キス&ヘル24コメント

1 恋那 id:VzXY18X/

2011-06-12(日) 18:55:49 [削除依頼]
私はある日


キスされた。

それからが地獄の


始まりだった。
  • 5 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 19:15:44 [削除依頼]
    智歌さん
    おもしろくなるようにがんばります
  • 6 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 19:29:47 [削除依頼]
    机に顔をうつ伏せていると後ろから誰かに軽くたたかれたような気がした。
    「先生! 私寝てません」
    私はそう言うと反射的にイスから立ち上がった。
    雨のため今日はどこの部活も活動がなく、生徒は私をのぞいていないはず。
    だからてっきり私は先生がきたのだと思いそう言ったのだが、先生では無かった。
    「桑野……一輝?」
    隣のクラスの桑野一輝だった。
    私は五組だから桑野は四組。
    名前だけ知っているだけで、話たことはない。
    なのに私のことをたたいたのが不思議でならなかった。
    こんなに私は驚いているというのに、桑野は整った顔で知らん顔をしている。
    そう、名前だけ知っていたのはイケメンで有名だったから。
    でも、少なくとも私のタイプではない。
    まぁ、あっちも私みたいのタイプじゃないだろうけど……
  • 7 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 19:44:10 [削除依頼]
    「桑野さん何かあったんですか?」
    一応初めてなので敬語を使って話しかけたのに、
    「…………」
    何の返事もない。
    (せっかくこっちが優しくしてやってんのに!)
    と、少々イライラしつつも引きつった笑顔でいた。
    「あの……」
    もう一度話しかけてみると今度は桑野一輝の口が動いたように見えた。
    しかし声として聞こえて来なかった。
    え?!
    と言うように片目をつぶり、耳に手をあたてたら次は何とか聞こえるような声で、
    「…………きだ……」
    と聞こえた。
    でもなにを言っているのかが今一よくわからない。 
  • 8 あいか id:uB0NSen1

    2011-06-12(日) 19:46:20 [削除依頼]
    面白いですね!読者になりマース!
    私の「天使」のクイズの答え考えてくれると
    嬉しいです♪
  • 9 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 19:50:24 [削除依頼]
    あいかさん
    初小説で不安だったけどよかったです!
    がんばりますっ!
  • 10 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 19:55:14 [削除依頼]
    「あのなに言ってるかわからな「好きだ!」
    (へ?)
    一瞬、桑野一輝がなにを言っているのかが分からなかった。
    だって、ろくに話したこともない。
    告られたこともない私にこんなイケメンが……
    でもそれは一瞬。
    だって私は、一瞬の内にーーーー  


    キスされていたから。
  • 11 りん♪ id:aWlbSLO1

    2011-06-12(日) 20:05:21 [削除依頼]
    おもしろおおい♪

    がんばってね☆
  • 12 悠里 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 20:40:16 [削除依頼]
    ありがとうございます!
  • 13 恋那(悠里) id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 23:03:37 [削除依頼]
    キスされたのはわずか1、2秒。
    もちろんディープなんかじゃなかった。
    でも私にとってこれは初キス。
    初キスは一番大切な人のためにとっておくはずだったのだが、桑野一輝に奪われた。
    そして私は抱きしめられささやくように桑野一輝が言った。
    「金沢さん……君は僕のことあまり知らないだろうけど、達也から君の話を聞いていて好きになったんだ。 そして君を見たときもっと好きになってしまったんだ」
    桑野一輝から意外な名前がでた。
            『達也』
    佐久間達也ーーーーーーーー
    私の幼なじみで、


    私の好きな人。大切な人。

    外の雨は止まずによりいっそう強く降る。
    そのとき空が光り大きな雷が落ちた。
    まるで地獄が始まる合図のように……
  • 14 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 23:14:49 [削除依頼]
    その雷の音で私はやっと我に返り、今自分の置かれている状況に気づいた。
    これは告白なんだということ。
    しかも学年1、2を争そうイケメンから……
    でも私は達也のことが好き。
    「あ、あの放してください」
    そう私がいうと以外にもあっさり、桑野は放してくれた。
    しかし私の手を握ったままずっと私の顔を見ている。
    見られていたら嫌でも私の視界に桑野の顔が入ってくる。
    (うわぁ……やっぱイケメン)
    そうあらためて思った。
  • 15 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 23:29:56 [削除依頼]
    「あのさ、答えは?」
    カッコイイ顔がさらにカッコよくなった。
    ま、要するに真剣な顔になった。
    なんて言えばいいか分からない私は、ただヘラヘラと笑っていた。
    冗談だよね? と訴えかけるように……
    でも桑野の顔は真剣そのままの顔でだんだんまた私の顔に近づいてきた。
    少し怖くなって私は目をぎゅとつぶる。
    そうしたら、
    「金沢さんは達也のこと好きだろ?」
    と単刀直入にしかも図星に桑野に言われた。
    閉じていた目を驚きのあまり目をギョッと開いた。
    「あ、やっぱ図星?」
    さっきまでの張りつめた空気が解けて、桑野の笑い声が教室に響いた。
    何となく安心した私は桑野から離れようとしたが、右手首を強く掴まれた。
    (痛っ!!)
    「金沢さん……僕はね自分から人を好きになったことがないんだよ……だから君の心を達也から奪ってあげるから」
    そう言って桑野は私の腕を放した。
    放された私はアンケート用紙のことなどすぐに忘れて荷物を持ちかけ足で教室を出た。
    けして後ろは振り向かずに。


    桑野が不気味な笑みを浮かべていたのも知らずにーーーーーーーー
  • 16 恋那 id:VzXY18X/

    2011-06-12(日) 23:43:04 [削除依頼]
    恋那です。
    恋愛系って書いたことないんですよ。
    アクション系ならいつもノートの片隅に書いております。
    いずれそれもここで書かせていきたいなぁーなんてw
    私はハッピーすぎる恋愛は読んでいてつまらないと思うので、
    かなりドロッとしたのを書きたくてこんな内容にしました。
    読んでくれたら幸いです。  
  • 17 恋那 id:4/6tBWQ0

    2011-06-13(月) 08:53:25 [削除依頼]
    翌日

    今日は部活の朝練がある日だ。
    なので朝から体育館で振り付けの練習を行っていた。
    いつもなら楽しい部活なのだが今日は楽しくもない。
    だって私はチアリーディング部。
    いつもなら達也の居るサッカー部を応援するためにがんばろうと思えるのだが、たしかサッカー部には桑野も居る。
    たぶんそれで達也と桑野は仲良くなったのだろう。

    そんなことを考えながらチアの振り付けをやっていたら、
    「おい! かなざわぁー!!」
    と罵声が飛んできた。
    チア部の顧問山野香織先生だ。
    普段は優しいが怒ると怖い。
    さっきの罵声はどう聞いても怒っている。
    体育館に靴のヒールの音を響かせて私に近づいてきた。
  • 18 奈美 id:DYHhLY30

    2011-06-14(火) 05:55:00 [削除依頼]
    へーおもろそう
  • 19 恋那 id:DYHhLY30

    2011-06-14(火) 19:24:42 [削除依頼]
    奈美さんありがとう!
    がんばります
  • 20 オレンジ id:fTtVXxQ0

    2011-06-14(火) 19:47:45 [削除依頼]
    恋那さんて悠里?
    私は絵実だよ!
    小説書いてる( ´艸`)
  • 21 恋那 id:DYHhLY30

    2011-06-14(火) 20:41:19 [削除依頼]
    絵実なの?!
    そう悠里なのだっ!
    絵実の小説は?
  • 22 オレンジ id:fTtVXxQ0

    2011-06-14(火) 20:45:18 [削除依頼]
    君といた日々ー余命半年の私ー
    だよ!感動作作るつもり!
    恋那も来てね!
  • 23 恋那 id:7JWvJy.1

    2011-06-18(土) 15:17:59 [削除依頼]
    オレンジへ
    うん。わかったよー!
  • 24 恋那 id:7JWvJy.1

    2011-06-18(土) 15:32:52 [削除依頼]
    山野先生は可憐の前で立ち止まり、手を降りあげた。
    可憐はてっきり叩かれると思い、目を閉じて下を向いたが、叩かれはしなかった。

    山野先生は可憐の長い黒髪をワシャワシャッとしただけだった。
    「山野せんせ……?」
    可憐が不思議そうに顔をあげて山野先生の顔をみると、そこには普段の優しい顔の山野先生がいた。
    「金沢おまえ悩みごとがあるんだろ?」
    もっと可憐の髪をグシャグシャにしながらしゃべり始めた。
    「おまえは普段超が付くほど真面目なのに、今日はやる気がないみたいだ。」
    ニコっと笑って可憐をじっとみた。

    私はその笑顔を見て涙が心の底から沸いてきた。
    チア部のほかの人のことなど考えずに私はその場で山野先生にしがみつき泣き崩れた。

    これがあんなことを引き起こすとも知らずーーーーーーーー
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません