2人で誓った日52コメント

1 夢愛 id:i-V8N0h1X0

2011-07-03(日) 20:05:51 [削除依頼]
私達が出逢った日
覚えてる?―…
私は忘れてないよ。
忘れられなかったのカモしれない。

―雨の日だった。
その日は私の誕生日、
祝ってくれる人なんか到底いない。
最悪の日だった。
傘を忘れた私は止むまでシャッター商店街の所で雨宿りをしていた。
もう何もカモが嫌だ、
しゃがみこんで、やむのを待った。
  • 33 羅彙 id:i-Ic3L6JE0

    2011-07-16(土) 13:59:22 [削除依頼]
    それから数週間後…
    私だけの退院となった。葵は出口まで見送ってくれた。
    「明日くるからね。待ってて、」
    「おう。」
  • 34 羅彙 id:i-Ic3L6JE0

    2011-07-16(土) 18:33:30 [削除依頼]
    わたしは病院から帰ってくるとすぐに、メールをした。
    『今到着したよ(^-^)』 また少したつと
    『そっか、暇だ…(>_<)今日来れないよな、』
    今帰ってきたんですけど!!!!(笑)
    まぁいってあげようかな、
    『いいよ、』
    嬉しかったのかすぐに
    返信がきた。
    『まじで?!!?まってる』相当喜んでるな。
    わたしはすぐに駅に向かった。
  • 35 羅彙 id:i-Ic3L6JE0

    2011-07-16(土) 18:47:58 [削除依頼]
    《葵》
    愛が来てくれる。
    嬉しすぎる。
    こんな毎日がこれから
    当たり前の様に続いていくんだろな―…。♪〜♪〜♪〜
    【美矢華】『入院してるんだって?今からいくから。』
    はっ?今から?愛が来るんだよ!!
    お前ぢゃねぇんだよ…。なんでだよ、
    『くんな。絶対に』
    愛には絶対会わしたくないし。愛を危険な目にあわしたくない。
    美矢華…お前はいつもなんで俺の幸せを奪っていく?なんで人の大切な奴を平気で消せる?
    意味がわかんねー。
    【美矢華】『無理。もう着いたし、』
    もう着いた??
    愛は?????
    俺はすぐに愛に電話した。
    『あっ葵?どうしたの?』
    「もう着いた????」
    『ううん。後もう少し』「じゃあちょっと近くで時間潰してくれない???急に点滴しなきゃ駄目になってさ。」
    『あっ。わかった!終わったら連絡してね。』
    プチ―………。
    俺から呼んだのに、嫌な事してしまった、
    コンコン…
    「はい、」
    「あ・た・し」
    「どうぞ、」
    カラカラ―…。
    「何のよう?」
    『お見舞いに来てあげたのに、その言い方ないんじゃないの?』
    笑いながらいう美矢華…ある意味不気味だ…
    「あのな、俺にはもう彼女だって居るんだ!だからメールも会うのももう終わりだ」
    『は?彼女?誰かはもう調査済み。まさかあんな奴とはね、』
  • 36 羅彙 id:i-Ic3L6JE0

    2011-07-16(土) 19:30:45 [削除依頼]
    美矢華は俺の耳元でささやく――…。
    『美名塚。愛でしょ』
    は?どうして知ってる、「やめろ、愛にはなにもすんな。」
    『ふんっ…そんな簡単にいいよなんていわないわよ…。』
  • 37 羅彙 id:i-Ic3L6JE0

    2011-07-16(土) 22:26:39 [削除依頼]
    『キスしてくれたらいいわよ。』
    なっ!!!
    でも一回で愛が救えるなら…。
    「いいよ、」
    『本当に?じゃあして。ちゃんとよ、』
    美矢華は目を閉じた。
    俺は愛ごめん―……。
    そう思いながら美矢華に顔を近づける。
    『ンっ―…。はぁ…』
    遂に俺は、キスを……
    『中々の出来ね。じゃあ帰るわ。さよなら、またくるわね。』
    「もう来るな。」
    ガラガラ―…。
    「くっ――…そォ」
    俺は、罪悪感に心を縛られた。
    そのまま俺は寝てしまった、
    時間は夜9時。
    やっと目が覚めた。
    携帯をふと見ると、【新着メール五件】【着信八件】
    うっわぁあ。やってしまった、
    とにかくメールしよ。
  • 38 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 06:34:10 [削除依頼]
    プルプル―…。
    まず電話をかける事にした。
    「あんな、ごめん!!寝てしまったんだ。」
    『っ――……………。』「愛ごめん。」
    『でも―…キスしてた。』ん?キス?なんで知ってる?
    「キスなんか!!―…す」『でも見ちゃったんだからしょうがないよ!!!!』ブチ―…
    なぜ?なんでだ?
    どうしていつも、大切な大切な人はすぐ俺の
    前から消えようとする??
  • 39 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 14:07:46 [削除依頼]
    見てた?
    俺がキスした所を……
    キスしたのは愛の為。
    そうじゃなかった。
    愛の為ならキスなんかせず2人で美矢華に立ち向かえばよかった。
    今更遅いかー…?
  • 40 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 15:02:05 [削除依頼]
    《愛》
    まだかな。
    点滴でも喋る事ぐらい、できるよね―…。
    行ってみよう。

    *****病院*******
    私は葵の病室につきノックをしようとした。
    瞬間――――…。
    「キスしてくれたらいいよ。」
    ……………―??????
  • 41 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 16:24:56 [削除依頼]
    んっ?
    今なんて―………?
    私は目を細め中を覗く。「いいよ。」
    えっ??????
    葵――………キスしたらいいよ。って言われて、いいよ。って言った!?? 2人がキスしてるのを、見ちゃった私―……。
    どうしたらいいの―????「じゃあまたくるわね。」
    やばっ!こっち来る。
    って何で私が逃げなきゃいけない訳――。
    私は、急いでエレベーターの所まで走った。
    美矢華と目があった。
    「こんにちは。」
    美矢華が喋りかけてくる。私は「あっ、こんにちゎ………――。」
    微かな声で返事した。
  • 42 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 17:27:43 [削除依頼]
    私は訳が分からず
    家に戻った。
    誰にも助けを求めれず…嘘だ…。
    嘘って言って。
    ねぇ…誰か。
    ウソッテイッテ………
    私はメールをした。
    『今日いけなくてごめん』って返事がなかった。何か怒ってるのかな。
    怒りたいのは…私だよ。『怒ってる?』
    いっぱいメールをしたが返事がなかった。
    もしかして…………
    また美矢華が来てるんじゃあ。
    そんな事しか頭になかった。
    不安に押し潰されそうな私。
    ♪〜♪〜♪〜♪
    聞き覚えのある着メロ
    葵…………?
    電話だ…私は渋々でた。『ごめん!!寝てしまったんだ。』
    …………………………。本当に?
    信じれなくなってきたよ。
  • 43 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 17:36:40 [削除依頼]
    「でもキスしてた。」
    『っ…キスなんかす』
    「でも見ちゃったんだからしょうがないよ!!!」きつく言っちゃったし。一方的に切っちゃった、
  • 44 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 21:10:59 [削除依頼]
    意味が分かんないよ―…葵。
    ピーンポーン―…
    今は深夜2時。
    誰?こんな時間に、
    不安なのでインターホンから
    覗いた。
    まっ葵?????!!!!!!
    なっえっ…
    ガチャ―
    「はい。」
    『ごめん!!!!!俺―…馬鹿だった。キスすればお前を救えるとか思ってた―…けどただの自己満だよなー…だから、』

    「言わないで、私も悪いんだ。一人で突っ走って、キレてごめん!!!!!」『っつー事で仲直りな』チュッ…………
    「きゃっ…」
    急でビックリした。
  • 45 羅彙 id:i-TmD.mqC0

    2011-07-17(日) 21:16:07 [削除依頼]
    『嫌だった???!』
    意地悪そうな顔で言ってくる。
    「馬鹿―…ぅっふぇーんぅあぁん」
    なぜだか私は大号泣。
    『どうしたんだよ。』
    ビックリした様に
    言って頭を撫でてくれる、「だって………―ぇ」
  • 46 羅彙 id:i-yY7nAfR/

    2011-07-18(月) 16:07:17 [削除依頼]
    『一回落ち着け、なっ???』
    優しすぎ。
    反則だよー…
    私は深呼吸した。
    「大丈夫!気にしないで!」
    『大丈夫か。良かった』
  • 47 羅彙 id:i-yY7nAfR/

    2011-07-18(月) 17:37:24 [削除依頼]
    私…
    葵が私の物じゃなくなるんじゃないか。
    心配だった。
    「泊まっていく?」
    『何?誘ってるの?』
    意地悪そうな顔をする。
    「ちっがぁあう。」
    『わかってるよ―』
  • 48 羅彙 id:i-yY7nAfR/

    2011-07-18(月) 18:20:56 [削除依頼]
    私は自分の部屋まで案内した。
    「ココが私の部屋ね‥!」
    『へー綺麗じゃん。』
    気付いたら葵はもうベッドであぐらをかいていて。
    「飲み物ついでくるね」
    『おぅ。待ってるな!』
    私は一階に降りた。
    コポコポ―…。
    ミルクティーをコップに注ぐ。

    お菓子も持って行く。
    両手が塞がった………
    私は自分の部屋の前で…叫んだ。
    「葵あけてぇーー」
    『はいはい…ちょっと待って!!』
    ガチャ―…
    「ありがとうー!」
    私はミルクティーとお菓子を机に置き、
    ベッドに座った。
    『チュウしよ。』
    えっ?ってゆうか病院大丈夫なの?????
  • 49 羅彙 id:i-yY7nAfR/

    2011-07-18(月) 18:27:48 [削除依頼]
    「病院ゎ?大丈夫なの?」
    『一応外出許可得た。』
    ふーん…ひとまず安心。
    『なぁチュウしよ。』
    懲りない……(笑)
    「いいよ。一回だけだからね。」
    葵がしてきたのはチュウなんかじゃなく、キスだった。
    「んっ…は………ぁう」
    激しく甘い甘いキスだった。
    『好きだよ。』
    「私も。」
    私達はそのまま深い深い眠りに落ちた。
  • 50 羅彙 id:i-yY7nAfR/

    2011-07-18(月) 18:27:55 [削除依頼]
    「病院ゎ?大丈夫なの?」
    『一応外出許可得た。』
    ふーん…ひとまず安心。
    『なぁチュウしよ。』
    懲りない……(笑)
    「いいよ。一回だけだからね。」
    葵がしてきたのはチュウなんかじゃなく、キスだった。
    「んっ…は………ぁう」
    激しく甘い甘いキスだった。
    『好きだよ。』
    「私も。」
    私達はそのまま深い深い眠りに落ちた。
  • 51 羅彙 id:i-yY7nAfR/

    2011-07-18(月) 18:28:34 [削除依頼]
    間違い
  • 52 ジョバンニ id:BeR3wwP0

    2011-07-19(火) 17:46:48 [削除依頼]
    評価に来たジョバンニです。どうぞよろしく。

    遅くなってしまい申し訳ありませんでした。未熟者ゆえ至らない点があると思いますが、どうか温かい目で見てくれると助かります。
    それでは始めますね。
    分かりやすい恋愛系の物語で、少なくとも登場人物達の心情はよく伝わりましたね。しかし文体が安定しておらず、描写においてもまだ慣れていないのだなと思える部分が見られました。とはいっても十二分に面白さを秘めているので、是非基本を重点的にこれからも頑張ってほしいです。
    <アドバイス>
    未熟者ながらアドバイスさせていただきます。
    まず展開について。序盤の部分を例えとして使わせてもらうと、いきなり次の日になってしかも前触れもなく学校からスタートする展開がありますね。これではいくらなんでも読者は場面が急に変わりすぎてスピードについていけません。つまり展開が早すぎるのです。描写を多くしたり考えごとをさせたりと、展開を遅くさせる方法はかなりあるので、まずは読者がついていける展開のスピードを意識してはどうでしょう。
    次に描写全体について。小説をよく知らない人はたまに「描写を増やせば小説は良くなる」と思う節がありますが、もちろんそれは違いますね。描写が少なくても、多くても、本来はどちらでも良いと思います。まあそれは別として、描写には臨場感を表現する大切な役割もあります。つまりリアリティーですね。あなたの小説は描写が少ないので、せめて行動の中に情景を入れたりと、その場の様子を少なからず増やしてはどうでしょう? 前に言った通り、描写を増やせと言っているのではなく、臨場感を大切にしてほしい、ということです。そうすれば小説もさらに生き生きとするはずです。
    最後に改行について。俺個人の意見ですが、よく意味のなさそうな改行があったので、一度お考えくださればありがたいです。
    <総合評価C>
    これで評価終了です。上から目線すいませんでした。
    質問などは遠慮なく準備板にて。では失礼します。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません