〜伝説の魔女がよみがえる?!〜36コメント

1 星 id:WkqRDSN/

2011-07-25(月) 11:21:59 [削除依頼]
こんにちは。星です。読書好きの、小4です。
登場人物
佐倉 杏樹 10歳 
佐倉 羅李 ?歳 杏樹のお母さん。年はおしえてくれなかった。 
佐倉 莉李紗   杏樹のひいひいひい・・・ばあちゃん。
クロウ      空からおちた魔法使い

クロウ      空からおちてきた。
  • 17 星 id:ovP4i/x0

    2011-08-01(月) 14:43:07 [削除依頼]
    〜家〜
    杏樹視点
    「まぶしい・・・」
    朝日がまぶしくて、目をつぶる。
    「よかった・・・。夢か・・・」
    さっきまでの悪夢を思い出すと、はきけがする。
    そっか。まだ学校1回しかいってないんだ。
    気をとりなおして時計をみる。
    6時ちょうど。ねむたいけど、ねない。
    さっきの悪夢をもういちどみたくないから・・・
  • 18 星 id:ovP4i/x0

    2011-08-01(月) 14:54:05 [削除依頼]
    〜家〜
    クロウ視点
    「ふあ〜」
    オレはベットから起き上がる。
    さっきのは夢か・・・
    よかった。
    そうおもってほっとする。
    眠いから2度寝しようと目をつぶる。
    「そうだ。そのままねろ」
    不気味で気味が悪い声。オレはその声に聞き覚えをもつ・・・
    「ねろ。悪夢をみるのだ。」
    悪夢。その言葉をきき、はっとベットから起き上がる。
    「だれだっ。」
    そういった時にはもう声は聞こえなかった・・・
  • 19 美夢(元ドーナッツ)☆ティンク id:7ajBOQq.

    2011-08-01(月) 14:55:31 [削除依頼]
    続き、楽しみです
  • 20 星 id:ovP4i/x0

    2011-08-01(月) 15:00:25 [削除依頼]
    〜美愛自宅〜
    ちがう。ちがう。私の思っている事はこんなじゃない・・・
    本当は友達になりたいのに・・・
    そう思いながら朝をむかえた。
    となりでは愛美がいる。
    愛美は今日泊まりにきている。
    愛美が起き上がった。
    私はたずねる。
    「ねえ、夢みた?」
    「うん」
    「私も」
    短い会話。
    またたずねる。
    「どんな夢?」
    「杏樹ちゃんをいじめた夢。本当は友達になりたいのに・・・」
    「私も。」
    今日、学校にいったら、友達になろう。杏樹ちゃんと。
    そうこころにきめた。
  • 21 星 id:vgXFptm/

    2011-08-02(火) 14:26:13 [削除依頼]
    だれかの視点
    〜どこかで〜
    く〜
    オレは背伸びする。
    「これでだいじょうぶ」
    そうつぶやき、また背伸びする。
    人間のふりすんのつかれる〜
    ま、ターゲットを4人もつかまえたしいっか。
    この世界はうんざり。
    でも「恋心」「憎しみ」「悲しみ」「心配心」は、悪魔に高くうれるしな!
    「よし。報酬獲得!」
    金を集め、ニヤリと笑う。
    この作戦成功!
    悪夢を見せ、オレに恋させる。
    最高の作戦だな。
    これからも使うか
  • 22 星 id:vgXFptm/

    2011-08-02(火) 14:56:07 [削除依頼]
    〜登校〜
    杏樹視点
    さっきの変な夢は気のせい!元気とりなおしていくぞ!
    といってもちょっとショック・・・
    と、その時。
    「杏樹ちゃん」
    あれ?美愛ちゃんと愛美ちゃん。
    「あの、友達にならない?」
    え!
    「うん!」
    友達が一人ふえた。よし!
    そして・・・
    「翼君、おはよう」
    「あ、オッス」
    翼くんとも距離がちぢまった!
    やった!
    うかれた気分で教室にむかった
    クロウの視線を感じながら・・・
  • 23 星 id:9q8GYkW/

    2011-08-03(水) 13:42:23 [削除依頼]
    すいません。訂正します。
    友達が一人ふえた 友達が二人ふえた です。
  • 24 星 id:9q8GYkW/

    2011-08-03(水) 13:53:06 [削除依頼]
    更新
    クロウ視点
    〜学校〜
    杏樹のとなりの男。翼ってやつ。
    あいつの声、どこかで聞いた・・・
    悪夢の声と同じように・・・
    両方どこかで聞いた・・・
    悪夢の声は魔界で聞いたような気が・・・
    そして、翼の声は、胸騒ぎが起こる・・・
    なんなんだ。あいつ。
    杏樹はあいつにメロメロだし・・・
    変だ。悪夢といい、杏樹の事といい、話がうまくいきすぎる!
    なんなんだ。
    疑問を感じながら教室についた。
    あいかわらずメロメロ。
    なぜか翼の顔にも見覚えがある。
    ずっと前から知っている・・・
    魔界で保育園に通っていたころから・・・
    不気味な笑いが一瞬翼の口に走る。
    だれなんだ。いったい・・・
  • 25 杏 id:HkHJlgY1

    2011-08-03(水) 13:54:14 [削除依頼]
    小4なんですか!? 私は小5です〜♪
    よろしくね☆
    あと、面白い〜♪♪ 頑張ってください!^^
  • 26 星 id:eSskENc/

    2011-08-04(木) 16:10:02 [削除依頼]
    杏さん
    よろしくおねがいします。(超ヘタだけど・・・)
    面白いなんていってもらえて、うれしい!
  • 27 星 id:eSskENc/

    2011-08-04(木) 16:15:54 [削除依頼]
    更新します
    〜魔界〜
    ガウロ視点
    ほっほっほっ。やはりクロウは恋したんじゃな。
    ああ、わしの名はガウロ。クロウを人間界におくった責任者じゃ。
    水晶などを使って見ておった。
    でも、あいつ・・・
    だれだ。いったいだれだ。
    そう。クロウといっしょで、わしも昔から知っておる・・・
    そしてあの不気味な笑み。
    そして、謎の声。悪夢。
    あいつは、もしや、魔法使いでは・・・
  • 28 星 id:n7gzhOd.

    2011-08-05(金) 10:58:05 [削除依頼]
    これから、題名的のをつける事にします。
    更新
    題 あのとき
    クロウ視点
    「おはよ!」「はやく!」
    みんなの声
    「うん!」
    オレはうなずく。
    その隣にはいつも幼馴染。
    大親友で、この近所で知らない人はモグリといわれるほどの名コンビ。
    「おい、クロウ。早く空とぼーぜ」
    いつでもさそってくれる。
    とっても優しい。(乱暴に見えるけど・・・)
    だから先生も、いつも席は隣にしてくれる。
    なかなかの優等生。
    自慢はするけど、心の内は優しい。
    優しいんだ・・・
  • 29 星 id:YqrU0571

    2011-08-08(月) 11:17:50 [削除依頼]
    杏樹視点
    杏樹の心の中
    題 不思議
    ねえ、どうして?
    翼君のに一目ぼれした
    翼君といると、意識が遠のく。
    これは、恋してるから?
    なんだか違う気がする。
    それは何なの?
    ちっともわからないよ・・・
    ねえ、だれか教えて・・・
  • 30 星 id:N8xRwUx0

    2011-08-16(火) 19:05:49 [削除依頼]
    クロウの過去へん 2
    やさしいあいつとの生活が、永遠に続くと思っていた。
    俺たちが小学校にはいって3カ月がすぎた。俺はそのころ、必死に勉強にとりくんでいた。あいつと少しでも近付くために。
    あいつは、学年でトップの座にいた。あいつには友達ができ、クラスも変わり、あえなくなっていた。
  • 31 星 id:N8xRwUx0

    2011-08-16(火) 21:10:59 [削除依頼]
    すいません。変な所で終わって。
    ある日、いつものように学校に行くと、張り紙があった。
    ふ〜ん。今回のテストの結果かぁ。
  • 32 星 id:s/d7n2Y.

    2011-08-17(水) 09:32:33 [削除依頼]
    ひょいとのぞく。すると!ななななんと!
    俺のクラスがあがってるではないか!
    しかも!あいつと同じクラスだ!
    おっしゃー!
    勉強したかいあったー!
    さっそくクラスにいった。クラスといってもあいつと俺しかいないが。
    すると・・・
  • 33 星 id:s/d7n2Y.

    2011-08-17(水) 13:40:26 [削除依頼]
    あいつはいた。当然だが。
    でも様子がちがった。
    目がちがう。おれをにらんできた。
    「おまえ、なんでここにいんの?」
    「クラスかわったから」
    「お前はここにいる資格ねーんだよ!」
    え!がんばってここまできたのに。
    おれはショックだった。
    幸いなことにクラス替えがはりだされたのは6時間目。
    俺はすぐにある所にはしっていった・・・
  • 34 星 id:IY8zWQQ/

    2011-08-18(木) 13:28:18 [削除依頼]
    ある所。それはおじいちゃんの家だ。
    おじいちゃんの名はガウロ。いろんな事ができる
    「クロウよ。きたか」
    おじいちゃんに訴えた。
    「ほおほお。クロウよ。しってるか?」
    なに?
    「もうすぐお前さんは10歳だろう」
    そうだけど・・・
    「魔法使いは、10歳の誕生日に人間界にいくんだぞ」
    まじ!一人で!
    「いや、パートナーをもとめるんじゃ」
    え?人間の?
    「人間界には、10歳の魔女の素質をもった女の子が一人だけおる。また、使い魔として使える動物も1匹おる」
    「今年いくやつは二人。」
    なんで?いっぱいいるはずでしょ
    「最高クラスしかいけないからだ」
    あぁそういう事。ってことは・・・
    「一人はクロウ。もう一人はお前のおさななじみだ」
    やっぱあいつか・・・
  • 35 星 id:IY8zWQQ/

    2011-08-18(木) 14:19:52 [削除依頼]
    こうして俺は人間界におりた。そして今にいたっている。
  • 36 星 id:HEHFl5f1

    2011-08-22(月) 11:40:43 [削除依頼]
    ある日、転校生がやってきた。
    「仲良くしてやれよ」
    「はーい」
    転校生の名は、栗丘瑞希。
    「席は・・・あいてるとこねーな。栗丘。どこがいい?」
    「あそこ。」え、どこどこ?
    澄んだ声。指の先は・・・え!翼君の席!
    「佐倉の横か?」
    こっくり。彼女はうなずいた。
    「安藤。おまえかわってもらってもいいか?」おいおいそれはちょっと無茶では・・・
    「いや」
    「どうする?栗丘。」
    「あそこじゃないといや」おいおい。
    「頼むよ安藤」先生こまってる・・・
    「はいはい」
    そういって翼君は席をうつった。
    「佐倉さん。よろしくね。」
    「杏樹でいいよ。栗丘さん。」
    「瑞希でいいよ。杏樹。」
    私と瑞希はすぐ仲良しになった。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

最近作られた掲示板

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません