一人の僕らと壊れたなにか3コメント

1 燎 id:ayDNPjR1

2011-06-23(木) 22:33:33 [削除依頼]
《始まりの物語》

 俺は双子。二人で一人。裏を返せば一人で二人。
 俺は兄。外は弟。一心同体とはいかない。二心同体くらいだろうか。
 
 さて、自分自身は双子の兄と弟、果たしてどっちなのだろうかと自問すると、灰色の電信柱の如く硬直してしまうけども、結局どちらでもないんだと自答することで俺は電信柱から人間に戻る事が出来た。
 そうだ、どっちでもいいじゃないか、そんなこと。
 兄と弟、どちらかに決めつけようとするからいけないんだ。
 だから二つ合わせて「僕」と呼ぶことにした。うん納得。
 ……彼はそう結論づけた。
 
 これは昔から今までの話だけど、幽霊のように取りついている状態に近い感覚を味わう事がある。 一味違うけど。
 まるで中で思考回路が疼きだすような。
 現在進行形で派生しつつある疑問。一回ひっくり返って過去に繋がりだす前に、ゴミ箱に捨てておかなくちゃ。


 ……彼はそう結論づけた。
  • 2 燎 id:ayDNPjR1

    2011-06-23(木) 22:40:50 [削除依頼]
    >1の投稿時間がぞろ目っぽくなってるので少しテンションの上がっている燎と申します。 この物語は、「二人の僕と壊れたなにか」(1289820226)と同じ世界を、同じ時間を、同じ場所から、違う視点で眺める物語です。 「二壊」を先に読んでも、この「一壊」を先に読んでも、はたまた同時に読んでも、それは読者さんの自由です。どう読んでも大丈夫なように書くつもりです……多分。 ちなみに「二壊」を書き始めた時は、「灼眼の○ャナ」みたいな作品に仕上げるつもりでした。……信じられないって? なら、「二壊」の2レス目を読んでみましょうか。「ラブ&バトル」ですって。……そんな要素、微塵もない! 一応この作品は、「一人称の神視点」で書いていくつもりです。 ワケワカメな方は、本文へLet's go。 ワケワカル方も、本文へLet's go。 じゃ、ゆるーくだらーく遊びつつ書いてみます。 挫折したらごめんなさい。8割方全力を尽くします。
  • 3 燎 id:yozk4JU.

    2011-06-25(土) 15:38:40 [削除依頼]
    《第一章》
     校長先生が死んだ。
     いや、殺された。
     それを知ったのは、朝っぱらから入ってきた連絡網の向こう側の声を通してだった。
    「もしもし……」
    「どうしました? ひどく狼狽しているようですね」
     彼は勉強用の回転イスに座りつつ、電話の向こう側の声に、軽い調子で問いかける。声の震えときたら、震度六級だ。
     裏声の割合が多い、中年女声。耳に残る響きをもたらす。
    「いえ……あのう……その……お、驚かないで、くださいね」
    「大丈夫です。多少の事では驚きません。さすがに『お前の後ろに連続殺人犯が立っている』と言われれば驚きますが」
     人口八万人に満たないこの町でも、殺人事件は起こるものである。しかも今、現役バリバリの世間を騒がす連続殺人鬼様がこの町で活動中だ。警察の捜査を掻い潜って捕まらないあたり、なかなか才能あふれる殺戮者だと言えよう。
     ……まあ俺にはほとんど全部お見通しなんだがな、
    「あ……もしかして、もう、知っていたんですか?」
    「いえ。知りません。少なからず良いことではないだろうなと予感はしていますが」
     彼は受話器を耳に押し当てたまま、寝癖のついた頭をわしゃわしゃと掻き毟る。相手に失礼な欠伸は控えておきましょう。よくできました。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません