Rock Spirit -音魂-9コメント

1  蒼井美空。 id:RxVX8sb/

2011-07-12(火) 22:06:37 [削除依頼]
    〜*prologue*〜
君が今まで、俺の傍にいてくれたから
あのどん底から這い上がれた。

貴方が、私の傍にいてくれたから
音楽の楽しさを思い出せた。

君が、貴方が、ずっと一緒にいてくれたから
今の僕、私がいるんだ。
  • 2  蒼井美空。 id:RxVX8sb/

    2011-07-12(火) 22:42:28 [削除依頼]
          -はじめに-
    はじめまして、あるいはお久しぶり(?)です。
    蒼井美空(あおいみく)です。
    今回は久しぶりの恋愛系&音楽系を書きたいと思います。
    少し自身がないのですが…頑張りたいと思います!

         主な登場人物紹介
    橋本 奏音Hshimoto Kanon
      ギター担当

    今井 響太朗Imai Kyoutarou
      ギター担当

    遠藤 美和Enndou Miwa
      ベース担当

    原田 詩音Harada Shion
      キーボード担当(ショルダーキーボード)

    稻垣 奏真Inagaki Souma
      ドラム担当
       
  • 3  蒼井美空。 id:RxVX8sb/

    2011-07-12(火) 23:07:50 [削除依頼]
    diary001      響太朗ver
        出逢いの唄。 

    俺が今日から入学する桜坂高等学校の
    通学路にある桜並木道の桜が満開の 
          “春”
    無事に、俺今井響太朗は高校生になった。
    「響太朗っ!いよいよ高校デビューだな!」
    テンションが以上に高いこの男は
    稻垣奏真、昔っからの俺の幼馴染だ。
    「そうだな。
    ってか奏真はテンション高すぎだろ。」
    「だってよぉ!
    桜坂高等学校は、美女&可愛い子
    が集まる高校って言うジャン?
    もう彼女バンバン作れるし!!」
    奏真はにやにやと怪しい笑みを浮かべた。
    「お前は、もうそろそろ一人の女に
    しぼれねえのかよ。」
    「そんな事出来ませ〜ん!
    だって女の子はみんな可愛いじゃん!」
    はぁ…。
    コイツと話していると、綺麗な桜並木も
    綺麗に見えなくなってくる…。
    「あ、奏真く〜ん♪」
    「お!ミホリン♪制服姿可愛いね〜。」
    「えへへ、ありがと☆
    奏真くんも格好いいよ。」
    「そうかあ?照れるな〜」
    アイツ、また新しい彼女作りやがった…。
  • 4  蒼井美空。 id:9YmWEuF0

    2011-07-14(木) 15:55:32 [削除依頼]
    奏真は、別に小さい頃からあんな感じじゃ
    なかったんだ…、小さい頃からモテてはいたけど
    あんな簡単に彼女を作る様な奴じゃなかった。
    「ごめん響太朗。
    俺、ミホリンと学校行くわ。」
    「末永くお幸せに。」
    「どうも。」
    奏真は、ミホリンの所へ向かっていった。

    その後、一人寂しく桜並木を歩いていると
    桜の花びらが沢山乗った、一つのベンチを見つけた。
    桜の花びらで覆い尽くされていたそのベンチには
    髪が長い少女が座っていた。
    眠ってるっぽい。
    …ん?この女子が着てる制服って…確か
    俺が入学する高校の制服?
    こんな所で寝てたら、入学式に遅れるかもな・・。
    俺はその女子に声をかけてみた。
    「お〜い。」
    すると女子はぱちりと目を開け
    ゆっくりと俺の方を見た。
    目はくりっとしていて、顔も整っている
    さっきの奏真の彼女のミホリンより
    可愛いかも…
    「入学式遅れるぞ。
    こんな所で寝てたら」
    「…教えてくれてありがと。」
  • 5  蒼井美空。 id:9YmWEuF0

    2011-07-14(木) 20:36:11 [削除依頼]
    age
  • 6  蒼井美空。 id:9YmWEuF0

    2011-07-14(木) 20:59:49 [削除依頼]
    髪の長い女子は、肩に積もった
    桜の花びらをてでどかした後
    ベンチから立った瞬間に
    一枚の写真を落としていった。
    「あ、おい!何か落として……?」
    その写真に写っていたのはさっきの
    髪の長い女子ともう一人、どこかで
    見覚えのある男の人がギターを持ちながら
    ピースをしている写真だった。
    俺はどうしても、見覚えのある男の人の
    名前が思い出せなかった。
    「…きた…北川……違う
    北野……北野、北野!!北野遙音!!」
    そうだ、有名なギタリストの北野遙音(はると)!
    でも本名は確か橋本遙斗だっけ。
    「あ、やべ。
    もうこんな時間!」
    俺は猛ダッシュで桜坂高等学校に向かった。
  • 7  蒼井美空。 id:4gddkcE.

    2011-07-15(金) 21:00:46 [削除依頼]
      …*…*…*…*…
    『では、どうぞ吹奏楽部をヨロシクお願いします。』
    入学式に新入生歓迎会をやるとは…とんだ学校だな…
    でも、そういう学校もあるかもしれないな。
    何て変な事を考えてたらふと先ほどの写真の事を
    思い出した。
    ギターを持っていたな・・あの女。
    ひょっとして音楽に興味が……

    “響太朗が、音楽なんか止めてれば!”

    …そんな考えをするのは止めておこう。
    もう音楽には一切手を触れないと誓ったのに
    どうしていつも…。

        …*…*…*…*…
    クラスは1年2組になった。
    奏真とは一緒のクラスになって
    あの髪の長い女とも一緒のクラスになった。
    「なあ響太朗。
    あの女子かわいくね?」
    「お前、ミホリンが怒るぞ。
    そんな事言ってたら」
    「いんだよ、ミホリン以外にもまだ
    3人いるし〜。」
  • 8  蒼井美空。 id:joFB0Ok0

    2011-07-16(土) 17:08:01 [削除依頼]
    はぁ・・コイツってやつは。
    「……ねえ。」
    「うわ!!
    って、お前!」
    俺の目の前にはあの髪の長い女がいた。
    「さっきはありがと。
    …ところでさ、さっき私写真を落としたっぽい
    んだけど…知らない?」
    「あ…これ?」
    俺はさっきの写真を渡した。
    「ありがと。」
    髪の長い女の胸元の名札には「橋本」と
    書いてあった。
  • 9  蒼井美空。 id:UrRmGjL0

    2011-07-17(日) 22:05:48 [削除依頼]
    diary001   奏音ver
       出逢いの唄。
    「奏音,ちゃんと荷物は持った?
    忘れ物ない??」
    「大丈夫だって…お母さん、心配しすぎ。
    もう私は高校生なんだからさ。」
    「…でも…」
    「いってきます」
    私はまだ食べかけのパンを皿の上に置いて
    玄関に向かった。
    「ちょっと奏音!忘れ物よ。」
    「なに?」
    お母さんは私の手の平に小さなお守りを
    のせた。
    「交通安全?」
    「そう!車には十分注意してほしいから。」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません