春紫苑 -Harushion-2コメント

1 祇月玄冬 id:ZLKWEJ61

2011-06-24(金) 00:25:28 [削除依頼]


喪われたものを 想い出す

衝動が突き動かすが儘に駆け抜けた

愛しく、目映い、あの日々を。


* * * * * *

ファンタジー/幻想世界/士官学校/同性愛傾向有
  • 2 祇月玄冬 id:ZLKWEJ61

    2011-06-24(金) 01:33:17 [削除依頼]
    □第一章 王立中央士官学校

     ソフィアと呼ばれる大陸には、様々な国がある。
     その中でも、最古の歴史を誇るのがレオノティウリア王国だ。
     国土は大国と呼ぶほど広くはないが、弱いという訳では決してない。
     数千年に及び繋がれ続ける王の血筋と、史上に幾度も現れる名将たち。
     彼らはただ、始創王レオンの定めた国土領域を、拡げることなく、狭めることなく、守り続けてきた。戦で国を奪われたことは一度としてなく、むしろ大国として名を馳せる道も無いではなかったのだが、レオノティウリアの人々は知っていたのだ。
     盛者必衰、大きくなりすぎた国は、必ず滅びる運命にあるということを。
     ”如何なる時でも知に満ちて賢く、
     打たれても折れぬ枝のように強かに、
     猛る獅子の如く誇り高くあれ。”
     それは、始創王レオンが言ったとされる言葉で、国訓だ。

     老国レオノティウリアは、その長い不敗の歴史が故、他国から畏れられながらも狙われるという厄介な立ち位置にいる。無闇に手を出して、反撃されたら恐ろしいが、陥とせば国としての名が上がるからだ。

     そんな王国の王都レオノスに、王立中央士官学校は建っていた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません