一緒。〜僕と君が一緒にいれば〜1コメント

1 かっちん id:KscKHUw0

2011-07-23(土) 12:34:19 [削除依頼]
また今日も、僕は罪を重ねている。


「はー・・・また中田先輩に負けてしまった・・・。」
僕は、西原高校に通う1年、田堀唯人。
先輩に言われ、言い返すことができず、今日も万引きだ。

「僕、捕まるのかな・・・。」
「あっれー!?田堀クンじゃんっ?偶ゼ―ンッキャハ☆」
「坂村亜樹さん・・・?」
「なんでフルネーム?マジ受けるんですけど!!」
彼女は坂村亜樹。僕とは違って明るく、物事をはっきり言える。

彼女は商品を手に取りながら言った。
「・・・万引き?」
「!?」
「そっか―。中田先輩っしょ。あれは恐いよねー。」
動揺しながらも僕は言った。
「ち、違いますよ。そんなわけないじゃありませんか。」
「あたし、力になれると思う。田堀クンを助けたい。」
彼女はいつにもまして真剣な表情で言った。

「あ・・・っと。」
「今からでも先輩に言いに行こうか?一緒に。」
一緒に、という所がなぜだか嬉しかった。
自分だけで解決しようとせず、一緒にやろう、そう言ったから。

「ね?大丈夫。二人なら。」
「・・・ハイ。」

そういって僕たちは先輩の方へ向かった。
どんなに困難が待ち受けても大丈夫、そう思っていた―

びっくりマークが?になっていると思いますので、すみませんが
自分で変換してお読みください。

良ければ感想、よろしくお願いします。
このスレには、まだレスがありません
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません