◇◆バスケINラブ◆◇121コメント

1 ぱんだ id:KX/3z0c/

2011-06-29(水) 19:44:29 [削除依頼]
バスケINラブ=バスケにラブ注入

私、立花華恋は今本気の恋をしてます!

その相手は黒野練くん。
いえ、練様*

練様は、この学校の王子様的存在で、練王子のために遠くからこの学校に来る人もいる。

でも練様は、やたらのバスケ馬鹿で、恋なんか興味無いらしい
もったいね-。

だから私がバスケお馬鹿さんの王子様にラブ注入!
をしたいわけ。
  • 102 宮羅々@ぱんだ id:Thrnrx51

    2011-07-27(水) 21:44:16 [削除依頼]
    ピ---!!!
    大きな笛の音で試合が始った。

    あたし「練様がんば-っ!」
    永久「星悟くんがんばれ-っ!」

    あたしらの周りは歓声でいっぱいだ。

    あ、凌真先輩シュートした!
    永久「あんたの先輩ナイスじゃん」
    あたし「ぅ、うん」

    あ、練様のミラクルシュート!!!!
    きたぁぁ!!

    あたし「練くんナイス-!!」

    思わず叫んでしまう。
    すると、練様があたしに向けて微笑んだではありませんかっ!!

    きゃ--!!><

    そして試合は終った。
  • 103 宮羅々@ぱんだ id:Thrnrx51

    2011-07-27(水) 21:54:33 [削除依頼]
    永久「華恋帰んないの?」
    あたし「うん。凌真先輩の返事しなきゃない」
    永久「そっか、がんば」
    あたし「ばいば-い」

    階段のとこに座って先輩を待つ。

    翔輝「っよ!なにしてんの1人で」
    あたし「ちょっとね-」
    翔輝「ま、いいやっ。じゃ-な」
    あたし「ばいばい」

    先輩まだかな-。

    凌真「華恋ちゃんっ」
    あたし「っあ、先輩っ」
    凌真「ごめん待たせて」
    あたし「いえいえ-」
    凌真「で、返事は?」
    あたし「あ、はい。あの-……私、好きな人がいるので…」
    凌真「好きな奴がいてもいいよ。そいつ以上に俺のこと好きにさせるしっ。だから1週間だけ俺と付き合ってみてよ」
    あたし「っえ。………でも他の人を好きなまま付き合えませんよ…」
    凌真「たのむっ!1週間だけでいいからさっ!」

    そう言って先輩はあたしに向かって必死にお願いしてくる。

    あたし「……じゃ、じゃぁ1週間だけ-…」
    凌真「よしっ!ありがとうっ」

    凌真「じゃぁさっそく、一緒に帰ろっ!」
    あたし「っ!…はい-っ」


    今日はここまでb
  • 104 宮羅々@ぱんだ id:N1wcnr50

    2011-07-28(木) 14:18:43 [削除依頼]
    先輩となんとか話しをはずませながら歩く。

    凌真「今は恋人なんだから、家まで送るよっ。もう結構暗いし」
    あたし「ありがとうございますっ」
    凌真「あと、敬語はなしっ、タメでいいよ」
    あたし「ぁはい、じゃなくて-うんっ」
    凌真「なんなら先輩って呼ぶのもなしにするっ?」
    あたし「いやいや、それはだめっ///」
    凌真「華恋ちゃん照れてる-かわい-」

    あたし「あ、ここでいいよっ」
    凌真「え、でも」
    あたし「家そこなんで」
    凌真「そっか、じゃぁばいばいっ」
    あたし「ばいば-い」

    ふぅ-。
    なんか1週間付き合うことになっちゃったな-。
    まぁ1週間だけだし、1週間たったら終わりだし。

    あたしは今まで通り、練様一筋で!

    あたし「ただいま-」

    そして今日も1日が終った。
  • 105 宮羅々@ぱんだ id:N1wcnr50

    2011-07-28(木) 14:25:16 [削除依頼]
    次の日

    あたし「いってきま-す」

    そう言って家を出た。

    凌真「っよ」

    家を出ると、目の前に先輩の姿が。

    あたし「先輩っ!??」
    凌真「なんか逢いたくなってさ///」
    先輩は照れながら言う。

    あたしが驚いていると先輩がいきなり抱きしめてくる。

    あたし「っ!!///」
    凌真「ごめんっ//ちょっとだけこうやっていさせて///」


    驚きで言葉が出ない。

    練様-。
    私はあなたが好きです。
  • 106 宮羅々@ぱんだ id:N1wcnr50

    2011-07-28(木) 14:31:41 [削除依頼]



    あたし「ぁ、あの-先輩っ??」

    ますます強く抱きしめられる。

    凌真「ごごごごめんっ!苦しかったよねっ?////」

    ばっと手を離して、とまどっている。
    顔は真っ赤だ。

    凌真「じゃ、じゃぁ行こっか」
    あたし「ぁ、はい//」
    先輩に手を引かれて歩きだす。


    練様「……華恋ちゃん?……なんで…?」
  • 107 宮羅々@ぱんだ id:N1wcnr50

    2011-07-28(木) 14:38:09 [削除依頼]
    side*練

    俺「いってきま-す」

    いつものように家を出る。


    ぼ-っとしながら歩いてると華恋ちゃん発見!

    俺「っ華恋ちゃ……」

    華恋ちゃんの名前を言いかけた時、俺が目にしてしまった光景は、華恋ちゃんがバスケ部の先輩に抱きしめられてるとこ。

    2人が離れた後は、凌真先輩い手を引かれて歩いてる。

    俺「華恋ちゃん…?…なんで!?凌真先輩とっ?」


    心がぎゅぅってなった。
    悔しさと悲しい気持ちが重なって、苦しい。

    今すぐにでも先輩から奪いたい。
    俺のものにしたい。
  • 108 宮羅々@ぱんだ id:N1wcnr50

    2011-07-28(木) 14:47:54 [削除依頼]
    side*華恋

    永久「ありゃま-、どんまいじゃんっ。でも1週間付き合ったら終わりなんでしょ?」
    あたし「うん-……あたしは練様一筋なのにぃっ」

    さっき抱きしめられた時はほんとにびっくしした。
    あれが、練様だったら……


    翔輝「で、お前はそれでいいの?」
    あたし「え?」
    翔輝「だから、練様一筋なのに、好きでもない奴と付き合っていいのかって聞いてんの」
    あたし「……それは…やだ」
    翔輝「だろ?じゃぁどうすればいいのかな-」


    もう1回先輩に言ってみよう。
    わかってもらって、これからも練様一筋で!
  • 109 宮羅々@ぱんだ id:N1wcnr50

    2011-07-28(木) 15:10:40 [削除依頼]
    放課後

    永久「今日部活ないの-?」
    翔輝「うん」
    永久「めずらし-」

    先生「立花-っそのプリント印刷室に運んでおいてくれ」
    あたし「え-めんどっ」
    永久「今日は華恋が捕まったか-。ドンマイ!笑」

    しぶしぶプリントを持って印刷室へ向かう。

    印刷室に入る。
    あたし「ここに置けばいいのかな-」
    ガラガラっ
    ドアが開いた。
    ドアの方を振り向くと練様がプリントを持って立っている。

    あたし「練くんも先生に捕まったの-?」
    練様「うん…」

    練様「華恋ちゃんってさ…凌真先輩のこと好きなの?」
    あたし「え?」
    練様「今朝見たんだよね-抱き合ってチュウしてるとこ」
    あたし「チュウはしてないよっ!//////」
    練様「でも抱き合ってたのはほんとでしょ」
    あたし「ぅん…///」

    見られてたんだ…。

    練様「ちょっとショックだな-」
    あたし「え!??///」
    練様「2人って付き合ってるんでしょ?」
    あたし「違うよ!……ま、まぁそうなんだけど」
    練様「華恋ちゃんって俺のことどう思ってる?」
    あたし「ど、どうって…//////」
    練様「好き、普通、嫌い、かっこいい男子、仲がいい友達……どれ」
    あたし「ぇ、えっと-////」

    今練様はあたしの近くの目の前にいる。
    あたしの顔と練様の顔の距離は、すごく短い。

    まともに話も聞けないよう。

    練様「顔が真っ赤だけど?^^」

    練様ってあたしが練様を好きなこと知ってるのかな。

    練様「早く答えないとキスしちゃうぞ^^」
    そう言って練様はあたしの手を握った。

    あたし「っ/////練…くん?////」

    練様は、ニヤっと笑ってあたしの唇にキスをする。

    あたし「っ/////れ…ん//」

    唇が離れた。


    練様「じゃ、ばいばい」

    練様の顔が見れないまま、別れた。


    練様の姿が見えなくなると同時に体の力が抜けて、私は床に座り込んだ。

    まだ唇が熱い。
    練様の感触が残る。

    玄関から外に出ると、凌真先輩が立っていた。
    凌真「華恋ちゃんっ」
    あたし「っ先輩」
  • 110 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 19:57:06 [削除依頼]
    凌真「どしたの?顔真っ赤だけど…」
    あたし「っえ?いや、な、なんでもないっ//」


    沈黙がつづく。

    こんなの言えるふいんきじゃないよ-><

    凌真「まだ好きな奴変わってない?」
    あたし「ぅ、うん…」
    凌真「そっか…」

    あたし「じゃ、ヵ、帰りますっ…」
    凌真「じゃ-ね」

    先輩が笑顔で手を振る。
    頑張って笑顔をつくって振り替えした。
  • 111 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 20:02:32 [削除依頼]
    家についたら、ますますパニック状態になった。

    どどどど、どうしよう!!
    あたし、学校の王子にキキキキ、っキスされちゃったよ-!!

    //////////

    でも、練様に先輩とのこと見られちゃった…

    「ちょっとショックだな-」
    練様はそう言ってたけど、それってどういう意味!??

    あぁ-もうっ、永久に電話しよっ!

    あたしは携帯を開いて永久に電話をかける。
  • 112 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 20:10:36 [削除依頼]
    永久「もしもし-」
    あたし「っ永久!ぁ、あのさ-っあたし…練様にキッスされたっ」
    永久「……………まじか」

    この永久の反応は本気で驚いてる時の。

    あたし「まじなのっ////どうすればいいのかわからんっ!助けてっ」
    永久「どういうタイミングでキッスされたの」
    あたし「えっと、今朝家出たら先輩が立ってて抱きしめられたの、そこを練様が見たみたいで、ちょっとショックだな-って言って」

    あたしは焦りながらも出来事を話した。

    永久「ふ-ん。で、先輩には言ったの?無理ですって」
    あたし「それは言えなかった…」
    永久「言えなかったあぁ!??ありゃま、早く言わないと大変なことになるぞ」
    あたし「ぇえ!!なにしょれ怖いんだけどっ!><」
    永久「じゃ言え。なにしょれってwwじゃ、切るねブチッ」

    あたし「切られたっ…」
  • 113 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 20:14:38 [削除依頼]
    その日の夜

    あしたは絶対言わなきゃ!
    あたしが好きなのは練様だし。


    先輩の断り方を何度も何度も練習した華恋であった。
  • 114 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 20:19:12 [削除依頼]
    次の日

    今日こそ言うんだ!
    あたし「いってきま-す」

    玄関を出る。

    また先輩がいそうだな-。
    辺りをキョロキョロ見渡す。

    よし!
    いない!

    安心して学校へ向かった。
  • 115 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 20:30:16 [削除依頼]
    学校につくと、翔輝発見!

    あたし「おっは翔輝」
    翔輝「お-華恋っ、今日こそ言えよなっ」
    あたし「わかってるよっ」

    翔輝「おい!あれって凌真先輩じゃねっ」

    翔輝の指す方向を見ると確かに先輩が歩いてる。
    翔輝「今言っちゃえよ。最初に言っといたほうが楽だぜ」

    翔輝にそう言われて先輩を追いかける。

    あたし「先輩っ」
    凌真「っあ華恋ちゃん!どした?」
    あたし「あの-」

    私は王子様の恋人になるんだ!
    練様じゃなきゃ嫌!

    あたしが好きなのは練様だけ!!

    あたし「あのっあたし、やっぱり先輩とは付き合えません!!!><」
    凌真「っ!!?ちょっと華恋ちゃん声でかいっ」
    あたし「あたしは好きな人がきます!先輩をその人以上には思えません!!><」
    凌真「ちょ華恋ちゃんっ(汗)」
    あたし「まだ片思いだけど、絶対に恋人になってやる!そんではっ、さよなら!」

    あたしは言い終わると教室まで突っ走った。

    たくさんの視線には気づいてた。
    もの凄いほど視線を感じてた。

    よく頑張った!あたし!
  • 116 宮羅々@ぱんだ id:HtcFWKY/

    2011-07-28(木) 20:38:31 [削除依頼]
    永久「華恋-!!あんたよくやった!さすがあたしの親友!」
    あたし「むほほほっ♪」
    翔輝「むほほってwww」
    永久「あとは告白だけっすな」
    あたし「ぅお-っそれが1番大きな壁っっっ」
    翔輝「ま、練が駄目だったら-ぉ、おれもいるしぃ-みたいな-!!///あはは////」
    永久「あんたは黙ってろ」
    あたし「でも、まだ無理だよ。だって可能性がないっつ-か」
    永久「でも、練様の中で華恋の存在が他の女よりデカイってのは確かでしょ」
    翔輝「それ俺も思う」

    そうなのかな。
  • 117 宮羅々@ぱんだ id:GZsX6DY/

    2011-07-29(金) 14:12:57 [削除依頼]
    あの時のキ、キッスはどういう意味?

    あたしをいじめるのが楽しいから…だよね?


    練様ってよくわかんないよ…。
  • 118 宮羅々@ぱんだ id:GZsX6DY/

    2011-07-29(金) 14:33:07 [削除依頼]
    練様「あ!華恋ちゃん」

    え?
    練様!??

    あたし「な、なに」
    練様「………なんで今日は目を合わせてくれないの?」

    だって顔すら見れないよっ//////
    いきなりき、キスされたばっかなのにっ/////

    あたし「べ、別になんでもないよ」
    練様「じゃぁ何で顔赤いの?」
    あたし「っ!た、ただ赤いだけっ//」
    練様「ふ-ん」
    あたし「ほ、ほらっ!みんな行っちゃったよっ///」


    翔輝「なんか練といると華恋って、すげ-女の子に見える」
    永久「でしょ」
    翔輝「でしょってww」


    あたし「はぁ-疲れたぁっ。顔見れないしっ///ど-しよ-」
    永久「そうだ華恋っ!今日バスケ部見にいくの付き合ってね」
    あたし「えぇ-」
    永久「だめっ!絶対にっ」
    あたし「えぇ-」

    =そして部活=
    永久「行くよっ」
    あたし「じゃぁ外で待ってちゃだめ?」
    永久「もうしょうがないな-。絶対待っててよっ」

    階段に座ってぼ-っと永久を待つ。

    寝そうになったのを、話し声で目が覚めた。

    瞳「練、1週間だけでいいからあたしと付き合ってみてよっ。そしたらあたしのこと好きになるかもしれないっ」

    瞳ちゃんだ。

    練様「俺好きな人いるし。だから付き合えない。ごめん」
    瞳「練っ!」

    瞳ちゃんは体育館に戻ろうとした練様に抱きついた。

    また練様と瞳ちゃんのラブシーンに遭遇しちゃったよ。


    練様と瞳ちゃんは体育館へ戻った。


    練様の野郎!
    浮気しやがって-!!←練様はあんたの夫じゃね-よ

    バサっ
    かばんから本が飛び出て階段の1番下に転がり落ちてしまった。

    あれ永久から借りた本じゃん!
    おうまいがぁ-←英語で書けや

    星悟「っ!これ君の?」

    あの人は-…星悟!!
    よし!

    いいこと思いついちゃった-♪

    あたし「それ永久の本なんです!体育館にいますよっ」
    星悟「そっか」

    星悟くんはそう言って体育館の方向へ歩いた。

    むふふ♪
  • 119 宮羅々@ぱんだ id:GZsX6DY/

    2011-07-29(金) 14:38:36 [削除依頼]
    side*永久

    星悟「あの-永久さんですよね?」

    っえ!!!?
    星悟くん!!

    永久「はいっ」
    星悟「本が落ちてて階段にいた子があなたの本だって言ってたので」
    永久「ぁ、ありがと-っ///」
    星悟「ぉ俺、星悟っていうんだ//」
    永久「ぁあたし永久ですっ!///」
    星悟「じゃ、じゃ永久ちゃんまたね-っ//」
    永久「はい-っ//」

    階段にいた子って……華恋だ!
    さすが華恋!
  • 120 宮羅々@ぱんだ id:GZsX6DY/

    2011-07-29(金) 14:42:27 [削除依頼]
    side*星悟

    俺「あの-永久さんですよね?」

    顔を見てびっくり!
    だって俺が前から気になってた女の子だったから。

    本を渡す。

    俺「ぉ俺、星悟っていうんだ//」
    永久「ぁあたし永久です!///」
    俺「じゃ、じゃぁ永久ちゃんまたね-っ//」
    永久「はい-っ//」

    やっぱり可愛いな*


    でも、前にどこかで逢った気がする。
  • 121 宮羅々@ぱんだ id:GZsX6DY/

    2011-07-29(金) 14:53:49 [削除依頼]
    side*華恋

    永久「やっほ♪」
    あたし「なんかいいことあった?」
    永久「華恋大好きっ!」
    あたし「むふふ-♪星悟くんと話せた?」
    永久「うんっ!あんがと-!」

    あたし「バスケ部終ったの?」
    永久「うんっ。今出てくると思う」

    翔輝が出てきた。

    翔輝「じゃ-なっ」
    あたし「ばいび-」

    あ!
    練様だ!
    この浮気者め!←なんでやねん

    練様「あ、華恋ちゃんっ」

    練様「??なんで怒ってる?」
    あたし「べつにぃ-っ怒ってないよっ///」
    練様「怒ってるじゃん」

    練様「華恋ちゃんさ-体育館の中にいなかったよね」
    あたし「そ-だよ//」

    練様はニヤっと笑った。

    練様「じゃぁ部活の間どこにいた?^^」
    あたし「体育館の裏の入り口の前の階段のとこ///」

    ますますニヤつく練様。

    練様「もしかして華恋ちゃんっ焼いてるぅ?^^」
    あたし「っ!!/////な、なんでっ////」
    練様「顔がトマトみたいっ^^」
    あたし「っ!//////」
    練様「華恋ちゃんも俺に抱きつきたい?」
    あたし「なっ/////」

    練様「かわいっ//^^」
    あたし「っか、からかわないでよ/////」

    練様はまたニヤっと笑う。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません