赤い鎖4コメント

1 ユウキ id:6XBzdeD.

2011-06-29(水) 21:56:51 [削除依頼]


赤い糸、なんて

そんなんじゃ見失っちゃうじゃない


もっと、


――つよい絆で結ばれたいの……。
  • 2 ユウキ id:6XBzdeD.

    2011-06-29(水) 22:01:28 [削除依頼]

    あたたかくで
    だけど、胸が痛くて

    不確かなもの。

    ――episode1,  愛.
  • 3 ユウキ id:6XBzdeD.

    2011-06-29(水) 22:01:59 [削除依頼]
    >2 × あたたかくで ○ あたたかくて
  • 4 ユウキ id:6XBzdeD.

    2011-06-29(水) 22:17:04 [削除依頼]

    誰かが貴方を化け物と呼んだ。


    「村から出ていけ」

    そう言った男の首に、私は小刀を突き付けた。
    ヒッと短い悲鳴とともに男の顔は恐怖の表情に染まる。

    「二度とその口きけなくしてやる」

    自分でも疑うほどの低く、殺意を帯びた声。
    どうしようもない怒りと悔しさで私は無意識に泣いていた。

    ――もう、何度目だろう……。

    小刀を握る手に力がこもる。男の瞳孔は恐怖で開いた。

    「イノリ」

    背後から聞こえる愛しい声。

    「やめろ」
    「でも……」
    「俺は……、気にしていない」

    私はおとなしく男の首から刃を離した。
    男はふらつきながらもときた道を引き返していった。

    声が出ない。のどにこみ上げる何かが苦しい。
    後からとめどなく溢れる雫が頬を伝って零れていく。
    視界がぼやける。乱暴に目元をぬぐった。

    ふと、頭に置かれたあたたかい手の感触に戸惑う。

    「カガリ……悔しい」

    「イノリがいるなら、あとはいいんだ」

    ――嘘つき。

    貴方は、カガリの声は。きっと悲しみからだろう。

    かすかに震えていた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません