蛇はあたしで、あたしは蛇で.11コメント

1 蛍. id:7ZCL0Rk0

2011-06-26(日) 20:12:07 [削除依頼]

あたしが蛇が出たと訊いたのは、ずっと後になってからだった。

おおよその人間は蛇の事を気持ち悪いという。
どこが胴体なのか、どこが頭なのかも分からない生物。
無駄に長くて、気持ち悪い体で巻きついてくるよう。
中には毒を持っている奴も居て、長い舌を威嚇した様に出す。
そんな姿を見て「キモチワルイ」と言う。

あたしも蛇と同じだ。
ほとんどの奴はあたしの事を気持ち悪いと呟く。
目が合っただけで避けて、一言も言葉を交わそうとはしない。
私物をぐちゃぐちゃにされて、私の顔を見ては、いつも言う。

「キモチワルイ」「消えちまえ」「蛇女!」


蛇の何を知っているの?
あたしの何を知っているの?

蛇が何か悪いことした?
あたしが何か悪いことした?


あたしは蛇が好きだ。

――だけど


蛇はあたしの事は好きではない。
  • 2 蛍. id:7ZCL0Rk0

    2011-06-26(日) 20:27:14 [削除依頼]


    あたしの家は山の奥の、まぁ、簡単に言えば田舎にあった。
    そんなところだから蛇なんて珍しくもなかったし、当たり前だった。
    学校は、山を降りて小さな街にある。女子高に通っていて、バス通学。
    山を登ったり降りたりして、学校に通う。そんな普通の女子高生。

    山を渡るわけだから、勿論色々な動物を見かける。
    見かける度に好感度がわいてきて、いつのまにかあたしは動物好きになっていた。


    ――あたしは蛇が好き。
    動物っていうより爬虫類だけど、全ての動物の中で一番と言ってもいい程。
    人間よりも好き。人間なんて、めんどくさいだけだ。
    たまに憂鬱な時、もう全てがどうでも良くなると気なんかは
    「ああ、なんで人間なんかに生まれて来ちゃったんだろう。蛇になりたいなぁ」
    なんて思う。たまに友達に話すと、変だって言われるけど、気にしない。
    だって可愛いじゃない。あの長い体で体に巻きついてくると、すっごく愛おしい。

    だけど蛇は嫌われ者、らしい。
    あたしは嫌いじゃない、むしろ大好きだけど一般的には嫌われ者。
    それでもいいんだ。嫌われ者だからってあたしはお前のこと、嫌いにはならないよ。
    なんて蛇に言ったらどんな顔するだろう。ありがとう、って笑顔で返事するかな。
    蛇、蛇、蛇。蛇になりたい。あたし、死ぬときは、蛇に食べて貰って、死ぬの。
  • 3 蛍. id:7ZCL0Rk0

    2011-06-26(日) 21:04:14 [削除依頼]



    あたしは、蛇になった。


    ハブになったんだ。強力な毒を持っているの、皆、近づくな。
    ――なんて言えたら楽だけど、正確には近づくな、じゃなくて、近づいて、だ。
    遠ざけられた。急に無視をされ、あたし一人だけが、浮いた。


    ――いじめの対象になったという訳だ。


    確か、あたしへのいじめが始まったのは、9月。
    朝。いつも通りに「おはよっ」と言いながら教室に入っていくと
    いつもは返事が返ってくるはずが、誰一人返さない。それに、目も合わせてくれない。
    妙な違和感は感じたが、それを認めなくないのでいつも通りに席に着いた。
    視線が痛い。何? なんなの、一体? 頬に冷汗が伝う。

    「おはよ! 昨夜のドラマ、見た? 見逃しちゃってさぁ」

    不安を消し飛ばす様に、わざと明るく隣に居た子に話しかけたみる。
    そしたら、逃げた。逃げて、逃げて、他の子のところへ行った。
    え、何? 嘘でしょう? 冗談、辞めてよ。
    混乱している頭の中を整理して、また他の、座っている子に話しかけて見た。
    もしかしたら、気のせいかもしれない。いつも通りの日常だ、これは。
    自意識過剰だなぁ、あたし。そんなんじゃノイローゼになっちゃうよ。

    「ねえねえ、なんかあったの? どうしたの? みんな」
    少し声が震えているのが分かる。辞めてよ。あたしの気のせいでしょう?
    あたしが話しかけると、その子は少しだけ俯き黙りこみ、ものすごい顔で睨んできた。

    「・・・はあ? 気やすく話しかけんなよ、蛇女」
    そう言うとガタっと席を立ち、また、他のところへ合流した。

    ・・・嘘だよね? 何? なんなの? どういう・・・、事?
    すがる想いで後ろを振り向くと、目が合った子に顔をそむけられた。
    谷のような、暗闇のような、深い穴のような、
    そんなところに落ちた感覚が体中を駆け巡る。
    ごくっと息をのむと、鳥肌が立つ。力を入れると体が熱くなった。

    「あのね」

    そう話しかけてきたのは、クラスで先頭に立つ奈緒だった。
    気が強い性格で、リーダーシップを保っている。敵に回してはいけない人物。
    だからこそ、今までそこそこの付き合いをしてきたのに。どうして?

    「唯って、蛇、好きなんだっけ?」
    そうだよ、大好きだよ。そう答えればいいだけなのに、口が震えて一言も出てこない。
    「だから、蛇にしてあげたの!」
    まるで無邪気に喜ぶ子供みたいに、笑顔を見せた。だけど、にやりと笑うような、薄い笑み。
    何を考えてるの?そう訊きたいけど、訊けない。プライド、というものがある。
    馬鹿だけど、馬鹿なりにプライドがあるから、それを壊したくないから、馬鹿なんだ。

    「ハブって、凄い蛇だもんねぇ。蛇好きのあんたには、最高でしょ。
     ハブらせてあげるよ。あんたのために」
    そうきゃははははと笑って、あたしの横を通り過ぎていく。
    菜緒の連れがあたしの肩をつつきながら、ざまーみろと呟いていった。

     
  • 4 ALICE id:NlnIONV0

    2011-06-27(月) 18:54:16 [削除依頼]
    うわぁあああっ
    すごいすごい!!
    更新頑張って!ファイッツ!!
  • 5 蛍. id:e8ODNzd0

    2011-07-02(土) 15:17:15 [削除依頼]



    ALICE様.

    コメントありあとーございます。
    全然凄くないのですy(`・ω・´)キリッ
    頑張りますファイッツしますぜぃ。←
  • 6 蛍. id:e8ODNzd0

    2011-07-02(土) 15:42:31 [削除依頼]


    ちょっと待ってよ、なんであたしがハブられなきゃいけないのよ。
    なんであたしが。なんで、なんで、なんで?
    訊きたいのに訊けない、胸から込み上げてくる屈辱感に潰れそうになる。
    ギュッと手を握り、机の上のあどけない落書きを見つめた。
    菜緒達が居なくなると、あたしは周りのクラスメイトに目をやった。
    すると男女関係なく、あたしと目が合うと顔を伏せてしまう。俯いていく。

    「やめてよ・・・」

    何故そう小声で呟いたのかはわからない。助けが来るわけでもないのに。


    その日から、あたしはクラスのハブになった。
    誰も近づこうともせず、目も合わせない。
    あたしの私物はぐちゃぐちゃにされて、あたしの心もぐちゃぐちゃにされた。
    廊下ですれ違うと、薄笑いを浮かべ「きもっ」と耳元で囁きながら通っていく。
    それで嫌がるあたしの姿を見て、声をあげて、笑う。
    学校へ行くと、あたしの椅子と机はベランダに放り出されており、
    あたしの顔を見てはクスクスと笑う。
    それには何にも反応しない。辛そうな顔なんてしない。
    無表情で、椅子と机を教室に戻す。


    ・・・辛くない。


    あたしは辛くない。いじめられてなんかもない。
    ハブられてるだけ。これはゲームだから、いじめられてるんじゃない。
    必死に自分に言い聞かせた。
    皆、毎日が忙しいから、だから、あたしをハブらせて楽しんでるんだ。
    これはゲーム。ゲーム。ゲーム。いじめじゃない。
    ゲームなんだから、あたしが泣いたりしたらあたしの負けになってしまう。

    ――泣いたりしない。負けない。

    涙なんて流すものか。そうしたら、あっちが喜ぶだけだ。
    あたしは可哀想なんかじゃない。辛くもない。
    あたしは普通の女子高生なの。いじめられてなんかない。


    必死にそう言い聞かせたのは、
    やっぱり自分を守りたいだけだったんじゃないかと思う。
  • 7 蛍. id:e8ODNzd0

    2011-07-02(土) 16:23:05 [削除依頼]



    あたしは蛇と遊ぶようになった。
    本物の蛇だ。友達がいないから、とかそういう訳じゃない。
    人間の友達がいないから、蛇と遊んでる? ふざけるな。そんな訳ない。

    蛇もいいなと思ったから。
    ハブと言われてるあたしは、蛇もいいかもしれないと思った。
    蛇として生きていこうか。そっちの人生の方が楽しいかもしれない。
    そもそも、人間として生きてきたら人間と関わりを持たないと
    いけないなんて、そんなはずない。間違ってる、そんなの。
    人間だって動物だから、動物と仲良くしてればいいんだ、人間限定じゃなくて。


    家につくとあたしは制服から普段着に着替え、
    食パンが入ってるビニールを持ち、家を出た。
    山の奥まで進んでいき、少し小さめの公園につく。
    山の奥に、小さな公園。昔はよく遊んでいたけど、もう誰もこなくなった。
    遊具なんて滑り台とブランコ程度しかない。どれもサビがはえ、動かすとキイキイ音をならす。

    あたしは古く腐っているベンチに腰掛け、小さく口笛を鳴らした。
    これで蛇が来るんだ、すごいでしょ。なんて言ったら益々気持ちがられるだけだけど。
    すると草花をガサガサとゆらしながら、胴体が長い生き物が現われた。
    それを見るとあたしは笑顔になって、おいで、と手を広げる。
    慣れているのか威嚇もしない。甘えているように、近づいてくる。

    食パンをあげながら、あたしは蛇の頭を撫でた。


    「・・・お前はいいね。ねえ、あたしを食べてくれる?」
  • 8 蛍. id:e8ODNzd0

    2011-07-02(土) 16:34:42 [削除依頼]


    あたしの顔を見れば、死.ねと口々に言ってくるのに対し、
    本気であたしは、じゃあ死んでやろうか、と思う時もあった。
    そんなに死んでほしいなら、死んでやるよ。
    蛇に食べられて、死んでやる。みてろ、あたしが死んだら困るだろ。

    蛇女だからね。蛇に食べられて死ぬの。
    蛇の口は小さくて、食べるのに時間がかかるだろうから、
    食べられてる時は痛くて仕方がないと思うけど、仕方ない。
    それくらいは我慢しないといけないね。
    もし蛇に食べられ死ぬのなら、
    あたしが生まれ変わったら蛇になれるかもしれないし。


    ――なんて、本気でそう思っていた時もあった。
    でも、少しだけ。いつも考えては、冗談だよと心の中で苦笑して取り消す。
    覚悟も、弱い心も、全てを、取り消してしまう。


    「おっ、何、まだ欲しいの?」
    あげた食パンを食べ終えたのか、もっと頂戴と言うように舌を出す。
    その姿がまた、愛おしい。愛らしい。
    シャーという音が響くが、それに対しての恐怖感など湧かなかった。
    ビニールに手をつっこみ、食パンを小さく契り蛇の口元に運ぶ。


    おいしい。ありがとう。おいしいよ。


    そう聴こえたのは、きっとあたしの幻覚だ。
  • 9 蛍. id:Gelzzo/.

    2011-07-09(土) 06:34:24 [削除依頼]


    あげて、食べて、あげて、食べる、の繰り返し。
    いつの間にかビニールの中は、空っぽになっていた。

    「あ。もう無いや。ごめんね、もうパンないの。ごめんね」

    宥めるように、蛇の頭を触ると、納得したかのように大人しくなる。
    可愛い、可愛い、可愛い。大好きだよ。だーいすき。

    そう呟いた時。あたしが来た方向から、何やら声と足音が聞こえてきた。


    「えー、何ここ。草むらー?」
    妙に甲高い声。聞き覚えのある声に、鳥肌が立つ。
    その声に続き、2,3人が喋りだす。

    「やだー、きったなあー」
    「こんなとこで蛇女、蛇と触れ合ってんだー」
    「うっわ、気持ち悪ー」
    「まじありえねー。蛇しか友達が居ないってか?」
    「それウケるー。学校であんな事されてんだからねー」
    「ちょ、奈緒それキツー」

    きゃははは、と笑い声が周囲に響く。
    それを察して蛇は草むらの中に逃げていった。菜緒達の方向に。

    「きゃあああああ! へっ、蛇!」
    「うわ!気持ち悪っ!」
    「ちょ、こっちくんなぁ!」
    菜緒達の周りの草木が、ガサガサと揺れる。
    声をあげて騒いでいるんだ。蛇を見て。


    あたしの頭の中は真っ白だった。
    なんで菜緒達がここに? なんでこの場所を知ってるの?
    なんであたしをそこまで追い詰めようとするの?
    ゲームなんじゃないの? やりすぎなんじゃないの?


    急に静かになった。蛇がどうやら行ったらしい。
    ねえ、なんで蛇、お前、行ってしまったの?
    あたしを置いて行ってしまったね。裏切られた。
    それかあたしを守ろうとして、行ってくれたのか。
    …そんな訳ないか。
  • 10 yuki id:ZbjEkEb.

    2011-07-09(土) 08:16:11 [削除依頼]

    なんだかひきこまれる話ですね...。
    凄く面白いです!また読みに来ます^^
  • 11 蛍. id:Gelzzo/.

    2011-07-09(土) 20:48:01 [削除依頼]



    yuki様.

    コメントありあとーです.(・ω・)b
    引き込まれますか、あたしの魔の世界に引き込みましょうk(やm←
    ありがとーございます。面白くなんかないのですよー。
    もし良かったらまた来てくださぃ。ノノ


     
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません