夏と恋と幸せ9コメント

1 ハルヒ id:u3oTYA2/

2011-07-27(水) 21:47:28 [削除依頼]
私は木崎愛華。
中2で13歳だ。
この頃の年なら、周りに友達が溢れかえっていて、恋をして。
いわゆる青春を堪能しているのだろう。
だが、私は違う。
友達なんてくだらない。
恋なんてしてる暇があったら勉強する。
私はこれを突き通してきた。
おかげで、テスト1位を連続で取り続けている。
もうお分かりだろうか。
私は誰とも関わろうとしない、孤立している人間だ。
  • 2 ハルヒ id:mDPZCuQ1

    2011-07-27(水) 22:01:44 [削除依頼]
    私が孤立しようとしてから、愛華と言う名前が嫌いになった。
    私は愛されていないし、華やかでもない。
    むしろ正反対。
    もっと、暗い名前が良かった。

    こういうことを思ってばかりだからだろうか。
    たまに周りを見ると、誰が疲れているとか、誰が上っ面だけとかがわかるようになってきた。
    これがいいことなのか、悪いことなのかわからないけども。
    裏であんな顔するなら、最初からつるまらなければいいのに。
    私みたいに、孤独になればいいのに。
    なんで、人は傍にいたがるんだろう?
    人の温もりを感じたがるんだろう?

    何年も孤独に生きてきた私には、もうわからない。
  • 3 ハルヒ id:STlQ2OP/

    2011-07-27(水) 22:18:27 [削除依頼]
    「彼方くーん、ここ、わからないんだけど、教えてくれない?」

    ・・・キ.モい。
    あんな甘ったるい声、私には真似できない。

    「え?別にいいけど、俺より木崎さんの方がいいんじゃないかな?」

    は?
    なんで私の名前を出すわけ?
    あんな女なんかに何も教えることはないから。

    「え〜?木崎さあん?あの人すっごく美人で頭いいけど、近寄るなオーラ出してるよねえ」

    そうそう。
    美人じゃないけど、頭はあんたよりはいいわよ。
    よくわかってるわね。
    誰も近寄って欲しくないけど、あんたみたいな人はよっぽどお断り。

    「そうかあ?フツウじゃないか?ただ誰とも話さないだけで」
    「え〜??彼方くん優しすぎだよぉ」

    フツウ?
    おかしいんじゃない?
    誰とも話さないのにフツウって。
    あんたも成績良いらしいけど、頭はパーね。
  • 4 ハルヒ id:ErPlRwK0

    2011-07-27(水) 22:46:19 [削除依頼]
    あんな女とあんなパー男と一緒のクラスだなんて。
    最悪だ。
    斉藤彼方、学校1モテる男。
    学年関係なしに告られる。
    誰が見ても振り返る容姿、女子がキュンと来る優しい性格、先生からの信頼、運動神経、成績優秀。
    全部が全部整っているこの男。
    無自覚らしいのが本当にムカ.つく。

    「木崎さん?どうしたの?」

    え。あ。
    私は、いつの間にか斉藤を睨んでいたらしい。

    「そんなに見つめられたら、ちょっとビックリするよ」

    見つめる?私が?
    どうやらこの男、天然も入っているらしい。

    「彼方くん!?さっき明らかに睨まれてたよ!顔はいいのに性格はブ.スなんだよお」
    「え?そうなの?わからなかった」
    「え〜。彼方くぅ〜ん。まあ、そこがいいんだけどお」

    キ.モい。キ.モい。

    バンッ

    机を思いっきり叩いて教室を出た。
  • 5 ハルヒ id:Ix4liac0

    2011-07-27(水) 22:58:17 [削除依頼]
    向かうは屋上。
    急ぎ足から、いつの間にか走りに変わっていた。
    廊下で会う人々が私を除ける。

    バンッ

    勢いよく屋上に続くドアを開ける。
    今日は、晴天だなあ。
    屋上が、私の唯一の居場所。
    ただし、1人のときだけ。
    私は、たまに授業をサボって屋上に来る。
    そのとき、なぜかもう1人サボっている人がいる。
    まるで、私がサボっている時間を見計らっているような・・・。

    でも人には興味がないから顔も名前も学年も性別も知らない。
    でも、男かな。
    女は私に寄ってこないし。
    たまに呼び出されるけど。

    今は、誰もいない。
  • 6 ハルヒ id:HHcgkEe/

    2011-07-28(木) 16:24:54 [削除依頼]
    「ふう」

    ごろっと横になる。
    今なら誰もいないし、いいよね。うん。
    自問自答しながら大の字になる。
    はあ。
    気持ちいい。
    ・・・このままサボろうかな。
    寝ちゃえ。

    私は無防備にも、屋上の真ん中で、大の字になり、寝た。

    ーん?
    なんだろう?
    モゾモゾする。
    でも、太陽の眩しさと眠たさで瞼が上がらない。
    ・・・え?
    唇に、何かが重なった。
    ・・・何?
    はあ、と、人間の息遣いのようなものまで聞こえる。
    太陽の光が見えない。
    今なら瞼があげられる。

    「ん・・・?!」
  • 7 ハルヒ id:HHcgkEe/

    2011-07-28(木) 16:40:13 [削除依頼]
    私の唇に乗っていたものは。
    人間のような息遣いは。
    太陽の光が見えなくなったのは。

    斉藤・・・彼方。

    「え・・・!?やべ、起きちゃった!?」

    私は、自分の身に何が起こったのか理解できず、ただポカーンとしていた。
    斉藤彼方は慌てて、顔を真っ青にしている。引きつり笑いをしていた。
    私の唇は・・・斉藤彼方の唇に塞がれていた・・・。
    唇が唇に塞がれていた・・・?
    つまり、これは、接吻?!(←古っ!)

    「ちょ、ちょっとあんた!何してたのよ!もう・・・サイテー!!」
    「何してたのよって。わかってんじゃん。それでも言ってほしいの?俺、斉藤彼方は、木崎愛華に・・・」
    「やめて!!言わないで!!」

    こ、こいつ・・・!
    なんで!

    「ははは!顔真っ赤にしちゃってさあ」
    「真っ赤・・・!?なわけないでしょっ!?」
    「なわけあるの。照れちゃって。かーわいー♪」
    「っ!?」

    斉藤彼方!?
    あんたこんなキャラだったの!?
  • 8 ハルヒ id:C5BsZuI1

    2011-07-28(木) 16:49:12 [削除依頼]
    「愛華ちゃんの唇ってさ、すんごいぷるぷるしてるよね。だから触ってみたくなって。つい・・・」

    つい・・・!?
    それに、教室では私のこと"木崎さん"なのに、さっきは"愛華ちゃん"って言った!
    愛華って名前は大嫌いなのよ。
    呼ばないで。

    「愛華って名前、呼ばないで」
    「え?なんで?」
    「こんな名前、大っ嫌いなのよ」
    「え〜?かわいいと思うんだけどなあ」

    かわいい!?
    こんな名前が!?
    私には全く合ってない名前なのに。
    それでもかわいいの?

    「・・・それでも、私は嫌いよ」
    「なんで?」

    はあ、とため息をつく。
  • 9 ハルヒ id:C5BsZuI1

    2011-07-28(木) 16:59:57 [削除依頼]
    なんで、あんたみたいな二重人格野郎に教えなきゃならないのよ。
    そう思いながらも、私の口は動いていて。

    「私は愛されてもいないし、華やかでもない。誰にも必要とされてない」

    "誰にも必要とされていない"
    自分で言っといて、へこんだ。
    ーなんでへこむの?今までずっと思ってきたことじゃない。

    「俺は、必要だけど?」
    「へ・・・」

    斉藤彼方が、私を必要?
    どうして?

    「今までの俺の行為見て、わからない?」

    今までの行為?
    ・・・き、キス・・・は、されたけど。
    それがどうやって必要に繋がるの?
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません