♪響け!届け!私たちの吹奏楽♪11コメント

1 澪 id:QmAo85z/

2011-07-29(金) 17:47:38 [削除依頼]
 吹奏楽作品は何作目だろう……
 というくらい吹奏楽作品を書いている澪(みお)です。
 ちなみに高校1年生。
 只今、ホルンを吹いています。

 下手ですが……よろしくです。

 * 登場人物 *
 観丘 奏(みおか かなで)
 ユーフォニアム担当。
 周りからの信頼が厚いしっかり者。
 成績優秀で、吹奏楽が大好き。

 秋川 音弥(あきかわ おとや)
 奏の幼馴染で、イケメンなトロンボーン吹き。
 成績優秀で、いつも奏と張り合っている。
 
 美嶋 夏江(みしま なつえ)
 吹奏楽部の顧問で、ほっそい美人先生。
 中学・高校ではホルンを吹いていた。
 クールで、部員からは「なっちゃん」とよばれている。
  • 2 奈希茶 Nagisa id:z2wO.cJ1

    2011-07-29(金) 18:01:54 [削除依頼]
    私、小6なんですが、金管に入っていて、
    コルネット(トランペットの小さいやつ)を
    やっています。
    お姉ちゃんが2人いるのですが、
    2人とも、吹部に入ってました。
    1番上は、大学生で
    吹奏楽団に入っています。
    2番目は、高校生で今はやっていません
    大好きです。吹部。お姉ちゃんは(1番)ボーンをしています。
    (トロンボーンです。)
    応援しています!
    頑張ってください!!!
  • 3 澪 id:IdvPkDO0

    2011-07-30(土) 15:13:38 [削除依頼]
     奈希茶さんへ
     はじめまして。コメントありがとう。
     私の家族は吹奏楽一家ですww
     お父さんはトランペット。
     お母さんはフルート。
     お兄さん(大学生)はパーッカッションとトロンボーン。
     私はユーフォニウムとホルン。
     妹はトランペットです。

     応援ありがとう。更新がんばるね♪
  • 4 澪 id:IdvPkDO0

    2011-07-30(土) 16:05:22 [削除依頼]
     
     薄暗い客席ー……
     
     明るくライトで照らされたステージー……

     そしてステージに並んださまざまな衣装、制服の中学生。

     私、観丘 奏は客席の真ん中の後ろの方にいた。
     隣には、同じ楽器の先輩の坂田 有沙先輩がいる。
     プログラムと黒のボールペンを手に、ステージだけを見つめ
     ていた。

     するとステージ袖から中央のマイクの方へひとりの男性が
     ゆっくり歩いていく。
     「では、結果発表にうつります」
     会場がざわめく。
     私にとっては、初めてのコンクール。
     でも、隣にいる有沙さんにとっては最後のコンクールだ。
     
     初めての大編成。
     今年だけかもしれない、大編成。
     少ない人数で臨んだ、大編成。

     私は、ステージ袖にいる時よりも緊張した。
     手に握っているのは汗。
     鳥肌の立った背筋。
     クーラーが効いているからなおさら鳥肌が立つ。
     
     何よりも手が震えてー……
     「有沙さん?」
     有沙さんは下を向いて、肩を震わせていた。
     
     「奏」

     「はい」

     「地区大会、金賞で抜けれなくても、私幸せだったよ」
     「そんな! まだ結果は出てないのに。終わりみたいな
      言い方しないでください」
     
     有沙さんは何も言わず、うつむいたままだった。
     
     「プログラム1番○○中学校ー……銅賞」
     歓声は聞こえない。
     聞こえるのは拍手だけー……
     
     ぼけーっとしていると歓声が聞こえた。
     金賞が出たんだな。
     ステージ上を見ると、赤いステージユニフォームを着た
     ポニーテールの中学生が、トロフィーと賞状を持っている。
     
     「16番 城歌中学校 銀賞ー……」

     あぁー……

     今年のコンクールは終わってしまったんだ。
  • 5 澪 id:IdvPkDO0

    2011-07-30(土) 18:10:28 [削除依頼]
     第1話 『中2。』
     
     ぎらぎら私を照らす太陽。
     本当に6月なのだろうか。
     頬を伝う汗。校舎は、電気がついていないのに明るく照らされている。
     
     「奏〜!」
     
     後ろを振り向くと、地毛の茶髪を二つに結った岡部 美咲がいる。
     美咲は、同じ学年で吹奏楽部ではパーッカッションをやっている。
     
     「美咲、おはよう」
     「ちょっと、奏! なっちゃんてばさ、今日から強化期間なんて言うけど、
      テスト勉強できないわよねぇ!」
     「美咲は、テスト部休日でも勉強していないでしょ」
     「あったりィ〜♪」
     美咲はそう言って、玄関へ走って行った。
     彼女の明るさに助けられる事がよくある。
     それはさておき、私が下駄箱で内靴に履き替えると、上の階から音楽が
     聞こえる。

     私の足は自然に音楽室に向いていた。
     いつも朝練習をしているが、私以外に練習する人などいない。
     私だけの朝の音楽室と化してしまった。
     
     音楽室の扉を開けると、そこには美嶋 夏江先生がいた。
     私たちの吹奏楽部の顧問で、みんなには「なっちゃん」と呼ばれている。
     ちなみに今年、この中学校に赴任してきたばかりで、あまり生徒との関係は
     築けていない。
     夏江先生の黒く大きい瞳に、美しいまっすぐな髪の毛。
     そして、すらっとした細身。
     「夏江先生、おはようございます」
     「おはよう」
     そう言って先生は、CDプレイヤーの方に体を向けた。
     そして、「カルメンファンタジー」という曲が流れ始めた。
     私たちの今年のコンクール曲だ。
     そして先生の手元にはスコア。
     いっぱい書き込んであった。

     コンクール……。去年みたいな思いはしたくない。
     私は、そう思いながら楽器準備室で、ユーフォをただひたすら吹いていた。 
  • 6 (σ゛)σ爽音-☆*. id:hOLk8QA/

    2011-07-31(日) 00:11:35 [削除依頼]
    キャ−!!

    私もユ-フォなんです.♪
    中?で初心者ですが←

    ユ-フォが主人公(?)でうれしいです!!

    愛読しますね!!
  • 7 鞠世♪薔薇雫 id:54dA2IV.

    2011-07-31(日) 10:44:29 [削除依頼]

     うちもユーフォです!

     主人公がユーフォ担当って超嬉しいです!!

     応援しています^^

     頑張ってください!!!
  • 8 澪 id:8bwBJ0L0

    2011-07-31(日) 20:18:25 [削除依頼]
     (σ゛)σ爽音-☆*. さんへ
     はじめまして。
     初心者なんですか。
     自分の担当楽器がでてくると自然に嬉しくなりますよね^^
     愛読よろしくおねがいます。

     鞠世♪薔薇雫さんへ
     はじめまして!
     私も中学生の時はユーフォ担当でしたよ。
     豊かで深い柔らかい響き。大好きです。
     更新頑張りますね!
  • 9 澪 id:8bwBJ0L0

    2011-07-31(日) 20:47:39 [削除依頼]
     第2話 『新入部員収穫大作戦。』
     
     話は4月に戻る。

     コンクールへ向けようとしている中、私たちは新入生を
     迎える準備に追われていた。
     
     「これじゃあ、カルメンなんて合わせていられないね」
     
     そう言ったのは、部長の朝木 水城先輩だった。
     水城先輩は、サックスを吹いていて、今年のコンクール曲
     「カルメンファンタジー」ではサックスソロを吹く。

     すると、水城部長と副部長の榊 愛実先輩が話し始めた。 
     「水城部長、新入生歓迎演奏会の曲どうしますか」
     「そうだね。みんなで話し合って決めようか」
     「じゃあ、なっちゃんに言ってこないと……」
     「じゃあ、私が行ってきます。」
     そう言って、愛実さんが音楽室を出て行った。
     私は、手元の楽譜注文書を持ちながら窓を不意に見た。
     
     桜はもう散っていて、木々はピンクから黄緑へと染められ
     ている。
     春風が、美しいピンクの花びらをさらってゆく。
     木漏れ日が、地面にゆらゆらと映し出されている。
     
     そんな事をぼーっと考えていると、
     「奏。」
     低くて通った声。
     「何、音弥。」
     「なんかさ、去年新入生だった俺らからの意見としては、
      ポップスもさぁ、もう少しダンスとか入れた方がいい
      よな。」
     「確かにね。その方がのりやすいし!」
     二人で盛り上がっていると愛実さんが来た。
     すると、何も言わずにホワイトボードに向かい、黒いペンの
     キャップを開けた。
     そして、大きくー……

     新入部員収穫大作戦

     と美しい達筆で書かれている。
     
     「どうしたんだよ。いきなり」
     水城部長は、かなり驚いている。
     「夏江先生がね、今年ある程度しっかり入れないと、各パー
      トのバランスがとれないし、来年のコンクールは小編成
      でさえも大変になるって言っていたから」
     
     そうなのだ。
     私の学年の吹奏楽部員はなんと8人。
     もともと全校人数の少ない学校であるがそれにしても少なす
     ぎる。そして水城部長や愛実さんの3年生の吹奏楽部員は
     11人。
     各パートは、
     フルート 2
     クラリネット 3
     サックス 3
     トランペット 3
     ホルン 2
     トロンボーン2
     ユーフォ 1
     チューバ 1
     パーッカッション 2
     
     なんというアンバランス……
     これにはため息をつきたくなる。
     一見、そんなアンバランスではないが、3年生が抜けてし
     まったら大変な事になる。
     
     そんな事をみんなで話し始めた。
     
     「よし、新入部員、たくさんいれるぞ!」
     
     「おー!!」

     
  • 10 ゆうな id:7EpxMQu.

    2011-08-12(金) 18:06:09 [削除依頼]
    更新頑張って!
  • 11 愛華 id:adNd2vj0

    2011-08-13(土) 16:17:20 [削除依頼]
    お久しぶりです

    更新ガンバ!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません