俺が君の守護霊に5コメント

1 クララ id:jd8dUIV.

2011-07-04(月) 17:48:26 [削除依頼]
登場人物

水城 愛衣 -ミズキ メイ-

愁の恋人。
守護霊となった愁の宿い主。
思いやりがあり優しい性格。

柳生 愁 -ヤギュウ シュウ-

愛衣の恋人。
不慮の事故によって事故死するが
愛する愛衣の守護霊となって蘇る。
  • 2 クララ id:jd8dUIV.

    2011-07-04(月) 17:52:46 [削除依頼]
    私のことを愛してくれた貴方。
    私も貴方を愛していました。

    たとえ人間と霊になっても――
    私と愁の愛は永遠だよ。

    ずっとずっと傍にいて。
    私の傍に―……。
  • 3 クララ id:jd8dUIV.

    2011-07-04(月) 18:02:39 [削除依頼]
    ――七月四日。
    それは私の二十回目の誕生日であり
    私と愁がつき合って十年目の記念日でもあった。

    ずっと前から立てていた計画。
    私の家で誕生日パーティと記念パーティとを
    兼ねたお祝いを二人でする予定だった。

    よりによってそんな大切な日に――。

    街から少し外れ、人気の少ない
    閑静な住宅地に立つ私の家に
    来る途中のこと。

    本当に突然のことだった。

    ――私の大好きな彼.愁が死んだ。
  • 4 クララ id:jd8dUIV.

    2011-07-04(月) 18:09:28 [削除依頼]
    連絡を受け、それまでしていた準備も
    何もかもを投げ出して
    私が病院に駆けつけた時には―……

    愁はもうこの世からいなくなっていた。
    死んだのだ。
    私一人だけこの世界に残して。
  • 5 クララ id:jd8dUIV.

    2011-07-04(月) 18:39:39 [削除依頼]
    少し遅めの初恋に
    胸を高鳴らせ始めたのは今から十年前。

    それから半年
    初恋の彼.愁だけを見てきた。

    ずっと想いを寄せていた愁から
    「好きだ」と言われた時のことを
    今でも昨日のことのように覚えている。

    つき合ってからも
    それまで知らなかった愁の
    意外な一面や性格など発見の連続で
    日に日に愁への想いは高まっていった。

    順調に交際を進めてきた。
    キスだってしたし
    好きな人と手をつなぐことの幸せも知った。
    ――全部愁が教えてくれたこと。

    愁のおかげで
    私はこの十年間――ずっと幸せだった。

    だからせめて何か恩返しがしたくて。
    今日のパーティで愁に
    プレゼントを贈ろうって決めていた。

    そう、決めていたのに。

    目の前にあるのは
    たくさんのチューブや機器につながれて
    微動だにせず眠ったままの彼。

    体のほとんどを包帯でぐるぐる巻きにされて
    まるでサナギみたいに硬くなった
    変わり果てた愁の姿――。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません