年下なのに!12コメント

1 千春 id:lqJUvwU/

2011-06-12(日) 20:15:13 [削除依頼]
始めに・・・☆
この物語は恋愛ものです。
初めて好きな人ができた。付き会い始めた頃。これから恋を見つけようとしてる人。
そんな素直な思いで見て下さい。
  • 2 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 20:28:24 [削除依頼]
    少し風が温かくなって来る頃。
    私、相沢 咲は今年高校2年になった。
    そして今日は後輩ができる日。
    別に私には関係ないけど・・・。

    「うわぁ!緊張した!」
    「やっと高校生だよ。いい恋したいなぁ。」
    体育館から出てきた1年生は思い思いに声を上げている。
    その姿はまるで赤ちゃんみたい・・・。
    「っとすまん。すまん。」
    「え・・・?」
    突然目の前に現れた広い背中にびっくりした。
    彼は後ろを振り返り私をみた。
    なんていうか、可愛い弟系の顔。
    ネコッ毛の髪がなびいてた。
    「すまんな。大丈夫?」
    「あ。はい。」
    「よかった。君も1年だろ?仲良くしよーぜ!」
    にこっと笑った顔はめちゃかわいい。
    けど・・・1年?
    「ちがいますけど。」
    いっつもこうだ。
    背が低いから年齢より下に見られがち・・・。
    「え?あ・・・もしかして。」
    「・・2年。」
    「あ。ごめんね?」
    ポンポン
    私の頭をポンポンと撫でると友達のところに帰っていった。
  • 3 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 20:36:55 [削除依頼]
    あの事件から1週間が過ぎた。
    なのにフシギと今もあの光景が新鮮に思い浮かぶ。
    しかも1年の群れ(?)を見るたび探してしまうあの男子を。
  • 4 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 20:45:05 [削除依頼]
    「はあー・・・。」
    5月。
    もうアノ頃の事件は時がたつように夢かと思えてくる。
    「いってなぁ!あはは!!」
    あ。1年男子の団体。
    その中で1番はしゃいでるのは・・・彼だ。
    うそ!?
    久しぶりに見る彼は相変わらず可愛い。
    気づいてくれるかな?
    そんな期待をもってすれ違う。
    ・・・気づいてくれてない。
    振り返ると楽しそうに笑う彼。
    こんなに遠い。
    「!っていうか私はなんで・・・。」
    彼をさがしていたの・・・?
    なんで。
    彼に近づきたい。
    その思いでいっぱいだった。
  • 5 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 20:51:49 [削除依頼]
    近づきたい。近づきたい。
    彼にむかって足を踏み出すたびに顔が暑くなる。
    もう彼の背中がすぐ近くにある。
    「?ああ!!!」
    私に気づいたのか目を合わせて叫んだ彼。
    私は嬉しくてたまらなかった。
    だって・・・。
    「俺の探していた子だ!!」
    だって。
    彼もさがしてくれてたんだと思うと鼻の頭がツーンとくる。
  • 6 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 21:01:47 [削除依頼]
    「っていうかさがしてたんだ私のこと。」
    「まあそう。なーんか忘れられなくて・・。」
    「ぇ?私もなの!」
    「へーーー!けどこんの気持ちってなんだろう?」
    「私もわかんない。けど今ものすごく幸せ。」
    「俺も。」
    放課後・・・。
    私と彼は今2人っきりで帰宅中。
    そして今までの気持ちで盛り上がってる。
    会いたい気持ち。幸せな気持ち。
    すべてが2人にあてはまる。
    そのたびに嬉しくなる。
    「・・・なあ?恋ってなに?」
    「こい?ああ。恋ね・・・。」
    恋かぁ・・・。
    なんだろう。
    「えーっとキュンキュンみたいな?」
    「ふーん。」
    「・・・実は知らない。今まで恋なんかした事ないし・・・。」
    「え?俺も!!」
    「本当!?」
    私は他人に興味なんかなかった。
    だから友達もあまり作らないし、彼もつくらない。
    けど今隣にいるあなたには興味がある。
    この気持ちはなに?
  • 7 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 21:06:16 [削除依頼]
    「じゃあ俺はこっちだから・・・」
    「そっか。」
    なんか残念な気持ちが・・・。
    「あのさ俺、橋本 リオ!あんたは?」
    「・・・相沢 咲。」
    「咲?いい名前!またね!」
    「うん」
    名前が分かった。
    リオ。リオ。リオ。
    なんだか幸せだ・・・。
  • 8 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 21:29:13 [削除依頼]
    〜リオ目線〜
    「うひょ〜。ここが高校かぁ」
    暑苦しい体育館から出て校舎を見上げる。
    温かい陽射しがまぶしい。
    「!!おい、リオ!後ろ!」
    友達の1人、暁が声を張り上げる。
    「え?」
    後ろには小さな女の子がいた。
    「っとすまん。すまん。」
    ぶつかりそうになった女の子は黒い大きな目で俺を見上げる。
    同い年か・・・?
    「え?」
    小さな声が女の子の第1声。
    「すまんな。大丈夫?」
    「あ。はい。」
    温かい春の風が2人のほうをくすぐる。
    「よかった。君も1年だろ?仲良くしよーぜ。」
    にこっと笑ったのに女の子は俺を睨みつける。
    「ちがいますけど。」
    は?ちがう??
    じゃあ何?中学生?でも制服着てるし。
    もしかして・・・。
    「え?あ・・・。もしかして。」
    「・・・2年。」
    うそだろ!?年上?見えねー。
    「あ。ごめんね?」
    けどどうしても年上に見えないのか頭をポンポンした。
    女の子は少しにこっとしてまた睨み付ける。
    面白い子。っと思いながら暁のもとに戻った。
    そして振り返ると女の子はいなかった。
  • 9 千春 id:lqJUvwU/

    2011-06-12(日) 21:36:01 [削除依頼]
    入学してから1週間が過ぎた。
    あの女の子の姿はあれから見ていない。
    「名前きいときゃーよかった。」
    「誰の?」
    「あき・・ら?」
    ニヤニヤしながら俺を見る暁は誰?誰?と聞いてくる。
    「内緒。」
    「あの女の子だろ?入学式の。」
    こいつ・・・当てやがった。
    けど恥ずかしいから黙る。
    「ふーん・・・。そう言う事か。」
    それだけ言って俺からはなれた。
  • 10 千華穂 id:yfW0cxJ0

    2011-06-14(火) 18:56:13 [削除依頼]
    あれからもう何ヶ月たっただろう・・・。
    「おーい。なにうかない顔してんだよ。」
    「ん?ああ。」
  • 11 千華穂 id:yfW0cxJ0

    2011-06-14(火) 19:04:25 [削除依頼]
    おしまい
  • 12 みのり id:QPRTPer.

    2011-06-14(火) 19:04:44 [削除依頼]
    ちーちゃん、こんちーわ。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません