ファイナル  4コメント

1 sana id:GbNB0901

2011-07-05(火) 18:10:21 [削除依頼]



   彼女はかつての親友に剣を向けた。
   
   「勝っても負けてもここで決着をつける」

   剣が月明かりの下で光り……


   -世界を揺るがす死闘が始まった-

 
       ファイナル.
  • 2 sana id:GbNB0901

    2011-07-05(火) 19:39:09 [削除依頼]



    この不思議な世界はもとは1つの国であった。
    その世界には美人な2人の王女がいた。
    優しく賢明なスワン王女と冷たく権力を手に入れたいエレク王女。
    性格が違う2人の間にはひびが入り始めた。
    とうとうエレクはこの世界の支配者になりたいという願いから
    スワンに剣を向けた。
    2人は互角に戦ったためエレクは世界を支配出来なかった。
    戦いのため、世界は2つに分裂した。
    スワンは世界の半分を「光の国」と名付けた。
    エレクは世界のもう半分を「闇の国」と名付けた。


    -「光と闇の世界」第1巻1ページより-
  • 3 sana id:GbNB0901

    2011-07-05(火) 19:50:02 [削除依頼]
    01.


    12歳のユリアは光の国と闇の国の国境に1人で住んでいた。
    毎日ここから一番近い城に通っていた。
    「国境城」といってここでは
    勉強を教えてくれる。
    城には4クラスあり、ユリアは4組だった。
    この城には10年間通わなくてはいけない。
    3年ごとにクラスが変わる。
    昨日クラスは3年ぶりに変わった。

    「あーあ、前のクラスに戻りたいなあ。」★
    ユリアは1人で城への道のりを歩きながら
    つぶやいた。
  • 4 sana id:GbNB0901

    2011-07-05(火) 21:01:12 [削除依頼]
    02


    歴史の授業は好きで真面目に聞いていた。
    そのため、いつも成積は良かった。
    リサ先生が本を見ながら読み始めた。
    「今日は我が国のことについて勉強しましょう」
    そういうと生徒たちの顔を見まわした。
    その先生は眼鏡ごしに鋭く見て自分の話を聞いているか
    確かめるのだ。
    「光の国と闇の国ができてもうすぐ300年たちます。
    光の国はスワンが闇の国はエレクが建国しました。
    2人は姉妹であり、大変剣術に優れていたといいます。」

    ユリアも剣術を習っていた。
    今は亡くなった父さんの古い友人のゲンに
    教えてもらってもう8年だ。
    (今日も剣の練習をしよう)

    「そして、スワンとエレクの父、王トラスがこの不思議な世界を
    魔法を使い作ったと伝説では言い伝えられています。」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません