美しき華の夜に3コメント

1 匿名 id:vk-8oXOy22/

2011-06-08(水) 00:48:17 [削除依頼]
-クラシック喫茶-
美しく輝く太陽の光に惑わされ、踊る花々とたわむれる少女の幸福そうな笑みに、少年は恋をしていた。さんさんと降る陽光が少女の白い肌をきらびやかに照らし出し、大地に揺らぐ少女の陰に、少年の心もまた踊り、まるで、太陽と花たちのように、少年も弾んでいる。眺めているだけで、まるでこちらまで幸せな気分に浸してくれる。少女の無垢で無邪気な笑みが、少年を癒してくれる。
窓からいつも見る光景。美貌に讃えられし少女が、少年にはまるで女神のように見える。狭い一室で過ごすことを余儀なくされる彼にとっては、まさに、至福の一時だ。
重い病を患っている少年には、少女が眩しく、また愛おしい。それは妬みとは全く違う。幾ら辺りに散在するクラシック調に気品を施した豪邸を見つめたって、決して得られる感情ではない。
自由に大地を駆け回れるという快感、風を浴び、風と一つになれるという感動。二階の自室から花畑に舞う少女を眺めているだけで、まるで少女と一心同体になった気さえする。少年にとって、少女は己の分身に等しい。動くこともままならぬ自分に、鮮やかな光を与えてくれる。それは少女にとっては、ありがた迷惑な話かもしれないけれど、少年にとっては、この上なくありがたい。
そんな光に祝福されし世界に住む少女に、少年は日々思いをつのらせていた。
  • 2 匿名 id:vk-8oXOy22/

    2011-06-08(水) 01:23:50 [削除依頼]
    少年はある時、執事を呼び出した。天を貫く山の如く、金で溢れる少年の家は、両親の庇護の下、ほぼ不自由のない空間を提供してくれている。両親は実業家で忙しく、身の回りの世話はいつも執事とメイドがこなしてくれる。何も気を揉む必要はない。家族のいない豪邸の中で、彼はまるで一国の王子のような扱いである。割れ物のような扱われ方、とも言えようか。
    「外が気持ち良さそうだ」
    「左様でございますね」
    白い光に包まれて、物うつげに囁く少年の傍らに響く執事の声は、とても乾いている。まるで独りぼっちになったような寂しさしか少年は感じない。カップに注がれるティーの音を耳にしてる内、いつの間にか部屋は静寂に支配されている。
    「お飲みになられますか、坊ちゃま」
    「なぁ、ヘルマン」
    執事の問いも聞かず、少年は窓の外を見つめたまま、感情を喪った声で言葉を紡ぐ。
    「いつも、あそこの花畑で心地好く踊る女子を、お前は知っているか」
    「いえ、存じ上げませんが」
    「そうか」
  • 3 匿名 id:vk-s8eDSKo.

    2011-06-09(木) 11:43:42 [削除依頼]
    少年はそのまま口を閉ざした。肩ごしに、執事の困ったような溜息が聞こえて、少年は余計に鬱積した気分になる。
    「その少女が、どうかされたのですか?」
    「もういい」
    少年は、すっかり塞ぎ込んでしまった。執事に話したところで、無駄だったのだ。それは解っているはずだったのに、ただ、誰かに少女のことを話したいと欲したのがいけなかった。
    「カップを置いておきます。気が向いた時にでもお飲み下さい」
    では、と一声かけて、執事はそのまま立ち去る。まるで足早だった。逃げるように、その気配は階下へと消えていく。
    少年はゆっくり起き上がった。窓の向こうを見つめるその瞳に写るのは、眼下に広がる花畑だけである。ティーを取り、一口だけ、薄い唇を土色の液に浸す。生暖かい。苦い味が舌を伝わり、少年は少し顔を歪めた。
コメントを投稿する
名前必須

投稿内容必須

残り文字

投稿前の確認事項
  • 掲示板ガイドを守っていますか?
  • 個人特定できるような内容ではありませんか?
  • 他人を不快にさせる内容ではありませんか?

このスレッドの更新通知を受け取ろう!

ログインしてお気に入りに登録すると、
このスレッドの更新通知が受け取れます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません

閲覧履歴

  • 最近見たスレッドはありません

キャスフィへのご意見・ご感想

貴重なご意見
ありがとうございました!

今後ともキャスフィを
よろしくお願い申し上げます。

※こちらから削除依頼は受け付けておりません。ご了承ください。もし依頼された場合、こちらからの削除対応はいたしかねます。
※また大変恐縮ではございますが、個々のご意見にお返事できないことを予めご了承ください。

ログイン

会員登録するとお気に入りに登録したスレッドの更新通知をメールで受け取ることができます。

お気に入り更新履歴設定

お気に入りはありません
閲覧履歴
  • 最近見たスレッドはありません