■Perfect・Sky.■5コメント

1 黒猫 id:vk-bOKOIC71

2011-07-04(月) 23:12:14 [削除依頼]
【プロローグ】
いつまでも、この
関係が続くんだと
思ってた。
いつまでも、君と
一緒なんだと
思ってた。
…でも、それは違うんだね。
....Perfect・Sky....
  • 2 黒猫 id:vk-bOKOIC71

    2011-07-04(月) 23:44:32 [削除依頼]
    Story・“Prologue”
    【オヒメサマ】
    ――童話の中の
    お姫様は、皆
    可愛くて憧れてた。かっこいい王子様と結ばれて、羨ましかった。
    「なんなら、俺がお前の王子になってやろうか?」
    君は、そう言ってくれたよね。
    その、何気ない、
    一言……嬉しかったんだよ。
    完璧な空の下で――――――――君と私。
  • 3 黒猫 id:vk-bOKOIC71

    2011-07-04(月) 23:48:31 [削除依頼]
    ■□作者から□■
    (多分)青春系です!
    面白い、と少しでも思ってもらえれば、幸いです^^;
    よければ、コメント下さい((#◯∀◯#)
  • 4 黒猫 id:vk-bOKOIC71

    2011-07-04(月) 23:56:59 [削除依頼]
    Story・1
    【BlueSky-青空-】
    頭は良くないし、スポーツは出来ない。
    そんな私、
    “戸崎 梓”は、悩んでいた。
    なんと今日、二人の男子に告白されてしまったのだ。
    二人共、知らない人なのだが、二人は私の事をよく知っていた。
    …なんか…気持ち悪い。
    もちろん、断るつもり。でも、何て言えばいいのかがわからない。…こんな事、初めてだから。
    「…私の一言が、相手を傷付けちゃう事もあるんだよね…」
    だから、私は朝からブルーだった。
    雲一つない、青空と同じで。
  • 5 黒猫 id:vk-rpFvOWX/

    2011-07-05(火) 00:46:51 [削除依頼]
    Story・2
    【Friend−友達−】
    「アズーー!」
    「…」
    「アズってばー!」
    「……」
    「梓あー?」
    「………うるっさいなあ、静かにしないと」
    私の名前を呼んだのは、
    “小堂 ユカリ”。
    茶色で、天然の髪をフワフワさせながら私に近づくユカリは、まるで童話のお姫様を想像させた。
    「もー…ヒドイよ」
    走るたび翻るスカートが、何ともいえずもどかしい。
    周囲の男子は、皆、ユカリにクギヅケだった。
    …いいなあ。
    リアル・シンデレラだ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません