いりみだれ4コメント

1 プレス id:vIVigCo/

2011-07-04(月) 17:22:32 [削除依頼]
初めてオリジナルの小説を書きます。楽しんでいただけ
たのなら、幸いです。

8年前、僕は、ある少女とであった。
僕「きみ、だれ?」
少女「わたし?わたしはマリン。アクア・P・マリン。
あなたの名は?」
龍「僕は、龍」
マリン「龍、いい名前ね」
龍「そ、そう?///」
これが、マリンとのはじめての出会い。
  • 2 プレス id:vIVigCo/

    2011-07-04(月) 17:35:53 [削除依頼]
    8年後、俺は天乃神(あまのがみ)中学に入った。
    龍「はぁ〜」
    ???「どうしたのさ、たっちゃん」
    今話しかけてきたのは、幼稚園時代からの数少ない友達
    だ。名前は天川大(あまがわ おおみ)
    天川「ため息なんてついて」
    龍「なんでもいいだろ」
       その頃、天界では。
    ゼウス「マリンよ、そなたに任務を与える」
    マリン「何でしょう」
    ゼウス「この者を、護衛してほしい」
    マリン「わかりました」(龍!)
    「では、今すぐに参ります」
    ゼウス「ウム、頼んだぞ」
    マリンは、龍たちの住む下界にむかっていった
         地上
    生徒A「なんだ?あれ!」
    クラスメイトの一人がそう叫ぶと、クラスの全員が空
    からふってくる物に、釘付けとなった。
    そして”それ”は中学校のグランドに落ちた。
  • 3 プレス id:vIVigCo/

    2011-07-04(月) 20:35:53 [削除依頼]
    マリン「ここが、龍の通っている教育施設・・・。」
    先生「外見てないで!とっととせきもどれっ!!!!」
    先生がそういうとみんな、席に渋々もどった。龍を除いて。
    龍「あの髪、似てる!似てるけど、ほんとに・・・?」
  • 4 プレス id:vIVigCo/

    2011-07-04(月) 20:43:15 [削除依頼]
    気付けばいつの間にか、マリンが龍の教室に入っていた。
    周りの生徒「綺麗だなぁ〜」
    龍「え・・・。」
    マリン「あ・・・!」
    龍「マリンなのか・・・?マリンなのか!?」
    マリン「龍・・・!合いたかったy」
    マリンが抱きつこうとしたとき、龍の拳が貫いた。
    龍「馬鹿野朗!なんで突然目の前からいなくなったんだ!!あの後から
    ずっと心配したんだぞ・・・!!」
    マリン「ごめんなさい・・・。」
    龍「でも、よかった。無事でいてくれて」
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません