VACCINATION HYBRIDIZATION×BIOHAZARD3コメント

1 どうも、俺です id:mWT/nIA1

2011-06-22(水) 03:10:40 [削除依頼]


「ボコッ!!!!!!!」


静寂な深夜の渋谷交差点に謎の音が響き渡る・・・

/

/

/

/

/


    −VACCINATION HYBRIDIZATION×BIOHAZARD−

/

/

/

/

/

/

/


いつも通り、変わりの無い平凡な日常に何の前触れも無く出現した、大きくて醜い化け物。
体は緑色で手足は胴体より少しだけ長い。目は赤く充血している、と言うよりも赤く染まっていると言った方が正しく、背中は背骨のようなモノが剥き出しになっており、体臭は腐った豆腐以上だ。


どうやら地面を掘り進んで来たらしい。化け物の後ろに大きな穴があいているのがハッキリと確認できる。


周りの人間の一方は興味深そうに、そしてもう一方は心配そうに、その化け物を見つめている。
しかし、その化け物は一向に動こうとしない、動く気配がまるでない。


皆、「一体、どうなってるんだろ?」と興味を持っているのは分かる。
しかし、誰も近づこうとはしない、勿論俺も。


しばらくすると、騒ぎを聞きつけた少々小太りの渋谷警官がやってきた。
渋谷警官も「何だこれは!?」と思い、化け物に近づく事を躊躇ったが、仕事関係上引き下がれないので渋々化け物の事を調べ始めた、が、やはり化け物は動く気配を見せない。


警官は「仕方ない・・・」といったような表情を浮かべ、本部に連絡を取り始めた。どうやら、この警官は本部と連絡を取ることが余程嫌なのらしい。


それからしばらく、警官は化け物の事を本部にあれこれ説明していた。


警官「はい。」


/


/

/

/

/

/


警官「そうですね。はい。」


/

/

/

/

/

/

/

警官「それは大丈夫かと・・・。・・・はい、今のところ一般市民に危害を加えようとする様子は無いです。」


/

/

/

/

/

警官「はい。分かりました、では少しお待ちを・・」

そして警官は、


「皆さん、この怪物の事は私が何とか致します!!大丈夫ですので、どうか御安心下さい!!」


と大声で叫び、また本部と連絡を取り始めた。

「危害を加えない・・・」とは言われても証拠が無い限り安心できないし、何よりもこんな気味悪い化け物が現れた事事態が既に大丈夫じゃないと思う。
  • 2 どうも、俺です id:mWT/nIA1

    2011-06-22(水) 03:11:20 [削除依頼]


    勿論、渋谷を行き来する人間全てが「なんだこれは?」と言ったような顔つきでその化け物を見、動きを止め、化け物の周りに集まってくる。


    俺は幾度も知らない人に
    「君、何だねアレは?生きているのかね?」
    と聞かれた。

    そんな事俺に分かるわけ無いじゃないか!逆にこっちが聞きたいくらいだ!!


    俺「分かりません、でも生きてるのは間違いないでしょうね。」

    とだけ言ってそそくさとその場を離れた。流石に飽きてきた。
    その後、俺はコンビニで夜食だけ買ってまっすぐ家へと帰った。

    /

    /

    /

    /

    /

    /

    /

    夜も更けてきた頃。

    買ってきた夜食を食べながらニュースをボケーっと見ていると、今日の渋谷で起こった出来事が取り上げられていた。
    その内、あの化け物に関するニュースが流れた、

    {渋谷に突如現れた謎の化け物!その正体とは!?}、と。


    ニュース番組の討論が激しくぶつかり合っている最中、俺だけは

    俺(これ見てる大人達は驚いてるだろうな〜、でも子供だけははしゃいでんだろうな〜フフフ・・・。)


    なんてどうでもいい事を思いながら見ていた。

    そして、最後に「渋谷付近の住民の苦情により、突如現れた謎の怪物の撤去作業が開始されました。」
    といった速報が出て、次のニュースへと移った。


    俺「やっぱりね、そりゃ、あれだけ強烈な臭いと醜顔なら苦情もくるわな・・・」
    と納得し、眠くなってきたので眠りにつこうとした、その時だった!!


    ???"""君!ねえ君!!"""

    突然何者かの声が響き渡った。その声は女性のような感じがした。
    驚きと恐怖で眠気なんか一気に吹っ飛んだ。
    俺は立ち上がり部屋を見回した。


    部屋の中を隅々まで探したが誰もいなかった。

    部屋からではない・・・だとすれば、外に誰かいるのか?


    そう思った俺は玄関の覗き穴から外を見た。誰もいない・・?
    念のため、恐る恐るドアを開けて確認もしてみた。けれど、やっぱり誰もいない。


    俺(さっきのは空耳かな・・?)

    そう思い、眠ろうと布団に潜り込み明かりを消した。すると、またさっきのあの声が頭に響いた。


    ????"""へぇ・・君、「光 清(ひかり シン )って言う名前なんだ・・・。まっ、これから色々とよろしくね"""


    俺「!?」


    俺(今度は絶対に空耳じゃない!確かに聞こえた、女の声だ!!)

    その声は俺の頭の中に直に語りかけてくる。


    俺(あなたは一体誰・・・痛ッ!!)

    尋ねようとした時、突然激しい頭痛に見舞われた。
    その、あまりの痛さに段々と意識が遠のいていくの感じた・・・・・・・




  • 3 どうも、俺です id:mWT/nIA1

    2011-06-22(水) 03:11:49 [削除依頼]







    とても嫌な夢を見た。あの化け物が人間を襲い殺していく夢だ。しかし、本当に恐ろしいのはここから。なんと、あの化け物になって人を襲っているのは、恐ろしくも俺自身なのでないか!!
    悲鳴をあげて逃げ回る人間を、掴んでは粉々にし、掴んでは紙くずのように引き千切る。そして、殺した人間の血を一滴も残らず飲み干し、内臓を抉り出し、脳みそをスパゲティーのようにチュルチュルチュル〜とすする。どれもこれも残虐でおぞましく、最後に見えたのは血に塗れ、満面の笑みを浮かべ、勝利の雄叫びをあげている俺の姿だった。


    俺「うわっッ!!」

    そこで目が覚めた。服は汗でビショビショになっている。
    どうやら、気絶していたようだ。もう、頭痛はすっかり良くなっており、昨日聞こえた声はいつの間にか聞こえなくなった。テレビには朝のニュースが映し出されてた。


    今日は土曜日。


    特にやる事もなく、暇だった俺は
    「あの化け物どうなってるのかな?」
    と思い、渋谷に行ってみた。しかし、もう既に撤去作業は完了しており、残っているのはあの化け物の後ろにあった穴だけだった。その穴も周りには大きな柵が立てられており、中が見えないように青いシートがぐるぐると何重にもなって巻かれていた。







    ちょっとショックだった。


    何か映画のような出来事が起きるのでは無いかとどこかで期待していた自分がいた。


    俺(期待してたんだけどな・・・ホンの少しだけど・・残念・・。)


    ????"""あら、起きるかもしれないよ?シンさんの言う映画みたいな事が。"""


    また、俺の頭の中に声が響いた。

    It continues.
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません