+。七つの鍵。+431コメント

1 些藍 id:u6o.WR/1

2011-06-22(水) 17:55:25 [削除依頼]
はじめまして
些藍<さらん>です
小説初心者です
○規則○
1.悪口はなしです
でも、質問や、アドバイスなどはおkです
2.荒らしくるな
3.この規則は絶対
まぁ・・・3が一番大事です
ちゃんと守ってね^^
守らなかったら・・・どうなるでしょうねー(黒笑
返信は1日に1回は出来ると思います
でわ、+。七つの鍵。+始まりですww
  • 412 |●・ω・●|猫|●´エ`●|ネルが好き☆ id:lJxeJ2j.

    2011-10-18(火) 17:45:49 [削除依頼]
    面白すぎる・・・w些藍さんはまた天才になったかw
    いーなーwこういう面白い話作れてww
  • 413 些藍 id:JX.rpej/

    2011-10-19(水) 17:02:28 [削除依頼]
    >412 有難うございます^^ 天才だなんて・・・有り得ませんのでw いえいえ、面白いと思っていただき感謝です^^
  • 414 些藍 id:Ejr5pv7/

    2011-10-22(土) 11:35:51 [削除依頼]
    >>411 「んー・・・この地図、見にくい・・・・・・」 森しかないんだよなー・・・・・・ ところどころ動物の絵が描かれてるけど・・・ 「だよな」 「でも、今いるところは多分、此処ですね・・・」 「?何で分かるんだ??」 「これ・・・・・・」 「ん??」 今までなかったところに、さっき戦った獣の絵が描かれている・・・・・・ 「へぇ、何この地図、面白いね」 「いや、おかしいでしょ」 「そうか??」 「はい   でも、此処からでも、まだまだ遠いですねー・・・」 「うん、だね」 「おーい、キララ!!ツララ!!腹減ってねぇ??」 「え??私は・・・・・・う〜ん、お腹空きましたね・・・・・・」 「私は、まだ大丈夫だけど・・・・・・なんで??」 「こっち来てみなよ!!」 ??何だろ?? ファイアンさんのことだから、絶対何か見つけたって事ぐらいは分かるけど・・・ 「これこれ!!」 「ちょ、ファイアン、押さないで下さいよ!!落ちちゃうじゃないですか!!!」 「あー、すまん」 ????何やってるんだ?? 「あの・・・何やってるんですか??」 「え??あぁ、あれ」 あれ?? 空さんが居る方??あ、何かある・・・ 何だあれ?? 「何ですか??あれ」 「ん??・・・・・・・・・えっと・・・ま、まぁ、食べれるもんだったぜ!!多分」 「ちょ、あ、危ないですよ!??そんなの!!」 「だ、大丈夫だぜ!毒見は空に任せるから・・・さ☆b」 「だ、駄目です!!」 「そうですよ!!黙って聞いてたら・・・なんて事言うんですか!!」 ん〜・・・・・ 見たところ、あれ、ベリーっぽいな・・・・・・ 濃い紫色で・・・・・いかにも毒々しい・・・ 「食べるのは、やめておきましょう・・・・・・」 「なんでぇ!??」 「いや、見るからに危険でしょ」 「そうか??」 「目、大丈夫ですか??」 はぁ、、 先は遠いな・・・
  • 415 些藍 id:Ejr5pv7/

    2011-10-22(土) 11:38:20 [削除依頼]
    えと・・・
    2日間、パソコンができませんでした。
    その間、更新できませんでした。すいません
  • 416 些藍 id:9KsdUE40

    2011-10-23(日) 11:07:00 [削除依頼]
    >>414 「ほら、さっさと行きますよ」 「えぇ〜??キララ、腹減ってねぇのか??」 「空いてますけど・・・・・・得体の知れない物を食べて死,ぬよりは増しです」 「ちぇっおーい、空、行くぞー」 「んぇ??分かりましたー」 どんだけがっかりしてるんですかっ・・・!??? あのベリー食べたら死,んじゃうかもしれないのに・・・・・・ 無用心すぎる・・・ 「ほら、行きますよ!!えっと・・・・・・あっちですね」 「へぇ、その地図読めるんだキララ」 「はい、何となく」 「何となくって・・・・・・」 ん??おかしいこと言ったかな?? 「ま、いいや、いこっかー」 「ですね」 はぁ、やっと出発・・・・・・ にしても・・・時間帯が夕方から中々切り替わらない・・・ 災難が起こらなければいいんだけどなぁ・・・・・ 「で、どっちだっけ??」 「あっちです」 「よし、走るぞ♪」 「はぁ!??」 またいきなり何を言ってるんですか、ファイアンさん!??? 「一人で走ってな、私はサファイアを使うからな」 「なっ!?ひっど」 「私もキキに乗って行きます・・・」 「えぇぇ!??」 「私も、神で行きます」 「ちょ、俺一人!??嫌だ!!じゃぁ、俺もカクに乗るよ!!」 あ、あはは・・・ そりゃ、走って行きたい人なんていないと思いますよ、ファイアンさん・・・・・・・
  • 417 些藍 id:rby/3uH/

    2011-10-24(月) 17:59:05 [削除依頼]
    >>416 (呪文略) 「まったく、皆俺に賛成しないからカクだすはめになったぜ・・・!」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 「・・・・・・」 (((逆切れかよ・・・))) ←ファイアン除く3人の心の声 「ま・・・、まぁ、早く行きましょうか!!」 「ですね」 「分かった」 タッタッタッタッタタタッタタ,,,,, 「え!??、ちょ、待てぇぇぇぇ!!!!!!!!!」 バサッバサッバササッバサッッ,,,,,, 「えっと・・・此処ですね、今は・・・」 「・・・なんで分かる??」 「此処の所に、王冠と熊と鳥と龍が描かれているんですよ」 「・・・ほんとおかしな地図だな・・・でも、王冠ってキキだろ??何で王冠なんだ??」 「・・・ん〜ぅ・・ひゃ、百獣の王とかだからじゃないですか??」 「なるほどっ」 でも、本当に何で王冠なんだろうなぁ・・・ 王・・・ キキが??・・・有り得ない・・・(苦笑 「此処までは・・・約20kmぐらいですね・・・」 「まぁ、そんなとこだろうな」 「げっ遠いですね・・・」 「・・・・・・チックショオォォォォ!!!!!!!よくもおいてったな!!」 「あ、ファイアン」 「チッ・・・きやがったか・・・」 「わっファイアンさん!」 わ、忘れてたよ おいてったのは・・・多少、わざとではあったものの・・・・・・ 時間が経つにつれだんだん影薄くなってたよ、ファイアンさん 「急ぐよ」 「へっ!??あっ、ちょ、待ってくださいツララさん!!」 「追いかけっこですね!!」 お、追いかけっこ・・・?? ・・・ファイアンさんが鬼か・・・ うん、楽しそう 「あっ!!!??待てコラアァァァァ!!!!!」 「ひゃははっ追っかけてきたぁ!!」 「チッ・・・・・・」 「うっわ、早っっ・・・」 うん、確かに追いかけっこみたいだな・・・ でも・・・・・・ 「・・・てめぇら、捕まえたらただじゃすまねぇからな!!!」 ファイアンさんの場合は本当の鬼みたいだよ・・・・・・
  • 418 些藍 id:hdJrkDz/

    2011-10-25(火) 17:05:52 [削除依頼]
    うぅ〜ん・・・・・・
    あ、来週の月曜日は来ないと思います
  • 419 些藍 id:CiCVxj81

    2011-10-26(水) 18:07:37 [削除依頼]
    >>417 「うっわ、やばいやばい、本当に怖い!!」 すっごいスピードで追いかけてくるよ!! 地図見る暇もない・・・!! 「チッ・・・まぁ、いいや、多分こっちであってるからさ」 「た・・・多分・・・」 「いやいや、あの地図は覚えたから」 「え、無理でしょ!!??」 「無理じゃないの」 「・・・・・・」 おかしい 多分、頭のどこかがずれてる・・・ じゃなきゃ化け物だよ! 地図、ちらっと見ただけだったと思うんだけど・・・!? 「・・・・・・おかしい・・・ねぇー」 「んあっっ!!す、すす、すいません!!」 やっばい、忘れてた・・・ ・・・傷ついてないといいんだけどなぁ・・・ 「いや、いいよ、別に(苦笑」 「す、すいません、本当」 ・・・様子がちょっとおかしいなぁ・・・・・・ 気のせいか・・・?? 「ちょっ、キララちゃん!ツララちゃん!!危ないですって!!余所見禁物で・・・・・す・・・うひゃぁ!!!」 「あ、空さん」 「お、空」 ・・・余所見禁物って・・・ ファイアンさん、空さんしか狙ってないような・・・・・・ 「た、助けて!!怖い!!神!か、加速・・・(涙目」 「うっわ・・・速っ・・・逃げ足だけははえぇな」 「わ・・・こっち来ないで下さいぃー!!」 あっ、そんな先いっちゃ迷子に・・・ 「待ってくださいー!!!そんな先行かないで下さいよー!!!」 「チッ・・・世話懸けんなよ・・・」 「あ、あはは・・・まぁ、追いましょ??ね??」 「・・・分かったよ」 怖いなー ツララさん・・・・・・ 「あっ・・・思い出した・・・・こっちの方向であってるんだけど・・・・」 「??」 「こっち、結構危険な道だよ」 「はぁぁぁ!!??」 な、何言ってるんですか!!?? 何でそんな道選んだの!? 「近かったから」 「・・・・・・はぁ・・・(涙目」 そうだよね、近いほうがいいですよね・・・ 多分、最善な道とは言えないけど・・・・・・
  • 420 些藍 id:DIfop.9/

    2011-10-27(木) 17:29:09 [削除依頼]
    最近、キャラクターの性格が掴めなくなる事が多い
    いきなり、人格変わるかもしれません
    ロリアとロメアとか・・・・・・(汗
  • 421 |●・ω・●|猫|●´エ`●| id:pdzH331.

    2011-10-27(木) 17:45:27 [削除依頼]
    空どんまいbww
    更新がんばれw
  • 422 些藍 id:d0EeZ1t1

    2011-10-28(金) 17:12:02 [削除依頼]
    >421 お久しぶりです^^ 更新がんばります!! ご期待に応えられなければすいません・・・^^;
  • 423 些藍 id:AceWQU1/

    2011-10-29(土) 12:03:49 [削除依頼]
    >>419 「まぁ、とにかく、追いかけるか」 「はい・・・!」 はぁ、追いかけたくない・・・ と、言うより、あの方角に行きたくない・・・・・・ 我慢するか・・・・・・・ 「ファイアンさーん!!!空さーん!!!待ってくださーーい゛!!あっ」 の、喉かれた!! 「あ、そんな大声だすと、喉かれるぞ??」 「も、もう手遅れです・・・」 「おいおい;」 はぁ、喉痛い・・・ しばらくして治ればいいんだけどなぁ・・・ 「しばらく、声出さないほうがいいな・・・」 「う゛・・・・・・はぃ・・・」 「てか、あいつら気づいてねぇし・・・・・・おっかけるか」 「分かりました、キキ、加速して?」 『ガルッ♪』 「サファイアも加速」 『グルァァ』 はぁ、空さん達は上空を飛んでるからなぁ・・・ 見失ったら大へ・・・・・・・・・ん・・・・ ありゃ?? 「あ、あの・・・ツララ・・・」 「何??」 「ファイアンさん達・・・・・・何処いったんでしょうか・・??(汗」 「え・・・??(汗」 もう、前後左右、どこ見ても、ファイアンさんと空さんが居ないんだけど・・・ 「・・・・・・やばいな・・・」 「ですね・・」 「あいつ等・・・・・・見つけたら、どうなるか覚悟してるんだろうなぁ・・・(苛」 「お、抑えてくださいツララ・・・・・!」 気持ちは・・・分かるんですけど・・・ 自分勝手すぎる・・・ はぁ、探すのが面倒臭くなりそう・・・ 時間も夕方から一切切り替わんないし・・・ はぁ、何で寄りによって夕方・・・・・・ 「どううやって、探しますか・・・」 「探さないでおこう」 「えぇ・・・・・・!?」 そ、即答・・・ しかも、探さないでおこうって・・・・・・ 「先に目的地へ行こう、途中で悲鳴が聞こえたらそこに行けばいい」 「なるほどっ・・・」 空さんなら絶対に、獣見たら悲鳴あげるし・・・ 今は夕方だから、獣も、まだ多いはず・・・ 喜ぶべき時間帯なのか否か・・・よくわかんないな・・・(苦笑 「ま、先を急ぐか」 「はい」
  • 424 些藍 id:udGQrjq0

    2011-11-01(火) 18:07:16 [削除依頼]
    >>423 「んん〜・・・・・・やっぱり、此処、相当気味悪いですね・・・」 「だな、お、ほら、見てみなよ、この木、顔付いてるみたい」 「真顔で言わないで下さい・・・さっきから気付いてますよ、目を逸らしてただけで・・・」 はぁ、気持ち悪い・・・ 木に顔が付いてるようなのも気持ち悪いけど・・・ さっきから、痛いほど誰かの視線を感じるんだよなー・・・ 「だよな、私もだよ」 「え??本当ですか・・・??」 「あぁ」 よかったぁ、視線を感じるの私だけじゃなくて・・・ でも、一体何の視線・・・??     ・・・ファイアン&空ペア【ナレーター】・・・ 「ちっ、まてよ!!!」 「待って良いことなんて何にもないじゃないですか!!」 「ん??・・・・・・あぁ、そうだな」 「なっ・・・」 一方、尚、追いかけっこを続けているファイアンと空 しかし、空が、ツララとキララが居なくなった異変に気が付いたようだ 「・・・あれっ!??あの、ファイアン、ちょっと、待って!!」 「は??俺がまたねぇといけねぇの??」 「じゃ、じゃぁ、私が止まるんで・・・・・・こっち来ないで私の話聞いて下さいよ!!」 「内容次第」 即答で答えられ、少しだけ、うなる空 「わ、分かりましたよ、一度、止まってください!!」 「へいへい」 珍しいことに、言うことを聞いたファイアンに、少し驚く空 「で、何だよ、早く言ってくんね??」 「ありゃりゃ・・・ファイアン、気付きませんか??キララちゃんとツララちゃん、居なくなってますよ」 「は???・・・・・・・・おろ!!!??????」 「やっぱり、気付いてなかったんですか・・・・・・」 今更気付いたんですか・・・と言う様な顔でファイアンを見つめる空 ファイアンは、突然(ではないが)ツララとキララが消えたことに、困惑してる様子だ 「まったく、どうするんですか、ファイアンのせいで迷子じゃないですか!!」 「黙れ。また、怒らせてぇの??」 「ごめんなさい」 ファイアンは、怒りがさめるのは早いが、怒りやすい性格でもあるため、扱いにくい 「で、どうする??」 「・・・・・降りません??」 「んー・・・・・・だな」 そう言い、カクと、神を地上へ降ろすファイアンと空 「うん、どうする、こいつら、仕舞う??」 「神は嗅覚がいいんで、役に立つと思いますよ」 「何??俺のカクは役にたたねぇって言いてえの??」 「ごめんなさい」 ファイアンが、怒りそうになったときは、すぐさま謝るのが一番だ でなければ、後々、面倒臭くなる 「カクは仕舞って結構ですよ、休ませてあげてはどうです??」 「はっ余計なお世話」 「じゃぁ、出したまんまにしとけばいいですよ」 「面倒臭い。仕舞う。ちょっと待ってろ」 「分かりましたー」 関わり難い奴だな・・・と、心底思う空であった
  • 425 些藍 id:nyj9bRy0

    2011-11-04(金) 11:41:07 [削除依頼]
    >>424  ・・・キクリ 木の国の森の中【ナレーター】・・・ 「あーあ、逸れちゃったみたいだねー」 木の森を、悠々と散歩してるいるかの様な足取りで、ファイアンと空について行くキクリ ファイアンも空も、その事には全然気付いていない 「まぁ、あっちはディグレについて貰ったから、問題は無いんだけどねー」 ディグレは、キクリの猛獣で、キクリの言う事だけに忠実に従う 今は、キクリの指示により、キララとツララを、尾行している 「さっきの、ランディの件は、キララが手当てしちゃたのが気に食わないんだけどね・・・」 誰にも聞き取れない声の大きさで、独り言を呟くキクリ 「ま、いいや、暫くは、傍観者のままで居よう」 そう言い、気配を消し、静かに空とファイアンの後をつけるキクリであった    ・・・ツララ&キララペア・・・ 「あー・・・・視線が痛い・・・しかも、誰の視線かも分からないだなんて・・・」 「そうだな・・・この木とかの視線でもないし・・・、一体何なんだ??」 「分かりませんね・・・、ま、まぁ、気にせず前に進みましょうっ」 「そうだね」 あー・・・ 不気味だなぁ・・・ ただでさえ、この森が不気味なのに、視線を感じるって・・・・・・ 「ん・・・・・・??」 「?如何したんですか??」 「いや、これ」 「んー???ひっ・・・・・・」 「何だと思う??」 「虫・・・じゃ・・・ないです・・・か・・・・・・??」 気持ち悪い、気持ち悪い、気持ち悪い,,, 何この虫・・・!? いや、そもそも、虫かな?? どうでもいいけど・・・・・・ 「き、気持ち悪いですよ、ツララ!は、早く行きましょう!!」 「ん??・・・そうか?分かった」 う・・・ 吐き気する・・・・・ 「ほ、ほら、早く行きましょう!!」 「あ、うん・・・・・あ、動いた」 「ひいぃっ・・!!!ちょ、止めて下さい!!虫唾が走ります!!」 「あ、ごめんごめん、でも・・・これ、地図に載ってる虫だよ?」 「えぇっ!?」 ち、地図に載ってる虫・・・?? そんなの載ってたっけ・・・・・・・・・ ガサッ 「・・・・・・」 載ってたぁぁ・・・・・・・・・!! はぁ、載ってたって事は・・・・・・ 戦わないといけないのかな? でも、見るからに弱そうだけど・・・ 「どうする?」 「ど、どうするって・・・??」 「いや、こいつ、倒す??」 た、倒すって・・・・・・ 「出来れば朴っておきたいです」 「んー・・・そっか、じゃ、行くか」 「はいっ!!」 は、早く立ち去ろう・・・・・・ 嫌な予感がするんだけど・・・・・・ ギチッ ギチチッ,,, 「あ、また動い・・・・・・・・た・・・・・・(汗」 「・・・・・・あはは・・・・・・(泣き目」 で・・・・・・・・ でっかくなったあぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!! 「に、逃げましょう、ツララ!!!!!!!」 「あ、ああ!!」 き、気持ち悪い!!! てか、追ってきてる・・・!!?? やだやだやだ!! 気持ち悪いのとは、戦えないよ、私!!??
  • 426 些藍 id:3SkEcll0

    2011-11-11(金) 17:17:05 [削除依頼]
    お久しぶりです、また、更新始めます
    でも、明日は、出来ません
  • 427 些藍 id:3SkEcll0

    2011-11-11(金) 18:17:14 [削除依頼]
    >>425 「クッソ、追っかけてきた・・・・・・!!」 「ひいいぃぃぃ〜!!」 なんで追いかけてくるの!? 気に障ることしたっけ!!?? はぁ・・・・、もう、この森、嫌!!!! 「チッ・・・・・・氷弓矢!!」 ヒュンッ ババババババババッッッ 「おぉ!!ツララさんも弓矢!!」 私なんかより、遥かに上手い! ちゃんとコントロールもできてるし! 「けど、私は、弓矢を使っては無い、造形して、私の指示に従うようになってるだけ」 「・・・そっちのほうが、凄いと思うんですけど」 「ん??そう・・・・かぁ!!???」 「うっわぁぁぁぁ!!!」 何で!!?? 全然効いてないんですけど!? 「クッソ、あんなんじゃ無理か・・・・・・」 「・・・・・・」 てことは、私がやっても意味なくない?? どうするの!!??? 「はーあ・・・・・・てか、疲れてきた・・・」 「今更ですか!?私、すでに、息やばいんですけどっ!??」 あー・・・もう!!! 「・・・っ世に希望を齎す、勇敢な獣、キキよ、我の望み、聞きいれよ   汝は我の望み、汝は望みに答え、ここに出でよ!!」 ガチャ キイィィィィ 「よしっ!!キキ、乗せて!!」 『ガルゥ♪』 ふぅ・・・これで、ひとまずは、いいか 「あ、その手があったか、うん、じゃぁ、私も   見方を守り、敵を留める、プライド高き獣、サファイアよ、我の望み聞き入れよ   汝は我の望み、汝は望みに答え、此処に出でよ」 ガチャ キイィィィ 『グルルァ』 「今、ちょっと、大変なんだ、乗せてくれない??」 『グルル』 「ありがと♪」 [ギュチチチチ] 「「・・・・・・」」 「「スピードアップしたあぁぁぁぁ!!!!!!」」 怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い,,,etc 「さすがに・・・これは、たおさねぇと・・・ねぇ・・・」 「顔、真っ青ですよ・・・」 「キララもだよ・・・・・・」 「「はぁ・・・」」 「仕方ない、倒すとするか」 「はぁい・・・」
  • 428 些藍 id:R34Fyrx0

    2011-11-15(火) 18:43:43 [削除依頼]
    >>427 「ふう・・・・・・」 「どうした、顔真っ青だぞ??」 「いや、あれを倒すってだけでも、吐き気が物凄いんです」 「あっははそうか」 「な、なんですかっ・・・!??」 わ、笑われた・・・!?? 「いや、本当に、そうみたいだから・・・、いいよ、私一人で殺るから」 「え、い、いいんですか??」 「うん」 「じゃ、じゃぁ、宜しくお願いしますっ!!」 「りょーかい」 と、とりあえず、ラッキー・・・ ツララの戦うところ見て、ちゃんと、勉強しよう! 「じゃ、そこで待っててね・・・」 「はいっ」    ・・・ファイアン&空ペア・・・ 「はーあ・・・大丈夫ですかねー、ツララちゃんとキララちゃん・・・」 「人の心配より・・・自分の心配したらどうだ・・・・・・」 「はい、そうですね、今、ピンチですもんね」 「・・・」 空&ファイアンは、今、食人花に食されてる所である なぜ、そうなったのかというと・・・・・・ . . . 「はーあ、何処ですか、此処、草だらけ!!」 「だなー・・・あ、あの花見てみろよ、面白い形してるぜ!」 「おぉ!!近づいてみましょう!!」 ガブッ 「うわぁぁぁ」 「うっわ・・・!!」 . . . と、言うわけである 「燃やしちゃってください、ファイアン」 「いいけど、ちょーっと、もしも、もしもの話だけど、ちょっくら手が滑って、空も燃やしちまったら、生きてたら謝る」 「なな、何物騒な事言ってるんですか!?貴方の場合、もしもじゃなくて、現実の話にしようとしてるでしょう!?」 「ちっ・・・あ、やべぇ、だんだん飲み込まれてきた・・・」 「え、えぇぇぇ!!??」 と、無駄な会話をしている内にどんどん、食人花はファイアン達を飲み込んでいく 「はぁ・・・どうしよう・・・(半泣」 「泣くな、燃やすぞ」 「やめてください、ごめんなさい」 「・・・そろそろ、まともに考えるか」 「・・・ですね・・・」 第3者が、この言葉を聞いていたら、「今更!?」などの、突っ込みを入れそうな一言 「だーかーらー、燃やしてください!!私以外を」 「無理だ、脳では抑えてるつもりなんだが、体が勝手に動く」 「どんだけ嫌ってるんですか」 「さぁ??」 先程、まともに考えるかと言ったばかりなのに、また、どうでもよい会話を交わすファイアンと空 それを、傍観者のように見ているキクリは、何度も呆れた・・・と言う様に溜息を落とす
  • 429 些藍 id:pZ5uJUa1

    2011-11-16(水) 18:52:39 [削除依頼]
    >>428 「はーあ・・・・・・どうします、私、もう、下半身食べられてます」 「一緒だ、・・・・・・燃やすか」 「私は燃やさないで下さいよ」 「出来ないと思う」 さっきから、同じような事を、10回ほど、言い合っているファイアンと空 さすがに、そろそろ、退治の仕方を考えないとやばいだろう 「もう、いいですよっ!!神出すの・・・・・・で(汗」 「ん??どうした?」 「まず、鍵が、取れないのと、絶対、消化されてきてます」 「へぇ、そうか、やばいな、俺もだ」 今更ながらも、命の危機を感知した、ファイアンと空 「うん、燃やすか、大丈夫だ、心配するな、・・・多分、お前は燃やさない、多分・・・」 「た、多分付けすぎですよっ」 「五月蝿い、集中させろ、でなきゃ、燃えるぞ??」 「う゛・・・」 暫く、集中する、ファイアン 「ふう・・・、まぁ、多分の多分、制御できるだろ」 「・・・・・・(多分の多分って・・・)」 「よーし、やるかぁ!」 「え!?」 心の準備が出来ていない空は、思わず、拍子抜けた声を出してしまう空 ファイアンは、空の様子など、まったく、気にせず、火を付けようとしている 「わわわわわ、ちょ、え!!??私、燃やさないで下さいよ!!絶対!!」 「ん?あぁ、多分、燃やさない」 「だから多分て、、、」 「まぁ、気にすんな☆いくぞっ♪」 空の言葉など、半場無視して、食人花を、燃やそうとするファイアン もう、何を言っても無駄と理解した空は、両手をガッチリ掴み、目を瞑り、燃やされないように祈っている 「いっくぞぉぉー♪」 「うぅぅっ・・・・・・!」 ボゥッッ ボゥアァァァァァ 「ヒュゥー♪」 「うっわ、あっちぃ!!」 食人花の、口と、思われし部分に、火をつけたファイアン 食人花は、苦しそうに、少しだけ唸り、燃え滓と化していく 「っっはあぁぁぁぁ・・・・、あぁ、怖かった、燃やされて死,ぬかと本気で思った」 「よし、燃やさなかったか、少し残念だが、前より、炎の制御がきくようになったな」 「少し残念ってどういうことですか・・・」 「・・・あ、気にすんな、心の声だ」 「心の声って・・・、うわぁ、酷いです」 また、何時もの様に、下らない言い争いが起きる キクリは、その様子を見て、何故か、残念そうな顔もしたが、少しだけ、ほっとしたような顔になった
  • 430 些藍 id:N6acJHg0

    2011-11-22(火) 17:40:21 [削除依頼]
    暫く、小説を更新する時間がありませんでした
    これからも、多くなると思いますね、、、
    更新できるときは、できるだけ更新致します
  • 431 些藍 id:N6acJHg0

    2011-11-22(火) 18:11:42 [削除依頼]
    >429    ・・・キララ&ツララペア・・・ 「あーぁ・・・・・・にしても・・・きっもちわるい」 「今更・・・!?」 どういう思考回路しているのでしょうか・・・・・・ 一度、頭の中見てみたいよ・・・; 「あ、キララ、黙ってたほうがいいよ」 「??」 どういうことだ・・・・・・?? 「あの化け物、音を感知してるんだよ、ほら、目とか無いだろ?」 「あ・・・そういえば」 成る程 だから、最初見つけたとき、何も反応しなかったけど、私とツララさんが喋ったら、反応して動き出したのか あー、叫ばなければ寄ってこなかったってわけかな・・・?? 叫ばなければよかったぁぁ・・・・・!
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません