愛憎の果て9コメント

1 あり id:DhW6ju4/

2011-07-08(金) 21:08:40 [削除依頼]

、許さない。

絶対にあんたを許さない。
  • 2 あり id:DhW6ju4/

    2011-07-08(金) 21:09:46 [削除依頼]
    はじめまして蟻です

    不束者ですが宜しくお願いします。
  • 3 あり id:DhW6ju4/

    2011-07-08(金) 21:20:42 [削除依頼]

    あたし、穏やかな生ってうけつけないの。いっそ激しく刻まれるくらいがいいわ。

    .

    優兎side

    まりさんは僕の肩に可愛らしく頭をのせた。
    夜の町はシンとしていて公園のベンチに座っていると、本当にこの世界はぼくとまりさんの二人だけ何じゃないかって思えてくるから不思議だ。
    「ゆうとって冷たいわ」
    僕がその肩からつたわる温もりを噛みしめていると、まりさんは唐突に言った。
    「え?」
    「こういうときはどうしたのくらい言うでしょ、フツー」
    え、じゃないわよとまりさんはため息をつく。
  • 4 あり id:dF31A571

    2011-07-10(日) 20:14:26 [削除依頼]
    「どうしたの」
    「遅い!」
    まりさんの笑い声が響く。軽やかで、何故か悲しそうな。
    「……ほんとにどうしたの」
    月明かりがぼんやりと彼女の華奢なシルエットを照らす。
    彼女の顔は、ここからは見えない。
    ただ、珍しいんだ。彼女が、僕に寄り添うなんて。

    それにー、
    風が、優しくて。
    幸せな時間は永遠に続くように思えた。


    だけど、そんなことは有り得なくて。


    「あたし、来月引っ越すわ」


    時は無情に流れていく。
  • 5 あり id:AQVf/jQ0

    2011-07-11(月) 21:47:01 [削除依頼]

    「え」

    景色が、ぼやけていく。
    あんなに温かかったまりさんの体温でさえ……

    バコンッ




    ………………ん?バコン?

    「っら、三谷! 部活中に寝んじゃねーよ」

    目を開くと、目の前に薄い本を丸めて持ち、仁王立ちしたショートカットの女がいた。

    「なにしてくれるんスカ!? 折角まりさんに会えたのに」

    どうやら眠っていたらしい。
    そうだ、僕はどうあがこうとあのころに戻ることはできない。
    いや。僕等、か。


    とにかく、まりさん?
    あれから二年立ちました。東京での暮らしはなれましたか?


    .


    .


    僕は今日も貴方を想っております。
  • 6 あり id:AQVf/jQ0

    2011-07-11(月) 21:59:27 [削除依頼]

    僕にとって大切なのは生きる意味より過程、かな。

    .

    眞梨side


    「好きです、付き合ってください」

    「ごめんなさい。付き合っている方がいるので無理です」

    今月にはいってから何度目だろう。
    あたしはこういうやりとりが嫌いだ。

    好き、といわれるのが嫌なわけじゃない。
    だけど、その"好き"はあたし自身が好きなんじゃない。
    顔とか身体めあてとか、わかりやすい奴ばっかだった。

    だから、呆れるし、うんざりしていた。

    それに、

    断るとき、いつも胸がチクリとするのだ。

    「付き合ってる方がいる」

    あたしとユウトは本当につきあっているのだろうか?
  • 7 あり id:jwbLwZ60

    2011-07-12(火) 21:37:27 [削除依頼]
    優しいユウト。可愛いユウト。怒ったユウト。笑ったユウト……。

    あたしはユウトのことを全て知っていた。
    その笑顔は、全部あたしのモノだった。

    なのに。

    東京に引っ越してきて二年。
    千葉と東京の微妙な距離の遠距離恋愛。


    どうしてかな?
    最近、貴方が分からなくなる。
  • 8 あり id:k5UZCuT.

    2011-07-13(水) 19:34:28 [削除依頼]
    教室に戻り、携帯を開く。
    ざわざわとしたなかで、あたしは期待と不安の入り交じった気持ちだった。


    『新着メール 0件』

    「……っ」

    メールも電話もいつもユウトから着てた。
    だけど、毎日だったのが、段々と少なくなってく。


    疑ってるわけじゃないよ?
    でも、不安なの。

    高校生にもなってばかみたい。


    だけどっ

    やっぱり……怖いよ。
  • 9 あり id:2RCmhMe1

    2011-07-14(木) 19:24:51 [削除依頼]
    .
    あっ。えっと……優兎君、だよね。 
    .

    優兎side

    「まりさん?」

    ショートの女、折原先輩は首をちょいと傾げた。

    「って、ぶちょーだったんすか」

    彼女は部活一怖い鬼部長で。
    僕の血の気はさっと引いた。

    「誰だとおもってたの!?」
    「いや、そのぉ?」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません