殺し合いゲーム248コメント

1 ハルヒ id:a2sF3HO0

2011-07-10(日) 16:25:55 [削除依頼]
「きゃあああああああ!!!」

「ひっ」

ま、また・・・殺されたの?
この声は・・・佳澄・・・だよね?

「来ないでっ!!いやああああああ・・・」

まだ生きてる!
そう思ったと同時に声が途切れた。

・・・死んだ。

もう、嫌だ。
なんでこんなことに・・・?

2日前までは普通に学校で楽しくやってたのに。
みんな、笑顔だったのに。

どうして、こんなことになっちゃったの??
  • 229 *きぃ* id:0Jcn0.i.

    2011-07-30(土) 12:39:47 [削除依頼]
    隠れ読者でした☆
    面白いです!! 続きが気になる〜!w
  • 230 ハルヒ id:X.OUX4c1

    2011-07-30(土) 12:40:17 [削除依頼]
    佳澄は倒れていた。
    走って佳澄に駆け寄る。
    首が・・・。
    手跡がくっきりついていて、赤い痣になっていた。

    「!」

    佳澄の表情が、柔らかい。
  • 231 ハルヒ id:X.OUX4c1

    2011-07-30(土) 12:45:46 [削除依頼]
    きぃさんありがとう!!

    面白いなんて・・・!

    感動!!
  • 232 ハルヒ id:pIBIWwR0

    2011-07-30(土) 21:27:26 [削除依頼]
    死んで・・・ないの??
    ゆっくりと手の脈を触ってみる。
    い・・・生きてる・・・。
    死んでない!!

    「佳澄・・・生きてる・・・良かったあ!」
    「佳澄・・・ちゃん?なんで、倒れて・・・」
    「健太!動いて大丈夫なの!?」
    「あ・・・ああ・・・ちょっと、きつい・・・けど・・・」
    「座って!」

    健太はこくりとうなずいた。
    健太の首も、痛いよ・・・。
    私自身には何も起こってないのに、健太や佳澄の赤い痣を見ると、痛い、痛いと、心が叫ぶ。

    「佳澄・・・早く目覚ましてね・・・?」
    「なあ・・・」
    「ん?」
    「なんで、佳澄が倒れてんの?」

    私は、佳澄のことを全て話した。
    ついでに、健太がいなくなってからのことも。
    健太はときどき表情を変えながらも、何も言わず、ただ黙って私の話を聞いていた。

    「なんで、佳澄は自分の首を・・・?」
    「わかんない・・・。まるで、何かに憑りつかれているようだった・・・」
    「そうか・・・。奈美、よく頑張ったな・・・」
    「・・・怖かった・・・。怖かったんだよぉ」

    私はまたわんわん泣いた。
    子供みたいに。

    そのとき、健太が私をそっと抱き寄せた。
    何も言わずに。
    私は今までにないくらいの居心地の良さに安心していた。
    “好き”ということを改めて実感した。

    「健太・・・愛してる・・・もう、離れていかないで?」
    「ったりまえだろ。不安にさせて、ごめんな。俺も、世界で一番愛してる・・・」

    私たちは、お互いの意思では初めてのキスを交わした。
  • 233 ハルヒ id:8ORIB0H0

    2011-07-30(土) 21:52:38 [削除依頼]
    軽く触れるだけのキスも、嬉しくて。
    さっきの、冷たいキスとは全然気持ちが違ってて。
    お互いが求め合ってのキスは、こんなに気持ちがいいものだとは、知らなかった。
    もう一度、したくなった。

    「ねえ、健太・・・」
    「んー?」

    もう一度、したいんだけど。
    それを言葉にできない。
    うぬう・・・。

    「どうしたの?もっかいしたいの?」
    「っ!」

    健太の意地悪な笑み・・・。
    悔しいけど、かっこいい・・・。

    「真っ赤にしちゃって。図星?」
    「うう・・・わかってるくせに。意地悪ぅ・・・」
    「そんな顔して、俺を誘ってんの?」
    「さそっ!?」
    「ま、俺ももっかいしたかったんだけどね」
    「っ!」

    え・・・Sだ・・・。
    隠れS。
    でも、そんなこと言われて嬉しい私って、M??

    「・・・ん・・・」

    唇をもう一度重ねる。
    さっきとは違って、長いキス。
    唇を合わせてるだけなんだけど、角度を変えてキスをして。

    「・・・はあ・・・」

    口を閉じてるから、鼻で息をしなきゃいけなく、苦しくなった。

    「ごめ・・・。大丈夫?」

    うわあ・・・健太。
    その顔反則。
    ずるすぎる。

    「ん・・・ちょっと苦しいけど、健太がずうっと私の傍にいてくれるなら・・・許す」
    「それも当たり前」
    「さっきいなくなった」
    「それは・・・俺もよくわかんなくて・・・。ごめんな?これからは、ずっと一緒」

    そして、健太が私の手を握ってきた。

    「もう、離さねーから」
  • 234 ハルヒ id:e3ickyE.

    2011-07-30(土) 22:00:05 [削除依頼]
    もう、健太。
    ホント、ずるいよ。
    健太のひとつひとつの言葉にいちいちドキドキしてる。
    心臓なんて、張り裂けそうだよ。

    「・・・ん・・・な・・・み・・・?」
    「「!」」

    佳澄・・・!?

    「佳澄!?大丈夫!?あ!無理して動かないで!」
    「・・・うん・・・ありがと・・・」

    良かった。
    佳澄が目を覚ましてくれて。
    もうちょっと健太といちゃついてたかったけどね。

    「私・・・首・・・」
    「佳澄・・・なんで自分の首・・・絞めたか覚えてる?」
  • 235 李亜 id:9U7kKlt/

    2011-07-30(土) 22:27:07 [削除依頼]
    隠れ読者ですた☆

    最高ですねぇ

    健太生きてた( *`ω´)
  • 236 ハルヒ id:oaiKHKi/

    2011-08-08(月) 19:57:38 [削除依頼]
    久しぶりに更新しようと思います^^

    みなさんどうぞ見てってください!!
  • 237 ハルヒ id:oaiKHKi/

    2011-08-08(月) 20:00:07 [削除依頼]
    李亜さんありがとう^^

    よければまた見てってください^^

    よく考えれば健太、死にそうなことばっかり起こってますねww
  • 238 ハルヒ id:f4GkeO/1

    2011-08-08(月) 20:42:50 [削除依頼]
    「・・・誰かが・・・私の中に入って行ったの」

    ゆっくりと話す佳澄の話し方は、まるで怪談をしているようだった。
    体の中に・・・?
    まさか、幽霊・・・!?

    「男の人だった・・・私達と同じくらいの・・・」
    「男・・・同じくらい・・・あの、おそこに・・・いる?」
    「え?」

    私は川の向こうにいる、大量の首.吊り死体を指差した。

    「ひっ!・・・うっ」
    「佳澄・・・落ち着け・・・」

    佳澄はアレを見た瞬間、過呼吸になった。
    それもそうだ。
    アレを見ておかしくならない人なんていないだろう。

    少し時間がたち、佳澄もだんだん落ち着いてきた。
    ヒューヒューと言っていたものが聞こえなくなってきた。

    「もう、大丈夫?」
    「・・・うん」
  • 239 ハルヒ id:f4GkeO/1

    2011-08-08(月) 20:46:54 [削除依頼]
    まちがいを発見しました;

    238の「男・・・同じくらい・・・あの、おそこに・・・いる?」
    は、「男・・・同じくらい・・・あの、あそこに・・・いる?」です;

    おをあに変えてください!
  • 240 ハルヒ id:gPZv5l8.

    2011-08-08(月) 20:58:57 [削除依頼]
    「あそこに・・・今はいない・・・」
    「今は?」
    「うん」

    ここから雑木林まで、そんなに距離はないけど、あんなにある死体の中から一発で見極めるなんて、ほぼ無理なことだ。
    どうやって佳澄はわかったのだろう。
    それとも、恐怖でよくわかっていないのかもしれない。

    「あの男の人・・・なんだか懐かしいような気がした」
    「懐かしい・・・?」
    「うん。でも、誰だかわからないの」
    「・・・」
    「ごめんね。役立たずだよね。私」

    そう言ってショボンとする佳澄を、不覚にも可愛いと思ってしまった。

    「かわ・・・じゃなくて、佳澄は役立たずなんかじゃないよ。私の友達なんだし」
    「奈美・・・ありがとう」

    そう言って抱き着いてきた佳澄。
    あったかい、そう言ってわんわん泣き出した。
    今までこんな佳澄、見たこと無い。
    ここに来てからやなこと続きだったけど、意外な発見や、嬉しいこともあった。
    死んだ人には悪いと思ってる。
  • 241 ゆうな id:Y1vysRA.

    2011-08-09(火) 09:12:19 [削除依頼]
    よ、よかつた..
  • 242 ハルヒ id:F0toT.p0

    2011-08-11(木) 21:55:35 [削除依頼]
    「ぎゃあああああああ!!!」
    「来んなっ!!やめろオオオ!!」
    「いやだああああっ!」

    「「「!?」」」

    な、何?!
    どうしたの!?
    クラスメイトの悲鳴が聞こえてくる。
    恐怖に満ち溢れてる声。
    何があったの!

    「佳澄、立てる?健太、走れる?」

    佳澄は震えているだけで、何も答えない。
    健太も、とてもじゃないけどすぐに動ける状況じゃない。
    私だけで・・・。

    「ねえ、ここに二人だけでいて?私、何があったのか見てくる」
    「や、やだよ・・・。奈美・・・いなく・・・ならないで・・・」
    「佳澄、お願いだから。健太がいるから」
    「健太・・・くん・・・?」
    「うん」
    「おい、一人で行くのは危険だ。俺らも・・・うっ・・・」
    「健太!大丈夫?!」

    健太は頭の傷も負っていたんだ。
    心配だけど、私が行くしかない。
  • 243 ハルヒ id:oqyOAzk.

    2011-08-11(木) 22:10:31 [削除依頼]
    「二人とも、ここで待ってて」
    「待て・・・奈美・・・」
    「健太、お願いだから、安静にしてて。喋ったら、頭に響くよ」
    「・・・すぐだ」
    「え?」
    「すぐに戻ってこい。5分だ。5分で戻ってこなかったら・・・うっ・・・ここから動くからな」
    「うん。わかった」

    タッ
    自慢の脚の速さでさっきの悲鳴が聞こえたとこまで走る。
    ガっ

    「きゃあっ」

    ドタン!

    「いったあ・・・何につまずいたのよお」

    後ろを振り返る。

    「ひっ」

    そこには、もう息をしていない亜美華がいた・・・。
  • 244 ゆうな id:7EpxMQu.

    2011-08-12(金) 06:54:12 [削除依頼]
    ホラ-チックすぎる←!!

    最近コメントしなくて、ごめんなり!(^ω^` )

    し、しししし、死体!?

    誰がこんなことを!?
  • 245 ハルヒ id:qsqKOYM.

    2011-08-13(土) 17:27:59 [削除依頼]
    ゆうな!!

    大丈夫だよ!!^^

    うち最近毎日パソコンできなくてさあ;;

    更新バラバラになっちゃうんだよお;;

    それでも見に来てくれるゆうなはうちの支えになってるよ!!
  • 246 ハルヒ id:s70yX8P/

    2011-08-13(土) 17:42:00 [削除依頼]
    「や、やだっ・・・やだやだやだ」

    亜美華の頭と胴体は綺麗に分かれていて。
    そこから流れ出す血は止まっていなくて。
    さっき亜美華に当たった拍子に血が足についてしまった。
    それを必死にほろおうとするけど、取れなくて。

    「やだやだやだあっ・・・もう、友達の死体を見るのはいやだよおっ・・・」

    もうすぐで3分が経つ。
    もう、行かないと。
    ふらつきながらも立とうとする私。

    一体、誰が亜美華を・・・。
    そうだ。
    凛も誰かに殺された。
    光は自分の意志かもしれないけど、隣には健太がいた。

    ・・・なんで、なんのために。
    私は下唇を強く噛んだ。
  • 247 &amp id:KdzMLhm0

    2011-09-19(月) 11:46:04 [削除依頼]
    すごくこわいけどめっちゃはまりました。!!!!まだ続きはありますよね??
    あったらはやく読みたいです( ..)φメモメモ
  • 248 きりりん id:o6kFQML.

    2011-09-22(木) 20:49:26 [削除依頼]
    ふひゃー
    一気読みしたけど、今までで一番怖かったです
    今日寝れるかな?((えw
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません