ソフトにしたいソフト7コメント

1 めぐ〜♪ id:6Z/lgD81

2011-07-11(月) 17:10:34 [削除依頼]
―2ヶ月前―

「芽衣ー!行けー!」

「絶対にホームランだからねー!」

「芽衣先輩がんばれー!」

歓声が飛ぶ中、私は1人の女の子に憧れた

ソフトを長年やってきて鍛えた足、腕。

そして瞳

これに魅せられ私はソフトボール部に入る決心をした
  • 2 めぐ〜♪ id:6Z/lgD81

    2011-07-11(月) 21:57:43 [削除依頼]
    ―2ヵ月後―

    「春田さん、大丈夫?緊張していない?」

    「はい。バッチリです!」

    私、春田愛衣は小学6年生で今まで7回も転校を繰り返しました。

    理由は親の離婚

    元は私は一卵性双生児の妹で、

    姉はお父さんに引き取られたらしい。

    そして私はお母さんに引き取られた。

    (この前、下見に行ったときホームランを打ったメイちゃんていう子は
    同じクラスかな?)

    「ついたわよ。春田さん。」
  • 3 めぐ〜♪ id:6Z/lgD81

    2011-07-11(月) 22:09:57 [削除依頼]
    ガラッ

    「はーい、席についてー。今日は特別なお客様を紹介します。入ってきて。」

    「失礼します。隣の神奈川県から引っ越してきました、
     春田愛衣です。よろしくお願いします。」

    よし、ここまでは完璧だ。

    クラスの子は口々に何か言ってるっぽいけど、

    悪い事は言ってなさそうだし、いっか。

    そして、先生が黒板に私の名前を漢字で書く。

    「春田さんはこう書きます。」

    「ウソ・・・」

    「まじで・・・」

    あれ?何かざわついてきた?

    ヒソヒソ「ねぇねぇ、これやばくない?」

    ヒソヒソ「おい!ハルメイは起こすなよ。」

    ヒソヒソ「でも・・・」

    「あ!また芽衣ちゃん寝てる!起きなさい!」

    「先生!」

    「なに?黒板の春田さんってハルメイの・・・

    あ、窓側の寝ていた人が起きた。

    髪は短く、顔立ちははっきりしていてかわいいというよりかっこよかった

    「どうしたの?」

    「いや、なんでも・・・」

    みんな必死で黒板を見えないようにしている。

    「もう、なに!」

    おしのけてその人は黒板を見た。

    「春田・・・愛衣・・・?どういうこと・・・?」

    え・・・?

    「とにかく芽衣ちゃんも落ち着いて。えっと、愛衣ちゃんの席は・・・

    先生は必死で空いている席を探したが、

    窓側の春田さんの席の横しか空いていなかった。

    「と、とりあえず窓側の1番後に座って。」

    「は、はい・・・」

    「それと、あんまり席の横の子は気にしちゃダメよ。」

    「はい。」

    先生がこっそり耳打ちをしてくれた。
  • 4 めぐ〜♪ id:Gk7gIbK1

    2011-07-12(火) 23:03:15 [削除依頼]
    震えが止まらない

    私、何か悪い事したのかな・・・

    ガタッ ガタガタ

    あ〜〜〜〜

    緊張しすぎてイスを引っ張る音でっかうなっちゃったよ〜

    相変わらず横の子は窓の外を眺めている

    「ねぇ」

    話しかけてきた?!

    「は、はい!」

    「敬語じゃなくていいよ。あんたって母子家庭?」

    「そ、そうだけど・・・」

    「母親の名前は?」

    「は、春田麻衣(はるたまい)」

    「ふ〜ん。てかさ、この前の大会のとき来てたでしょ。」

    「何でわかったの?」

    「だって、こっちをじーっと見てるからなんとなく。
     それと、あんたソフト部に入りたいの?」

    「え・・・。今、考え中。」

    「あっそ。」

    その子はソフト部の申請用紙を引き出しから出して渡してくれた。

    「入るならそこに名前とか書いて私に出して。
     私の親、監督だから。」

    「うん。あ!自己紹介遅れたね。私、春田愛衣!よろしくね。」

    「知ってる。私は春田芽衣。ハルメイって呼ばれてるからそう呼んで。」

    「うん!」

    初めてこの学校で友だちができた瞬間は

    また地獄の知らせの始まりでもあった。
  • 5 めぐ〜♪ id:Gk7gIbK1

    2011-07-12(火) 23:07:22 [削除依頼]
    >3 ×「なに?黒板の春田さんってハルメイの・・・ ○「なに?」  「黒板の春田さんってハルメイの・・・」 正しくは↑です。 すみません><
  • 6 めぐ〜♪ id:Gk7gIbK1

    2011-07-12(火) 23:09:10 [削除依頼]
    >>4 ×緊張しすぎてイスを引っ張る音でっかうなっちゃったよ〜 ○緊張しすぎてイスを引っ張る音でっかくなっちゃったよ〜 またまたすみません><
  • 7 めぐ〜♪ id:7fVXBdZ1

    2011-07-13(水) 21:56:01 [削除依頼]
    ―次の日―

    「おはよう。愛衣ちゃん。」

    「おはよう。飛鳥ちゃん、美樹ちゃん、優美ちゃん。」

    私には昨日で4人も友達ができた。

    もちろん芽衣ちゃんもそうだけど、

    佐伯 飛鳥(さえき あすか)ちゃん、

    松下 美樹(まつした みき)ちゃん、

    下野 優美(しもの ゆみ)ちゃん、

    計3人の友だちができた。

    飛鳥ちゃんは成績優秀なクラスの委員長

    美樹ちゃんは運動神経がバツグンの元気な子

    優美ちゃんは世話焼きな優しくてかわいい子

    それぞれいいところは1つは持っていた

    でも、私と来たら・・・

    「愛衣!」

    「芽衣ちゃん」

    「で、ソフトの申請書は?」

    「あ、書いてきたよ。」

    私は芽衣ちゃんに紙を渡した。

    「ふ〜ん。一応、運動経験はあるんだ。陸上はどれぐらいやってたの?」

    「えーっと、5年ぐらい・・・。転校をきっかけに
     1年から習ってたんだけど、やめたんだ。」

    「わかった。渡しとく。来週の日曜から来て。」

    そうして、芽衣ちゃんは机に置くと、どこかへ行ってしまった。

    私は思わず聞いてみた。

    「ねぇ、芽衣ちゃんってどういう子なの?」

    「えーっとね、父子家庭だから冷静な子だよ。」

    「うんうん。どんなビックリすることがあっても、
     物静かなんだよね。たぶん、そういうところが好かれる理由だと思う。」

    「でもさ、もう1人の双子の事になるとものすごい怒るんだよ。」

    「1回聞いてみたら?愛衣ちゃんなら何も知らないから怒る事ないと思う。」

    でも、ものすごい怒るんだよね。

    でも、聞きたい。

    「わかった!聞いてくる。」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません