朽ちた約束と壊れた鏡8コメント

1 影月玄冬 id:aC.pq3n/

2011-07-03(日) 11:26:46 [削除依頼]

 君が僕を忘れてしまっても
 君が俺を忘れてしまっても

 僕が君を忘れてしまっても
 俺が君を忘れてしまっても

 交わした約束が朽ちない限り
 鏡合わせの世界は無くならない
 
 
「               」
  • 2 影月玄冬 id:aC.pq3n/

    2011-07-03(日) 11:28:13 [削除依頼]
    *被験体52D-MA21の逃亡
     の、サイドっつーかアナザーストーリーです。
  • 3 影月玄冬 id:aC.pq3n/

    2011-07-03(日) 17:59:51 [削除依頼]
    第1章

     誰かが呼んでいる、

     そんな気がして。

    * * * * * *

     襲いかかってくる四体の訓練用人形。
     念力によって操られているそれは、見ていて気味のいいものではない。
     顔はなく、人に模した形だけの真白のヒトガタ。
     関節をガチャガチャ鳴らして近づいてくるそれに、黒い固まりを向ける。
     そうしてくい、と指を動かせば響く爆音。
     ヒトガタは白い屑をまき散らして崩れ落ちていく。
     まずは、ひとつ。
     あまりにも弱すぎるそれに落胆しつつ、再び銃を構える。
     ふたつ、みっつ。そして、よっつ。
  • 4 影月玄冬 id:aC.pq3n/

    2011-07-03(日) 21:33:55 [削除依頼]
     順々に破壊されていく、ヒトガタたち。
     訓練用と称されてはいるが、いかんせん弱すぎる。
     こんなもので訓練をしたところでたかがしれている。
     頭が痛くなるのを感じながら、塵埃と化したヒトガタを一瞥した。
     破壊されて、もう動くことはない、ヒトガタ。
     目も何もないのっぺりとした顔だけが原型を止めて転がっていて、不気味だ。

    「伊那、」

     銃をホルスターに戻し、四角い訓練場の端にあるカメラに話しかける。
     別室で、撮影された映像をライブで観賞している奴がいるはずだった。
     案の定、すぐに天井のスピーカーの電源が入った。

    『あー、あー、聞こえてますかー』

    「聞こえてる。伊那、もうちょっと強いヒトガタないの?」

    『あは、やっぱり弱かった? それ。でも、うちの人形師じゃそれが精一杯てのが現状』

    「まじでか……」

     ここの戦力がどうなっているのか、考えたくもなくなった。

    「……まあいい。とりあえず、所長に挨拶しにいくか」

    『場所わかる?』

    「わかるわけないだろ、来たばっかなのに。伊那、案内しろ」
  • 5 chero id:/mP82D/0

    2011-07-03(日) 21:37:13 [削除依頼]

    玄冬だー!!!!

    ごめんなさい、感動してしまって(笑
    覚えてる?もとルイだよ^^

    忙しくってキャスフィ来れなかったんだ><
    アナザーストーリーってことは完結したの!?
    この話も楽しみにしてるよ!!
  • 6 影月玄冬 id:aC.pq3n/

    2011-07-03(日) 21:56:46 [削除依頼]
     はいはい、と呆れたような声とともに放送は切れた。
     それからすぐに、白い自動ドアがウィン、と小さな音をたてて開く。
     視線をやれば、そこに立っていたのはどピンクの頭をした青年だった。
     くるくるとした猫毛は毛髪きつそうな色に反してさほど傷んだ様子はない。
     相手を値踏みするような視線を寄越す目は赤茶で、どこか挑発的だ。
     チャラチャラと歩く度に鳴るアクセサリーと、耳につけられた大人しめのピアス。
     ピンクの頭髪に、深紅の石のそれはよく栄えていた。

    「早いな、伊那」

     驚いてみせれば、伊那はえへ、と笑みを浮かべる。

    「モニター室、この真上の階だし」

    「ふーん……」

    「興味なさそうだね」

    「事実、興味ないし」

     早く所長のところへ連れていけ。
     そう目で促せば、伊那はやれやれと首を振り、俺の手をとって歩き始めた。

    「……なんで手ぇ繋いでんだよ」

    「いいじゃん、俺たちの仲でしょー」

    「どんな仲だよ」

    「どんなって恋びtほぐえ」

     何やら嫌な予感がしたからとりあえず伊那の腹を蹴飛ばしておいた。
     頭わいてんのか、このピンク頭。鳥の巣みたいな髪の毛しやがって。
  • 7 影月玄冬 id:aC.pq3n/

    2011-07-03(日) 21:59:55 [削除依頼]
    >>chero
    覚えてる覚えてる^ ^
    そして完結はしていない(どーん)
    え、ええと、うん、少ししか被験体と被らないんだけどね
    被験体のほうも、近々更新再会しようかと思ってます
    テスト終わったらね!
  • 8 朱町やぐね(玄冬) id:GPH1JZ40

    2011-07-09(土) 23:50:16 [削除依頼]
    ◇◆◇

     所長室というものはもう少し立派なものだと思っていたが、実際はそうでもないらしい。他の部屋と同じような無機質な扉に打ちつけられたプレートと、明朝体で掘られたなんともあからさまな「所長室」の文字。鍵だけは一丁前に指紋、網膜認証で、それなりにガードは堅いようだが。伊那の話によると、扉や周りの壁の素材も違うらしい。見た目は同じなんだけど。その上能力者を使って防護してるっていうから、どんだけ大事なもの隠してんだよ、て感じだ。

    「失礼します」

     と、伊那が開いた扉から室内へ入っていく。俺もその後に続いた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません