異世界観光旅行なう。6コメント

1  輝 id:WZYxlX40

2011-06-26(日) 13:22:39 [削除依頼]

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 6泊7日で52000円の旅行プランが、

 今ならなんと半額!!!!


※数に限りがありますので、ご予約はお早めに

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
  • 2  輝 id:WZYxlX40

    2011-06-26(日) 13:24:09 [削除依頼]
    小説を書くのは初めてです……だから文章とかもう全てにおいて終わってます。
    感想やアドバイスを書いていただけると嬉しいです。
  • 3 霧海 裂夜 id:WZYxlX40

    2011-06-26(日) 15:25:28 [削除依頼]
    なうてwww
    これでテニスのメンバーは皆小説投稿やってることになるのか……
  • 4  輝 id:WZYxlX40

    2011-06-26(日) 19:39:21 [削除依頼]
    そうなりますなー……

    ちなみにジャンルは恋愛異世界ファンタジー(笑)
  • 5  輝 id:WZYxlX40

    2011-06-26(日) 19:53:35 [削除依頼]

     プロローグ


     「何でそうなるのよ」
     鬱陶しいとさえ感じられるほどのセミの声が聞こえてくる炎天下に、凛とした声が響く。
     ちょうど肩に届くくらいの長さをした、黒というよりもどちらかといえば茶色に近い色をした髪を風に靡かせる少女の瞳は、目の前の少年をじっと見据える。
     彼女の名は夏紀(なつき)。
     夏に生まれたことから名付けられたこの少女は只今酷くご機嫌斜めな様である。
    「どうして私がそんなものに行かなくちゃいけないのよ。そんなに行きたいのなら雅(みやび)1人で行けばいいじゃない」
     夏樹は眉間に皺を寄せる。
     雅。
     それは夏樹の目の前にいる少年の名だ。
     女の子のような名前だが、間違いなく男である。
    「別にいいじゃねーか。せっかくの夏休み何だし遠くに遊びに行こうぜ」
    「夏はクーラーの効いた室でごろごろするのが一番好きなの!」
  • 6 輝 id:RC.bSyL1

    2011-07-03(日) 13:55:55 [削除依頼]
     夏樹は声を荒げる。
    「まあまあ……2人とも落ち着いて」
     2人の間に愁(しゅう)が割って入った。
     夏休みの始まって間もない昼下がり。
     家が近いという理由で昔から仲の良かった3人は夏紀の家の庭で名に集まっている。
     夏紀の家の庭には2人がけのベンチがあったが、それは夏紀の飼っている黒猫によって見事に占領されていた。
     そして、今日の話題は旅行について。
     高校受験を目前に控え、最期の思い出作りのために旅行に行こうという企画なのだがーーーー。
    「私は絶対行かないからね」

     
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません