音が席から無造作に立った。
    「結局はあんた達、何がやりたいの?人の事を痛めつけて。楓ちゃんがかわいそうっ!」そう言った瞬間、羽音の評価は一気に下がった。
    「あんたは知ってるの?なぜ楓がイジメられてるのか。」
    歩が即座に答えた。
    「…知らないけど、イジメはどんな事があってもしちゃいけないと思う!」
    羽音が言ってる事は正論なのかもしれない。でも今の私達からしたら...ただの言い訳にすぎない。
    「そんなに言うなら…そうね。あんたが一番、大切にしている人は誰?」
    なぜ歩がいきなりこんな事を聞いたのか。羽音以外はみんなわかったと思う。みんな何かを悟った様な顔して二人を見つめていた。
    「家族だけど。なんでそんな事聞くの?」
    「家族ねぇ。ごく平凡といったところかしら。まぁいいわ。じゃあ私はあなたの家族を取るわ。あなたから。私は相当の権力を持っている。あなたの家族を潰すなんて簡単な事よ。」
    歩は普通の人じゃない…とは薄々気づいていたけど、まさか社長令嬢だったとは。
  • 14 あつむ☆ id:i-fp/uQEP1

    2012-07-23(月) 00:48:40 [削除依頼]
    私は思い立った。
    このやり方はよくないと思った。
    全体的に...今、歩がしている事はおかしいと思った。
    だから私はすぐに行動にでた。
    「さっきから黙ってきいてりゃー、え?なに?権力…?なんじゃそりゃ!うちの親はあの有名なえりな様やけど。それより上か?あんま自慢はしたなかったけどなー、あんたがやってる事はおかしいわ。歩。うちはあんたと同じ、楓の事を恨んだわ。でもイジメて良いことなんかないしさぁ。そもそも優斗が楓の事好きやねんやったら結局は付き合うのもムリやったやんやし。」

    「あんたうちにそんなん言っていいん?うちのパパ社長さんだけど。」

    「あんたはアホかっ!まだわかってないんや。そうなんや。こりゃ、徹底的にあかんな。てかまず歩が楓をイジメる意味あったか?うちはほんまに気づついた。けどイジメてなんか言うてない。やのに歩は楓をイジメた。そりゃー、ただのよわいものイジメなるからもぉやめとき。これからもしつこく楓の事イジメるんやったら先生にチクったるからな!」
    私の圧勝だ。
    「うち大事な事忘れてた。気づついたのは私じゃなくて日向なんだ。だからうちは楓の事イジメたりとかしたらダメだったんだ。」
  • 15 あつむ☆ id:i-fp/uQEP1

    2012-07-23(月) 10:14:34 [削除依頼]
    話の未来が見えんくなったのでぇやめますf(^_^)
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません