真実と幻想のお話5コメント

1 悠貴 id:mpZ2y7H1

2011-06-13(月) 21:29:09 [削除依頼]
はじめに 
此を読んだ貴方に御礼を言います。そして目にした方々ありがとうございます。
此の物語は半分幻想の半分が本当にあったお話です。
此は嘘偽りではありません。
読んでくれたなら感想をください。
どうかお願い致します。
  • 2 悠貴 id:mpZ2y7H1

    2011-06-13(月) 21:41:32 [削除依頼]
    第一話

    2011年3月21日。 神奈川県川崎市。
     僕の名前は松下という。男性。16歳。高校1年生で後一ヶ月で高校2年生になる。
    親は受験勉強と口うるさく言ってくる。まだ2年生にもなっていないのに
    受験勉強は流石に早いと思った。早くて損はないかも知れないが、
    いくらなんでもそれはない、と思っていた。
    春休みはバイトしながら友達と一緒に遊んで楽しかった。
    確かに親が居なかったらそれなりに楽しく暮らしていたのかもしれない。
    だけど親が居なくなった所で此の人生たいして変わらない。
    親が居ても居なくても変わらない存在だ、とずっと思っていた。
    僕は親が嫌いだ。それは誰だってそうであろう。
    父は傲慢だ。矛盾もする。違うことも平気で正しい事として扱う。
    自分思い通りにならなかったらすぐ怒る。怒鳴る。
    父と母はもう何回も離婚しかけた。しかしまだ離婚していない。
    早く別れれば良いのに。そう思っていた。

    此の晩いつものように遊んで帰ってきて自分部屋について兄と話していたら
    事件が起こった。

    続く
  • 3 悠貴 id:mpZ2y7H1

    2011-06-13(月) 22:14:00 [削除依頼]
    第二話

    3月21日 PM10時29分

    そろそろ10時半になる頃だ。時計を見てそう思う。
    此の時間なるといつも父は勉強してるか、と聞きながら自分の部屋に来る。
    「してない」と言うと怒られるからいつも「してるよ」と言って促していた。
    父が扉を開けた。しかし今日に限って質問が違うんだ。
    「今何してる?」兄はパソコンで遊んでいる。
    僕はいつも通り勉強しているよ。と答えた。
    「じゃ丸を付けるから持ってこい」そう言って出て行った。
    基本僕の勉強は問題集で勉強をやったら父に丸を付けてもらうのだ。
    勉強をしていない今丸を付けてもらう物は何もない。
    それは父も知っているはずだ。
    此の家の勉強方法は全部父が決めている。
    勉強内容は受験生の僕にだけ難しく量も沢山ある。
    受験生って言ってもまだ高校一年生。親は何を焦っているのか分からない。
    勉強内容はこうだ。数学?の計算問題集、2次方程式、英単語高校レベル100個に大学レベル50個、
    英検2級、大学の英語の教科書の全訳、漢検2級、現代文。
    此を一日でしろと言うのだ。流石に無理である。そして諦める。
    こんな説明をしてたらまた父が部屋に入ってきた。
    「勉強する気がないのか?」と訊いてくる。
    こんなに沢山課題があるんだ。やる気が失せるわ。
    なんて事言えるわけない僕はただ黙るしかなかった。
    そして父が話す。
    「勉強する気がないならなんでこの家居るんだ?居る必要がないだろ。
    八景(横浜市金沢区にある父の実家。婆さん毎日病院に通っている)に行ったらどうだ?
    この家に居ても嫌だろう。あそこだと五月蠅く言われずに済むだろ。
    毎日婆さん送り迎えしなさい」と言われた。何考えてんだ、こいつは。
    出ていけとか育児放棄か、塵だな。この時はこんな事を考えてた。
    「なんでこの家にいるの?別に八景でもいいだろ?」
    「まわりに中学校の友達がいるし離れたくない」とはっきり言ったが
    「そんなものは関係ない」と言われた。会話になってない。
    「答がでたら訊かせてもらう。家にいるか八景に行くか。二択だ」
    そう言って父は出て行った。
    こんな事がなかったら今まで通り楽しく暮らせたのに。もうそんな日なんて戻ってこない。
    そして父は床についた。部屋に残されたのは兄と僕だけだった。
    正直辛かった。父から要らないと見なされてる感じだったからだ。
    この時この世を去る(●●)という言葉が浮かんだ。そしたら此の勉強の山から逃げ出せる。
    そう考えた。
    捨てられたとも思った。兄に訊いたらそれは自分で決める事だ。
    って言われた。しょうがないから友達に訊いた。
    メールで勉強って大事?って送ったらそれ程大切ではない。
    って帰ってきた。もう一人の親友に訊いたら凄い答えが帰ってきた。
  • 4 悠貴 id:mpZ2y7H1

    2011-06-13(月) 22:53:25 [削除依頼]
    第3話

    3月21日 PM11時48分
    すぐ親友からメールが帰ってきた。
    「大事だろ。なんたって9年間義務で勉強するんだからね」
    確かにそう思う。流石考えることが一味ちがうよ。
    その後またメールが来た。
    「急に何かあったの?相談事なら何時でものるよ」ってきた。
    僕はすぐに電話した。全て話した。自分が病んでいることも。
    僕が●●しそうだっていうことも。人一人いなくなっても気付かないだろう。
    だがそれは勘弁してくれと言っていた。とりあえずこの世から去る事と家を出る事は止めてくれ。
    それだけ言って電話を切った。時計を見たら1時だった。どうしたら良いか分からない。
    呆然としてる中、母が話しかけて来た。

    続く
  • 5 悠貴 id:mpZ2y7H1

    2011-06-13(月) 22:53:39 [削除依頼]
    第3話

    3月21日 PM11時48分
    すぐ親友からメールが帰ってきた。
    「大事だろ。なんたって9年間義務で勉強するんだからね」
    確かにそう思う。流石考えることが一味ちがうよ。
    その後またメールが来た。
    「急に何かあったの?相談事なら何時でものるよ」ってきた。
    僕はすぐに電話した。全て話した。自分が病んでいることも。
    僕が●●しそうだっていうことも。人一人いなくなっても気付かないだろう。
    だがそれは勘弁してくれと言っていた。とりあえずこの世から去る事と家を出る事は止めてくれ。
    それだけ言って電話を切った。時計を見たら1時だった。どうしたら良いか分からない。
    呆然としてる中、母が話しかけて来た。

    続く
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません