穿鑿7コメント

1 月穂 id:imMImpU1

2011-06-18(土) 20:36:10 [削除依頼]

  

ある男は己の狂った人生に悲観し終止符を打った。




また、ある男は後悔と懺悔の為、愛する者を残したまま行方を絶った。








そして、

二人の男はいずれも一人の女に手記を残しているという。
  • 2 月穂 id:imMImpU1

    2011-06-18(土) 20:47:58 [削除依頼]
    第零章 始まりの始まり

    「世の中には知り得ないことなど沢山ある。そして知らない方が良いことも、ね」

    昔何処かで聞いた声。
    それは暗示のような物を含んでいたのかもしれない。


    でも、


    『ごめんなさい』


    もう後には戻れない。


    私はこの手記を読んでしまったのだから。
  • 3 月穂 id:imMImpU1

    2011-06-18(土) 20:59:36 [削除依頼]

     こんにちは、はじめまして!!
     月穂です
     
     挫折をしないようにがんばります


     ※宣伝、荒らしはやめてください
  • 4 月穂 id:imMImpU1

    2011-06-18(土) 21:36:14 [削除依頼]
    第一章 二つの手記

    片岡凛子様、一通の封書に書かれた宛名の文字は幼なじみのそれだった。
    懐かしい顔が私の頭に浮かぶ。今では年賀状のやり取りのみになってしまった、彼の顔が。
    「皐月君……」
    くるりと裏返すと予想通りに相川皐月、と宛名と同じ癖字で綴られていた。

    懐かしさに笑みを浮かべたとき、ふと疑問が頭に浮かんだ。
    私は今年で23、彼は確か26になるはずだ。何年も連絡を取り合っていない私に今更何の用があるのだろう。
    それに、この手紙……。これじゃまるで…………。

    嫌な胸騒ぎがした。
    玄関前にも拘わらずその場で封を切る。

    「ぁ……っ」

    手紙を取り出した途端、私は酷い目眩に襲われた。
  • 5 月穂 id:imMImpU1

    2011-06-18(土) 22:20:19 [削除依頼]
    中に入っていたのは小さな手紙と、手記と書かれた紙。
    手記の方はなぜか、途中で切れていた。
    私は小さい手紙に目を走らせる。震えたぎこちない字を読む。

    「皐月の阿呆! 」

    手紙には、ただ短く『こんなことをおまえに頼んで悪い。この手記はおまえに託す』とだけ書いてあった。
    それがどういう意味なのか、私は知らない。
    だけど、皐月君に何かあったのだということは容易に想像することができた。

    私は急いで部屋の中へ入った。
    一人暮らしの部屋は何故か不安をかき立てた。

    そして破れかけの手記を読む。

    はじめは生い立ちがかいてあり、その後はこう書いてあった。

    "前略自分は罪を犯しました。その罪を今ここに告白します。幼少の頃、自分には親しい友人が二名いました。そして彼らと自分はいつもい"

    手記はここで切れていた。
  • 6 月穂 id:9p4rrPq.

    2011-06-19(日) 11:04:34 [削除依頼]

    彼らとは私と彩くんの事だろう。私、皐月君、彩君は小さい頃からずっと一緒だった。
    高校になり私だけが離れたけど家は近かったので、よく週末は遊んだ。
    元々、年は違ったけど、何故か気があった。

    優しく大人っぽい彩君、元気な皐月君。
    その中でも私はずっと彩君が好きだった。
    さらさらの髪や賢そうな瞳にずっと憧れていた。

    だけどそんな関係は、私が高校三年生になった頃終わりを告げた。


    彩君が亡くなったのだ。


    大学生だった彩君は部屋の中で亡くなっていたという。
    遺書もあり、そこにはただひとこと"疲れた"とだけ書いてあった。
  • 7 月穂 id:9p4rrPq.

    2011-06-19(日) 13:52:12 [削除依頼]
    「彩君……っ。彩君っ」

    冷たくなった彼は何度呼んでも目を開かなかった。
    当たり前のことが、どうしても認められなくて、私は突んざくような悲鳴をあげて倒れたという。

    それから、私たちは一緒にいることが減った。
    二人でいると彼が居ないことが浮き彫りになるのだ。
    そうして、私が大学生になったとき、私の手元に一通の手紙がとどいた。

    それは紛れもない彩君の字だった。
    しかし、中に入っていた手記と書かれた紙は、まったくの白紙だった……。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません